2020年11月25日 (水)

大人から幼い子供に戻って、カチカチ山

大人の勉強時間です
 
久し振りに真面目な記事を書き上げました。
 
重要な記事ゆえ最後までお読み下さい。  
 
やること

 

何年も一緒にいればしなくなるのが当たり前なのか?
 
そもそも、同じ相手とずっと性行為をする動物は殆どいない。人間以外ではごく少数。
 
例えば、サルの場合は、メスが発情期に入ると群れにいるすべてのオスと交尾する、オスにすればメスを奪い合うようになるから性欲が強くなる。
 
人間の夫婦の場合、サルのように奪い合う必要もなく、他の男性に女性を奪われる心配はないことから性欲は減退する。つまり、一夫一婦制が夫婦のセックレスの原因になっているのではないでしょうか?
 
例えば、動物園でオスとメスのゴリラを同じ檻で飼うと、肉親のように仲良くなり、性行為を行われなくなるという。
 
これは同じ家に住む人間にも同じことが言えるのかも知れない。
 
セックレスとは日本性科学会によれば「パートナーとの性交渉が1カ月以上ないこと」
 
日本全国20~59歳の夫婦9000人のうち44%が1カ月以上セックレス状態。
 
さらに、50代夫婦で37.3%がこの1年間セックレス状態が続いていた。
 
問題は、本当に中高年男性は決して性欲が枯れてしまったわけでないことである。妻と没交渉になってからも、他の女性とした人は38%もいることである。
 
セックレスになった男性に聞くと、長くいる妻とのセックスはもう飽きたとか面倒になった。本当のことを言えばしたくない、したくならないとも言える。
 
外国をみてみると、フランスでは2万人を対象に調べたところ56~69歳の1カ月の平均セックス回数は4.8回・・・凄いですね。

 

上記のデータを見て分かる通り、男性はもっと女性を大切にしなくてはダメです。

 

気分直しに昔ばなしをどうぞ! 

 

札幌市どこう川河川敷に壁画がありました。写真はカチカチ山です。

 

タヌキが背負う薪に火をつけたウサギ

 

A_20201125170601

 

11月ラン&ウォーキング日記 
 
 81ヶ月連続75万歩以上に挑戦
(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む) 
 
2020年11月25日現在

 

 累計歩数

120.447.205歩  
 
累計距離

96.358km
 
地球一周約4万kmとして
2.40894周
 
①11月の目標 775.000万歩

1日25.000歩(20.0km)
 

②11月25日の実績37.648歩(30.1km)

 

③11月トータル
713.209歩
(570.6km)
 

④達成率92.0% 

 

 今日も皆様へ
素敵な1日が
訪れますように

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

南極観測砕氷船しらせを見学

札幌市中ノ川遊歩道を行くと木造船と思われる建造物かあった。


Fune

 

実物は水水道管工事でした^^

 

古い記事

 

ですが再投稿します。

 

2011年9月2日石狩湾新港西埠頭へ南極観測砕氷船が入港した。目的は石狩市制15周年と大型児童館「こども未来館」オープンの記念事業の一環として市が誘致。一般公開は9月3,4日の予定だったが、台風12号の影響で4日の実地は未定。3日は午前8時から午後4時まで行なった。

 

当日は台風の影響で暴風が吹き荒れ、デッキを歩くにも体が浮くような感じだった。

 

艦内はごく一部が解放されているだけ、1時間もあればゆっくり見学出来た。


Images_20201028175501

 

艦内の廊下は狭く、階段は急勾配、お年寄りはキツイようでした。


Images1

 

南極の石

 

少なくとも6億年以前で学術的にも貴重なもの。氷河石は氷河期時代に氷の移動することによって、こすれて擦痕のある石で大変珍しく貴重なものである。

 

Aaaa

 

見るものは少なく早々に退散、記念に帽子を購入、2500円也。


Aaaaa

 

一般に白瀬中尉として知られているが、本名は『白瀬矗(しらせのぶ)』と言い秋田県旧金浦町の
400年以上歴史のあるお寺(浄蓮寺)の長男として1861年6月13日に生まれた。
最初は北極探検を目指したが、アメリカの探検家ペアリーの北極点到達を知ると計画を南極に変更。
当時の政府に南極探検の意義を上申し費用を獲得(希望額よりかなり減額になったが・・・)。
1910年(明治43年)11月28日、隊員27名と共に東京芝浦港を出港し、1912年(明治45年)
1月28日に南緯80度50分に到達し、周辺一帯を『大和雪原(やまとゆきはら)』と命名。
6月20日、一人の死傷者もなく芝浦港に帰港する。白瀬矗51歳であった。

 

実際の探検ではソリを引く犬を失ってしまったり、激しいブリザードに見舞われ仲間同士が孤立したり、
非常に過酷な探検であったそうだ。
また、『大和雪原』と命名した地点も実際には陸地ではなく氷原の上であった。
帰港した白瀬矗は日本各地からの依頼に応じ、探検の様子を講演して回ったが2~3年もすると依頼もなくなり、
その後は故郷の金浦町へ帰り生活したが、その生活は決して裕福なものではなかったそうで寂しい晩年をおくったそうだ。(白瀬南極探検隊記念館)

 

ノルウェーの探検家、ロアルド・アムンゼンは南極点征服後寄港途中、白瀬隊と邂逅している。その時の模様を次のように述べている。

1912年1月16日午後7時、一隻の船が接近してくるのを眺めて、われわれはいささか驚いた。わたし自身は、モーソン博士の船オーロラ号ではないかと思った。船はごく遅い速度でやってきたが、それは、なんと日本国旗を掲げていた!この探検隊が再びでてきたことは、わたしは知らなかった。昨年1911年2月頃、サウス・ビクトリアランドの沖で、氷のためオーストラリアへ引き返したことは聞いていたが、再び南極へ来航するということは誰も知らなかった。中略

船はこちらへ進んできて、われわれの前を二度通り越してから、不安定な氷の端に繋留された。中略

彼らはむやみにペンギンを追っかけまわしていた。そして彼らの射撃の銃声が一晩中続いていた。中略

甲板には、ほうぼうに死んだものや半死のトウゾクカモメが山と積んであった。船に接する氷上ではアザラシが切り裂かれていた。その内臓部分が氷上にあった。そのアザラシはまだ生きていた。彼らに銃で楽にして上げなさいと言ったら、彼らはニタニタ笑っていた。中略

彼らの船は木造であった。ヨーロッパでは既に鋼鉄製になっていた。あのような船でよくもはらばる来たものだと感心した。(南極点征服・ロアルド・アムンゼン)

 

10月ラン&ウォーキング日記


 今月の目標である375.000歩を既に達成しました。
そろそろ庭木の雪がこいに精を出します。
 

80ヶ月連続75万歩以上に挑戦中(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む)

 2020年10月28日現在

 

 累計歩

119.768.746歩 
 

累計距離
95.815km
 

地球一周約4万kmとして

2.39537周
 

①10月の目標 750.000万歩
1日25.000歩(20.0km)
 

②10月28日の実績18.338歩(14.7km)

 

 ③10月トータル
783.533歩
(626.8km)
 

④達成率101.1% 

 

今日も皆様へ

素敵な1日が

訪れますように!

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

細やかな気配り

私が毎日通る歩道にはいつもカラスが待っている。

 

今日もいました。
ぽんさんおはようと元気な声でご挨拶!

 

Xx-2

お前なにをやっておる
朝ごはん中だよ
お前散らかしたらダメだよ、
わかんねえのかアホ!

Z-2_20201002172801

意地悪する訳で無いが、ネットを被せた 

Zzz-2_20201002172801

じじ、何をするんだ

腹が減って死ぬよ

Xxx-2

皆さんは此のような現場に差し掛かったならどの様な行動をしますか?

 

ネットは雑菌だらけですから触らない方が良いと思います。
私はアルコール洗浄液を持ち歩いています。

 

糞親父と言いながら、またゴミをあさりだした。

 

Z-2_20201002172801

直ぐにネットを捲り上げた

我が町内のゴミステーションは御覧のとおりです

安全で衛生的です。
カラスは手も足も出ない。

Zzzz-2

 

10月ラン&ウォーキング日記

 

80ヶ月連続75万歩以上に挑戦中(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む)

 

2020年10月2日現在

 

累計歩

119.045.288歩

 

累計距離

95.236km
 

地球一周約4万kmとして
2.38091周
 

①10月の目標 750.000万歩

 

1日25.000歩(20.0km)

 

②10月2日の実績(27.705歩22.2km)

 

③10月トータル
(60.075歩48.1km)

 

④達成率8.0% 

 

今日も皆様へ
素敵な1日が
訪れますように!

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

おしらせ

ブログは下記へ移動したので宜しくお願い致します


移動ブログ

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

函館市鱒川町馬頭観音を訪ねて

函館市鱒川町(地元)に昭和22年8月17日建之、馬頭観世音がある。

今回はそこを訪ねてみることにした。

馬頭観世音とは、農村に馬が普及し、馬の果たす役割が大きくなったためと思われ、各地にその信仰を記念して石塔が造立されるようになりました。

農作業や荷物の運搬には馬が使われることが多く、それに伴って病気や事故で死んだ愛馬を供養することもふえたと思われます。

また旅の安全や五穀豊穣、平和への祈念などの信仰も合わせて行われるようになりました。

 

上湯の川に入ると複雑な交差点がある。右折するとトラピスチヌ女子修道院、直進は恵山方面、左折は今回向かう鱒川町方面である。

 

1-2_20200813162901

上湯の川から徒歩で60分、馬頭観世音は置き忘れ去られたように道端にひっそりと佇んでいた。

この馬頭観世音を建之に携わったという伊藤文三さんを訪ねて詳しく聞いてみることにした。

 

伊藤さんは92歳になられたが頗る元気であった。は28歳の働き盛り。当時は他に立花竹三郎、佐藤与三郎、

八戸房松、波多三之助、瀬川富太郎さん等が活躍されたようであった。

11-2_20200813162901

伊藤さんの話し

石は西ケ沢から馬で引っ張ってきた。

当時の鱒川町は開拓民が殆ど、狭い農地を利用し稲作を主に生計をたてていたが、現金収入がないため、裏山で炭焼きをやりだした。

これが思いもよらぬ現金収入になったことから馬の供養を行うため馬頭観世音建之を決めたということである。

今の西ケの沢


111-2_20200813162901

遠方に見えるのは三森山(裏側は南茅部、林道がある)。前方の丘のような所で炭焼きをしていた。


11111-2_20200813163001  

石碑の正面には「馬頭観世音」

裏側には「昭和22年8月17日建之」さらに「馬主一同」と刻みこまれていた。

 

当時の農耕馬は「馬車馬」と呼ばれ、道産子より二回りほど大きな馬で、水田の代掻き(田植えの前に水田に水を入れ、土を細かくする作業)や丸太の駆り出しに従事させられていた。

 

当時、死ぬと山などに放置され山犬(ペットが野生化した犬)などの餌にされていた。笹薮などに馬の骨をみることがあった。

 

伊藤さんとワシの会話

ワシ:お忙しいところ申し訳ありませんが、馬頭観世音についてお聞きしたいのですが。

伊藤さん:あめぇは誰だ!

ワシ:地元のもので○○といいます。親父は○○だ。

伊藤さん:あめぇは札幌へ行っている三番目か?

ワシ:ほんだ、○○だ!(ここから地元弁)

伊藤さん:おめぇ○○か、あの鼻たらし小僧が、よくも立派になったもんだな。

ワシ:別に立派になってねべさ。今だって伊藤さんから見たら鼻たらし小僧だべさ。

伊藤さん:ほんだら、なんでも聞いてけれ。

ワシ:あそこにある馬頭観世音に書いてる字が読めないから、教えてけれや。

伊藤さん:あそこに先生いるから聞いてけれ。先生は何でもわかるべや。

ワシ:どこさいる?

伊藤さん:ほれ、あそこで畑を耕しているおどこ(男)がほんだ。

そこには、野良仕事をしている夫婦がいた。誰がみても先生とは思えない。

ワシ:あの夫婦はホントに先生?ウソでねべな?

伊藤さん:おら、ウソこがね。まんず行って聞いてけれ。

実は、伊藤さんには苦い思い出がある。弟が農道で事故をお越し、伊藤さんが大事に育てていたオンコ(イチイ)を根こそぎ折ってしまったのだ。伊藤さんは憤慨し、警察に損害届けを出した経緯がある。今でも覚えているはずであるが、親切丁寧に教えてもらった。

伊藤さんいろいろ有難うございました。これからも、体に気を付けてお元気にお過ごしください。

今回は馬頭観音建之

に秘められた、先人達を偲んでの旅でした。

 

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

我が故郷志苔館(しのり)町

海岸線を恵山方面に向かう途中に志海苔町(しのり)がある、ここに 志苔館がある。歴史的に重要な史跡であるが、知っている人はそんなにいません。

志苔館は城でなく館である。

戦国時代にも館の主が大勢の家来を連れて有利な戦いをしている方に味方し、土地などの分け前にあずかっていた。

1_20200812205301

志苔館が出来たのは、

康正2年(1458年)、志苔付近にて蝦夷(アイヌ)の隆起あり、初代の館主小林太郎左衛門尉良景は戦死した、後にその息男小林弥太郎良定が継いだ。

この頃は戦国時代で織田信長、武田信玄、今川義元が川中島の戦いや桶狭間の戦いで、日本は隣村との戦いに明け暮れていた。

これより少し後(1596年)、福山の住人、八木勘右衛門がオタルナイ(小樽市)に入り、和人として初めて漁業を営むが、やはりここでもアイヌとの戦いがあった。

その後再び永久9年(1512年)館主小林次郎李景は蝦夷の闘いで戦死した。館は陥落し廃墟となった。


111

郭外遺構

郭外には、主に外敵からの防衛を目的とした壕、土塁、門、柵、それに橋が配置されていた。壕は土塁の四方に巡らされている。

 

1111 11111_20200812205501

館の開口部に当たる西側には、二重の壕が掘られ、北、東、南側は自然の沢を利用して壕としていた。

土塁は長方形で高さ4ないし5m、幅15ないし20mである。

東北隅には井戸跡もある。

111111

志苔古銭

古銭は1・2号甕に37万7,449枚、3号甕に6万6,987枚、合計37万4,000枚以上あったが、発見の際の散逸を合わせると推定45万枚から50万枚はあったであろう。

銭種は94種類で不明銭が1万枚以上あるが、最も多いのが北宋銭で88.1パーセントを占めている。

古い年代の銭貸名としては前漢の四銖(しゅ)半両、五銖、新の貨泉、唐の開元通宝、乾元重宝で、日本の皇朝銭が12種の中の8種あり、和銅開弥(飛鳥)、万年通宝(奈良)、神功開宝(奈良)、隆平永宝(平安)、富寿神宝(平安)、承和昌宝(平安)、貞観永宝(平安)、延喜通宝(平安)と、飛鳥から平安のものが含まれている。

 

1111111_20200812205601

 

志苔館は何もないところですが、函館に来たときは是非見学して下さい。

 ラン&ウォーキングはお盆中転載を休みます。

 

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

我がふるさと松倉川の流れ

松倉川は、我が家の裏を流れる2級河川で
上流は函館市の水源地となっている
とても綺麗な川である
築80年近くになる我が家


A_20200811131301

小さい頃、この川で泳ぎまた釣りをしていた
松倉川


Qqqqqqq

下流は、アユ、季節によりアメマス、サケも釣れる
全般的にはウグイ、イワナ、ヤマメ、などが釣れます
サケは河口で釣れる(河川規制あり)
上湯の川周辺に遊歩道があり、
松倉川を眺めながらの散歩は最高な気分
途中にドックランあり

松倉川は湯の川温泉街をゆったりと流れ太平洋へ注ぎます
湯の川温泉街

1111111

松倉川河口
右に見えるは函館山
前方かすかに見える下北半島

111111111

8月ラン&ウォーキング日記


78ヶ月連続75万歩以上に挑戦中
(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む)

2020年8月11日現在

累計歩数
117.801.136歩

累計距離
94.241km

地球一周約4万kmとして
2.35602周

①8月の目標 750.000万歩
1日25.000歩(20km)

②8月11日の実積23.468歩(18.8km)

③8月トータル
334.858歩(267.9km)

④達成率44.6%

 

日から函館の片田舎記事となります。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

墓参り

女房の実家の墓参りに行ってきました

家から約10キロ離れた平和霊園へ


Ww

 

勿論私は先発隊としてランニングし草取りの仕事を

草取りが終わった頃を見計らって、義姉、娘と孫がやって来た

孫娘中2
2ヶ月前は165せんちでしたが、また伸びたかも?


Ee-3

その後

お決まりコース予定が三密(密集、密閉、密接)の恐れがあることから
料理をテイクアウトし我が家でやることになった。

これだけです。我が家は質素な生活をしていますから皆さんのように豪華な食事はできません。
豪華な食事は盆と正月というが、我が家は正月も質素です


Ss-4

夕方まで時間があることから帰りもラン&ウォーキングを決行
孫娘(小2)付いてくると云うが距離が長いことからちょっと無理。

 

8月ラン&ウォーキング日記

 78ヶ月連続75万歩以上に挑戦中

(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む)
 
2020年8月10日現在

 

累計歩数

117.777.668歩
 

累計距離
94.222km
 

地球一周約4万kmとして
2.35555周
 

①8月の目標 750.000万歩
1日25.000歩(20km)
 

②8月10日の実積26.267歩(21.0km)
 

③8月トータル
311.390歩(249.1km)
 

④達成率41.5%

 

 明日から函館の片田舎の記事となります。

 

今日も皆様へ

素敵な1日が
訪れますように

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

世界最悪なトイレ

石田ゆうすけ「いちばん危険なトイレといちばんの星空」より

 

その1

 

アラブ諸国やアジアでは用便後、紙を使わない。

 

左手の指と水で尻を洗うのだ。

 

モロッコに入り、すぐ店に入りサンドイッチをオーダーした。

 

だが、すぐあることに気付き、店主の左手に注目。

 

オヤジは尻を洗う左手でフランスパンをぎゅっとわしづかみにした。

 

肛門をぬぐったばかりかも知れない左手の指も臆することもなくグィと突っ込んでパンを開き、中にクリームチーズを塗った。

 

オヤジに気付かれないようににおいを嗅ぎ、エィとかぶりついたが味は特段かわらなかった。

 

その2

 

ベトナムのトイレ

 

ある田舎町の宿に泊まったときのこと

 

その宿は学校の運動場のような広場に建っていた。老朽化が激しく、ドァや窓は隙間だらけ、シャワーはもちろんない、それはまあいい、問題はトイレだ!

 

ないのだ。ないんだよ。

 

宿のオヤジは申し訳なさそうに答えた。

 

建物の裏手に広がる草むらを指差した。半信半疑で行って見ると、いろんな色形のものがごろごろ転がっていて、壮絶な眺めであった。

 

その3

 

ウズベキスタンのトイレ

 

ある田舎でのこと

 

食堂でメシを食べた後、店主にトイレの場所を聞くと、外だという。

 

草原にぽちんと建ってる小屋が見えた。「え?まさかあれ?」

 

子供が枯れ木を集めて作ったような粗末な小屋だ、風が吹けばばらばらに分解しそうな雰囲気。

 

おそるおそるそこに近づき、思い切ってドァをあけると、ぶあん、と猛烈な悪臭が爆風のように顔に吹き付け、髪が跳ねあがった。

 

その臭いは鼻が曲がるところでなく、痛烈に目に来た。

 

玉ねぎを切っている時のように、涙がにじみ出てきた。

 

そして、薄目からその光景を見た時、限界がぐらり、とゆがんだ。

 

床には幅30センチぐらいの長方形の穴があった。そのすぐ下にはコールタールのような黒い液体が油田のようにたまっている。

 

液体はすでにあふれている、糞尿の大海原に板きれで作ったイカダが浮かんでいる。

 

ぼくは用を足すどころか、小屋の中に足を踏み入れることさえできなかった。

 

その4

 

トイレのチャンピオンは中国

 

中国では宿の廊下や、電車の通路、といった公の場に平気でタンを吐く。公のシャワー室ではおくすることなく立つションベンをする等、大陸的なおおらかさがある。

 

そこでトイレ、都会のトイレは改善しつつあるが、田舎のトイレには迫力がある。

 

地面に干しレンガを積んで四方を囲っただけ、もちろん屋根はない。

 

囲いの中に入ると、広さは6畳ぐらい、その中央に車1台ぶんぐらいの竪穴が掘られ、そのなかは糞尿特大プールといった壮絶な眺めだ。そして、その上には細長い板が4枚ほど渡され、それが足場。

 

ウンコする時はその板に片足ずつ乗せ、綱渡りのようなスリルを味わいながら足す。しかも板は固定されているわけでない。穴のふつの土の上にのってるだけだ。だからぐらぐら揺れる。

 

そのうえ混んでるときは1枚の板を隣の人と共有することになる。足を踏み外すと魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界へ真っすぐら。 

 

皆さんの所に、このようなトイレはありますか? 北海道には無いです。 

 

嘘だとおもうならば是非北海道旅行をしてください。

 

ぽんすけがお待ちしておりまする。

 

8月ラン&ウォーキング日記

 78ヶ月連続75万歩以

挑戦中
(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む)
 
2020年8月9日現在

累計歩数

117.751.401歩
 

累計距離
94.201km
 

地球一周約4万kmとして
2.35503周
 

①8月の目標 750.000万歩
1日25.000歩(20km)
 

②8月9日の実積26.542歩(21.2km)
 

③8月トータル
285.123歩(228.1km)
 

④達成率38.0%

 

 今日も皆様へ

素敵な1日が
訪れますように

 

 

 

| | コメント (0)

世界最悪なトイレ

石田ゆうすけ「いちばん危険なトイレといちばんの星空」より

 

その1

 

アラブ諸国やアジアでは用便後、紙を使わない。

 

左手の指と水で尻を洗うのだ。

 

モロッコに入り、すぐ店に入りサンドイッチをオーダーした。

 

だが、すぐあることに気付き、店主の左手に注目。

 

オヤジは尻を洗う左手でフランスパンをぎゅっとわしづかみにした。

 

肛門をぬぐったばかりかも知れない左手の指も臆することもなくグィと突っ込んでパンを開き、中にクリームチーズを塗った。

 

オヤジに気付かれないようににおいを嗅ぎ、エィとかぶりついたが味は特段かわらなかった。

 

その2

 

ベトナムのトイレ

 

ある田舎町の宿に泊まったときのこと

 

その宿は学校の運動場のような広場に建っていた。老朽化が激しく、ドァや窓は隙間だらけ、シャワーはもちろんない、それはまあいい、問題はトイレだ!

 

ないのだ。ないんだよ。

 

宿のオヤジは申し訳なさそうに答えた。

 

建物の裏手に広がる草むらを指差した。半信半疑で行って見ると、いろんな色形のものがごろごろ転がっていて、壮絶な眺めであった。

その3

 

ウズベキスタンのトイレ

 

ある田舎でのこと

 

食堂でメシを食べた後、店主にトイレの場所を聞くと、外だという。

 

草原にぽちんと建ってる小屋が見えた。「え?まさかあれ?」

 

子供が枯れ木を集めて作ったような粗末な小屋だ、風が吹けばばらばらに分解しそうな雰囲気。

 

おそるおそるそこに近づき、思い切ってドァをあけると、ぶあん、と猛烈な悪臭が爆風のように顔に吹き付け、髪が跳ねあがった。

 

その臭いは鼻が曲がるところでなく、痛烈に目に来た。

 

玉ねぎを切っている時のように、涙がにじみ出てきた。

 

そして、薄目からその光景を見た時、限界がぐらり、とゆがんだ。

 

床には幅30センチぐらいの長方形の穴があった。そのすぐ下にはコールタールのような黒い液体が油田のようにたまっている。

 

液体はすでにあふれている、糞尿の大海原に板きれで作ったイカダが浮かんでいる。

 

ぼくは用を足すどころか、小屋の中に足を踏み入れることさえできなかった。

 

その4

 

トイレのチャンピオンは中国

 

中国では宿の廊下や、電車の通路、といった公の場に平気でタンを吐く。公のシャワー室ではおくすることなく立つションベンをする等、大陸的なおおらかさがある。

 

そこでトイレ、都会のトイレは改善しつつあるが、田舎のトイレには迫力がある。

 

地面に干しレンガを積んで四方を囲っただけ、もちろん屋根はない。

 

囲いの中に入ると、広さは6畳ぐらい、その中央に車1台ぶんぐらいの竪穴が掘られ、そのなかは糞尿特大プールといった壮絶な眺めだ。そして、その上には細長い板が4枚ほど渡され、それが足場。

 

ウンコする時はその板に片足ずつ乗せ、綱渡りのようなスリルを味わいながら足す。しかも板は固定されているわけでない。穴のふつの土の上にのってるだけだ。だからぐらぐら揺れる。

 

そのうえ混んでるときは1枚の板を隣の人と共有することになる。足を踏み外すと魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界へ真っすぐら。 

 

皆さんの所に、このようなトイレはありますか? 北海道には無いです。 

 

嘘だとおもうならば是非北海道旅行をしてください。

 

ぽんすけがお待ちしておりまする。

 

8月ラン&ウォーキング日記

 

 78ヶ月連続75万歩以

 

上に挑戦中
(既に達成した100万歩連続60ヶ月含む)
 
2020年8月9日現在

 

累計歩数

117.751.401歩
 

累計距離
94.201km
 

地球一周約4万kmとして
2.35503周
 

①8月の目標 750.000万歩
1日25.000歩(20km)
 

②8月9日の実積26.542歩(21.2km)
 

③8月トータル
285.123歩(228.1km)
 

④達成率38.0%

 

今日も皆様へ

素敵な1日が
訪れますように

 

 

 

| | コメント (0)

«我が家の妖精