« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ヘボ釣り師石狩新港「樽川埠頭」を行く

5月31日午前2時に樽川埠頭へ到着、暖かいせいか釣り場の一等地は既に場所取りにあい無理、他は空いていたので即確保。

無風状態で天気もよさそう

Nec_0449_2

夜明けとともに釣り開始、今回は13号遊動式仕掛け、サオは3.6mのオモリ負荷20号を使用した、エサは塩イソメ。

Nec_0448_2

Nec_0445_2

いきなり釣れたのはクロガシラ、こませカゴ付にきた。

Nec_0446_2

またきた。

Nec_0447_2

ところがここまで、プチンと当たりが切れた。

つぎから次と貨物船通過

Nec_0439_2

Nec_0441_2

これは海上保安庁の巡視船

Nec_0456_2

釣り場を探索

チカ釣りの風景

Nec_0459_2

見せてもらいました。型は良いがそんなに釣れてない。

Nec_0434_2

釣り場に戻って

デカクロがきた!どうだ、参ったか!

Nec_0463_2

残念ながらお隣さんでしたcoldsweats01 

12時納竿、私の釣果は これぽっち!

Nec_0457_2

クロガシラ(右側)2匹、マガレイ(左側上)1匹、ソウハツ(左側下)2匹でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

日本初の人体解剖

人体の体の仕組みはどうなっているのか、誰も知らなかった。

例えばオシッコはどうやって出てくるのか、ウンコはどうやって出てくるのか。

医者や住民は死んだ人の体を裂くことに関し大きな抵抗を感じタブーとなっていた。

山脇東洋は解剖の許可を何度となく京都所司代に嘆願書をだしていたが、ようやくその許可がでた。

1754年、宝暦4年閏2月7日、京都所司代直属の隠密役山脇東洋は喜びを隠しきれなかった。

西河原御仕置場にはざんばら髪で白い着物を着せられた5人の罪人が引っ張り出された。罪人は狂ったように悲痛な叫び声を上げた。

刑吏が、刀を抜いた。

刑吏は首をはねる前に必ず聞く言葉がある「あの石にかぶりつけるか」

首を斬った瞬間、目の前にある石にかぶりつけるかと聞く、今まで誰もできなかった。

罪人の気持ちを和らげるためであるが、「そんなぐらいは・・・」といったらしめたもの、

刑吏は一気に刀を振り下ろした。首は血吹雪とともにコロリと落ちた。

国内解剖1号となったこの男、屈嘉に「利剣夢覚信士」と戒名され京都誓願寺の墓

には山脇東洋の墓とともに供養碑がたてられている。

図は小学校教科書、杉田玄白の解剖風景

2000年度版社会(東京書籍)

Im1_2

杉田玄白はオランダ医学書を翻訳し解体新書とし、解剖をおこなっている。

山脇東洋はこれより17年前に人体解剖をおこなっていた。

東洋の場合の解剖は刑吏が行った。東洋は手術部分に墨で印をつけ、そこを刀で切り取っていた。

藤田雅矢「糞袋より一部引用」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

ワシの朝食は550カロリー

レタスはてんこ盛りでLサイズ約半分、レタス飛び出てる(笑)。

ノンオイル青シソドレッシングをかける

Nec_0375_2 

パンは2枚、一枚はマーガリンを薄くぬる。

Nec_0368_2 

マーガリンにはこの地球上の自然界に存在しないトランス脂肪酸(製造工程中に発生)が含まれているので、なりべく控えている。

国によっては規制が厳しく先進国では殆どの国でトランス脂肪酸の量を表示している。また生産中止のところもある(発がん性物質含有の噂)。

お隣の韓国でも表示義務があるのに、日本は国民の安全より業者の営利に重点置いている。

二枚目は納豆にちりめんじゃこと生昆布をカットしたものにポン酢をかけてサンドにして食べる。

Nec_0372_2

昆布(漁業権放棄している海からとって、ミキサーで加工し1年分、約5kg冷凍保存)。

Nec_0371_2

なかなかいけますよ、酸味が食欲を誘います。

Nec_0367_2 

これはピーマンを酢と醤油で味付け、この容器には15~20個のピーマンが入る。

ピーマンは自家製(無農薬)、カットし1年分冷凍保存。

Nec_0374_2 

ジャガイモとワカメの味噌汁(パン食になんだ!と言う人もいるかも)

ジャガイモ自家製(無農薬)、俵に入れ1年分保存。

Nec_0370_2 

カロリーは550カロリー

男料理ゆえ体裁は整っていません・・・・あっ!女房ですか?いますよgawk

何をしているかって!それはないしょ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

男の子女の子誕生の神秘

5月26日北海道新聞

あかちやんが女性になるか男性になるのかは、どうして決まるのかご存じでしょうか。

女性の細胞はX染色体を二つもっています。

男性の細胞はX染色体一つのほかにY染色体一つをもっています。

お母さんのおなかにいるときに、男の赤ちゃんのY染色体の遺伝子から、あるタンパク分子が作られ、その作用で精巣がつくられます。

そうすると精巣から男性ホルモンが出て、男性器を作ったり、脳を男性化したりすることがわかっている。

では、この時期X染色体は何かをするのかというと、何もしない。

つまり、Y染色体が働かないと、人は自然と女性になるようにできている。

ですから、人間の基本は女性であることがわかります。

札幌医科大学医学部教授 とうせ・のりつぐ

そうなんですか、そこまで考えたことはありませんでした。

私はあのとき、女性が元気だと女の子が産まれ、男性が元気だと男の子が産まれ

るものと単純に思っていました。アホかいな、ほんとにbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

統一教会の日本戦略

統一教会と言えば、数十年前人気絶叫中の歌手桜田順子が日本人の会社役員と結婚。

新体操の五輪ロサンゼルス代表の山崎浩子も結婚し話題を集めたが、統一教会による合同結婚式は今もおこなわれている。

M_20091014touitukyoukai

日本の女性信者と韓国男性による結婚は圧倒的に多い、これまで海を渡って結婚した日本妻は7000人。しかも多くはソウルから遠く離れた農村部。

彼らの収入は少なく月給は23000円位、生活は厳しく日本から持って行ったお金も底をつき、朝4時に起きてのバイトでやりくりしている。

韓国の男性は見合い結婚程度の感覚。

なかにはヤリ友を見つける感覚で入信、逆に日本女性は熱烈な信者、教組がマッチングした相手とは別れたくても別れない。

Touitukyoukai1s

結婚後は仕事の無い男性が多く、毎日昼間から鍵をかけてエッチの連続、愛しあってる者どうしなら抵抗ないでしょうが、初めて見る顔の男にそんな行為を毎日要求されてはたまりません。

でも、離婚するのは少数、宗教の力は凄いですね。

週刊ポスト

櫻井義秀 北海道大学出版会刊「統一教会日本宣教の戦略と韓日祝福」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

琴光喜野球賭博にドップリ浸かってた。

5年以上前からプロ野球賭博に手を染め数千万円も負けていた。しかも暴力団関係者に1億円の口止め料を脅し取られようとしていた。

2010051900000029maipspothum000 

警視庁は5月22日琴光喜を任意で事情聴取をしていた。

賭博内容は週刊新潮から

胴元は例外なく暴力団組織、違法賭博の内容は「ハンデ」にある。

5月16日に実際行われた試合を例にとると。

①巨人対ロッテ(巨人から1.7のハンデ)

②広島対日本ハム(日本ハムから0.8のハンデ)

③横浜対西武(西武から1半3のハンデ)

①の試合、巨人が2点差以上で勝てば(丸勝ち)。100万円賭ければ100万円の儲け、てら銭10万円引かれても90万円の儲け。

巨人が1点差で勝てば(7分負け)。掛け金100万円なら70万円の負け。

引き分けなら(丸負け)です。100万円賭けたら100万円の損。

②も同じ要領で日本ハムが2点差以上で勝てば(丸勝ち)。1点差なら(2分勝ち)。引き分けなら(8分負け)

③の場合は(半)というのは点差が2点以上になる試合につけられる。

西武が3点差以上で勝てば(丸勝ち)。2点差なら(3分勝ち)。1点差なら(丸負け)。

勝っても負けても金額が大きい。負けても金額を取り戻せる可能性があり、他の賭博と違い深みにはまる。

この賭博には他に同門の床山、大獄親方(元関脇貴闘力)、阿武松親方、まだいるらしいが、そのうちはっきりするでしょう。

気になるのは関係者はすべて今年2月の相撲協会理事選挙で貴乃花親方を推したグループの関係者ばかり。

琴光喜、床山は警視庁、相撲協会の事情聴取にたいし壊れたテープレコーダみたいに知らないのくりかえし。

相撲協会は甘納豆のように甘いが警視庁は甘くない。とことん追及し膿をだしてもらいたい。

国技でありながら幕内力士の約半分は外国人、情けないじゃないか、琴光喜のようなアホが多いから仕方がないのか。

時津風部屋の力士暴行死亡事件、ロシア人力士の大麻事件、元横綱、朝青龍の泥酔暴行事件、このようなだらしない管理教育をしていては相撲は国民から忘れ去られる日も近い。

ちなみに、琴光喜は幕内優勝1回、三賞は殊勲賞2回、敢闘賞4回、技能賞7回、立派な成績を残しているのに嘆かわしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

ビールの美味しい季節

札幌はこれからビールの美味しい季節、工場直営で飲むのもまた格別。

Sapporobeeren2

ビールの銘柄を気にする方もいますが、私はどこの銘柄でもOK,と言ってもロシアのビールは馬のしょんべんビールと言った作家もいましたがどうなんでしょうか?

082 でも美味しそうです。

飲んだら底なしに飲みまくるタイプ。

サッポロビール直営のビヤガーデンで大ジョッキー18杯も飲んだばかもん。

Beer21

その後、どうしたかって?

ハイ、ビールの祟りにあい2日ほど死んでました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

中の川桜づつみ公園ウオーク

冬の荒れ狂った散歩道も今は。

  2

散歩道はタンポポが咲き乱れている。

Nec_0381_2_2

中の川桜づつみ公園

Nec_0378_2   

ソメイヨシノが満開

Nec_0385_2

Nec_0387_2

さて、今日も20km完歩。

札幌市ウオークランキング

総合歩数5,125,974歩(3664,3km)は1,091人中100位

月間歩数647,756歩(547,3km)は353人中5位

既に

1、札幌公園マップ200km

2、北海道マップ1900km

を完歩し

3、アメリカマップ・・・リンカーン市~ポートランド市2500kmに挑戦中、ポイジー市まで後216km。

アメリカを完歩の次は

4、ドイツマップ・・・ベルリン市~ミュンヘン市2200km

5、中国マップ・・・上海市~瀋陽市2300km

6、ロシアマップ・・・モスクワ市~ノボシビルク市2600km。

全行程11,700km。この偉大なる道程を完歩した、歴史的人物は今のところ20人。

毎日20km歩いたとして585日、足に自信あるのでなんとかクリヤしたいものです。

興味ある方はどうぞ挑戦してみては如何です?

https://www.sapporo-walking.com/guide.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

さっぽろトリムウオーク&トリムランへエントリー

6月13日(日)10キロコースへエントリーしました。

スタート地点:真駒内セキスイハイムスタジアム

スタート時間10時

興味あるかたはドウゾ、締め切りは今月28日

http://runnet.jp/runtes/raceDetail/start/b13654.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石器やアンモナイト化石のはなし

以前、実家の庭を掘れば縄文式土器や矢じり、石器(函館市教育委員会の調査で3000年前)が出土したが、ブルで整地してから見たことはない。

出土品を何点保存、これは貴重な石器

土木の道具で打製石斧。

Nec_0348_2 

近くの沢から出土したアンモナイトの化石。

アンモナイトが絶滅したのは白亜紀で1億4200万年前~6500万年前といわれている。

Nec_0346_2 Nec_0345_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

沖縄県民大会,本当の参加者数

4月25日に行われた普天間飛行場の県内移設に反対する沖縄県民大会。その航空写真を見て、実行委員会発表の9万人は出たらめな数字。

週刊新潮が航空写真を社員4名に与え3~4日かけて調べたところ合計11,569人。この数字は沖縄県民130万人の民意といえるのでしょうか!

写真を良くみればマバラな部分が多い。

こんな方法で県民を遊動しているなら、チョット問題ありませんか?

Nec_0355_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

トリカブト

毒々しい紫の花、でも、とても綺麗。

Hb16980_d1

観賞用に植えていいものか知りませんが、庭に自生し抜いても耐えることはない。

花言葉は復讐、人嫌い、それに栄光もあります。

致死量は一本の根で50人もころせるとか、体重1kg当たり0.3g。ヤバイですね。

解毒剤は存在せず。一度致死量を飲めば助かる見こみは限りなくゼロ。

だいぶ前、保険金殺人の手段として妻を何人もめとっては殺したヤツがいた。

アイヌは根からエキスをとり矢じりに塗り熊を獲るのに利用。

ヒダカトリカブト(庭に自生)・・・ちよいっと見ただけでは食用のもみじかさ(しんどけ)に似ている。

Nec_0298_2

トリカブトは北海道に4種類自生している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

へぼ釣り師岩内町旧フェリー埠頭を行く

一泊二日の予定で5月17日、18日、岩内港の西防波堤と岩内旧フェリー埠頭へ行ってきました。

西防波堤は釣り人はまばら、釣果を聞いたところ、早朝は釣れるが日中はダメらしい。それでもマガレイを30匹ほどキープしていた。

竿を3本セットし岩内町を目がけて中投げ、2時間で1回も引きなし。

Nec_0330_2

17時頃、岩内旧フェリー埠頭へ移動、平日なのに釣り人で満杯。この一角(30m位)はホッケ釣りのメッカ、いつも地元の常連で埋め尽くされている。

Nec_0321_2

常連が場所をあけてくれたので、1.65mの短竿を2本セットし、たらし釣り。

仕掛けは、8号さびきのおもりの下に13号の1本針をつけたもの、エサはマグロやエビ。さびきにはエサはつけない。

まき餌は砂にオキアミを混ぜたもの。

Nec_0326_2

当日は頻繁に釣れ、15匹ほどキープし19時納竿。

旧フェリー埠頭からニセコ連峰を望む

Nec_0317_2

夜景はとても綺麗。

海上保安庁巡視船。

Nec_0325_2

岩内町の夜景

Nec_0324_2

泊町の夜景

北海道で一か所の原子力発電所があるところ。数年前の地質調査で地震のプルート上にのかってることが判明したとか・・・物騒な発電所。

Nec_0323_2

翌日も天気は快晴。

この混雑用はホッケにとっては脅威

Nec_0319_2

太ったホッケが釣れています。

Nec_0318_2

12時に納竿、わたしの釣果はこんな具合・・・家で数えたらなんと44匹、常連達はこの3倍は釣っている。

Nec_0314_3

帰りは多少遠回りになるが海岸線を通り当丸峠を越えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

週刊誌を読んで

鳩山首相のたわごと

沖縄米軍基地の問題でチグハグな答弁を繰り返し、5月決着が不可能になってきたら

「最低でも県外、という発言は党の公約でなく、代表としての発言だ」

仲井真弘多沖縄県知事と会談した

「学ぶにつけ海兵の抑止力に思いが至った。浅はかと言われればその通り」

徳島の3人の町長に会って

「遅きに失して申し訳ない。このようなお願いをする非情さ、誠に申し訳ない」

米高官にルーピー(愚かと言われ)

「私は愚かな総理かも知れません」

沖縄で罵倒され、徳之島の3町長には提案を蹴られ、アメリカには愚かと言われ、それでもあの方はどこか楽しそう。

なのに日本ではデモの一つも起きない。軍の抑止力について初めて学んだなんて、幼稚園児じゃあるまいし、そんな能天気なことが許されるのか。

首相が頼れるのは2人よりいない、一人は幸夫人、うしろには怪しげなインド人の占い師がいる。と、もう一人は神様、仏様、小沢様。

沖縄県民の説得に当たっては経済特典を寄与する案があるようだ。

経済特典とは、基地の候補先を経済特典区にし、関税などの免税、減税を加えたりフリートレードゾーンにするプランやカジノを誘致する計画だという。また法人税を減税し大企業の工場を誘致する案も出ているとされている。

首相は今までついてきたウソをジョークとごまかしてきたが、ジョークではすまされない。

こんな状況で7月に迫った参議院選挙を戦えるはずはない。惨敗はだれしもが予想できる。過半数の60は夢の夢、今小沢さんが辞めても無理、40から50くらい。

こんな愚かな首相は早く退場しなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

大船松倉林道を行く

ここは私の田舎を通る林道、トラピスツヌ修道院から南茅部へぬける29.3km、一部舗装はしていますが、大部分は砂利やごろた石の道。

支線はありますが、道なりに走ることができる。

標識はだいたいある。無いところもある。ここで迷うと熊さんと夜明かしが待っている。

先ず、行ける所まで行ってみます。

左は虎沢林道・・・わたしは右の大船松倉林道へ行く。

Nec_0208_2

松倉の杉

Nec_0200_2

行方不明者が時々発生、必ず記入する。

所々にピンク色の紐が道路脇にある。これはこの紐の範囲内は行方不明者の捜査が終了したことを意味する。次回はこの範囲以外を捜査。

Nec_0202_2

こんなヤツに出会ったら最悪

Nec_0203_2

落石がゴロゴロ、道路の真ん中にあったら、運転手がどけること。右側は崖。こんな所で熊に遭遇したらUターンは絶対無理、体当たりかバックでのろのろ逃げる。過去に体当たりしたヤツがいて熊を撃退、車は破壊。

Nec_0174_2

ガードレールがグニャグニャ、苦情言うヤツは誰もいない。よって何十年もこの状態。下のワイヤロープは完全に寝てる。

Nec_0186_3

Nec_0176_2

今にも熊が出そうな感じ。

サムライが通った街道を思わせる、今にも助さん格さんが出てきそうです。

Nec_0175_3

松倉川の流れ・・・イワナがいそうです。熊も水飲みに来る。

Nec_0197_2

ここを下れば南茅部町、私の車はここでギブアップ

Nec_0178_3

Uターンできない。前は絶壁、手が震える。

Nec_0177_2

安全保険の積りで折り畳み式の自転車を装備(笑)。これを使う時は車とオサラバ。

Nec_0168_2

如何でしたか?45分の旅でした。

林道めぐりのファンは是非訪れてください。

≪注意≫

熊に出会う可能性のあるところへ行く時は笛や爆竹を持っていくと良いでしょう。

それと以外に知れていないことは、折れやすい小枝をが有効、熊は前に障害物があればそれを手で振り払い、障害物がある間襲わない。次から次と小枝の先が折れる枝があればベスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

熊獲りの話し

函館市鱒川町を遠く行くと三森山に突き当たる、この周辺は熊の宝庫。

Nec_0249_2 

85歳で亡くなったお爺ちゃんはマタギ。冬になれば熊獲りに出かけ時々大物を仕留めてきた。

部落の子供たちは熊の生血を飲まされるのが仕来たりで、嫌で泣いても許してくれなかった。

熊獲りの方法は秋の内に冬眠する穴を見つけて、冬眠の時期に穴の前に丸太を数本打ちこむ、熊は手で物を手前に引っ張る習性があるので、丸太は外側に押し出されることはない。

そこを、村田銃で一発で仕留める。

夏の場合はこんな具合にはいかない。当時の村田銃の射程距離は50mくらい、現在は1500mから2000mくらい。

一発命中しても熊は死なない、突進してくる、二発めを打ち用意してる間に熊は10mくらいまで突進してくる。これを二発目で仕留めないと、逆に仕留められる。

当時(終戦直後)は物々交換が盛んで、銃の購入はお金はないので馬一頭と銃一丁の交換だったそうです。

こんな状況の村でしたから、私が探検ごっこに明け暮れていた当時、熊と遭遇した話しは頻繁にありました。

熊の退治方法として、銃以外は、にらめっこ作戦、熊とばったり出会ったら、逃げたらダメ、熊の足が速いのですぐやられる。この時は身動きしないで相手から視線をはなさないこと。だったい2.3時間にらめっこしてると退散するそうです。

次は枯れ枝作戦、これは3mくらいのすぐ折れる小枝を常に持つ歩いていることが必要。熊は前にある障害物を退けないと攻撃してきません。小枝はすぐ折れるものが良いようです。熊が手で障害物を叩くことによりすぐ折れ、残りが常にあれば大丈夫。

鱒川町長老の話し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

糞のはなし

この時期、農地を通れば何処からともなく糞尿の臭いがしてくる。これは糞尿でなく肥料が発酵した臭い。

半世紀前までは、もろに糞尿が野菜の肥料として使われていた。

糞尿の歴史は古く、鎌倉時代にさかのぼる。

それ以前は糞の利用価値はゼロ、よって肥料として蓄える必要がないため、便所はなく、野糞が当たり前。

大奥にもトイレはなかった。姫がウンコしたら、お香をたいて江戸城の堀に投げた。

18世紀頃ベルサイユ宮殿にもトイレはなかった。女は皆立ション、これほんと、そのためスカートは傘のように広くつくられていた。

フランスだけでなくイギリスでもトイレはなくおまるにして2階から道路に投げていた。この当時風呂もあんまり入らなかったので不潔きわまりなかった。

何年かおきに伝染病が発生していた。そのてん日本人は清潔でした。

余談ですが、18世紀イギリスやフランスは食事を手食べていた、そのころ日本は勿論箸。フォークは手にかわりに発明された。当時フォークは手の指と同じく5本で出来ていた。

話しはフランスとイギリスのウンコに戻して

ハイヒールが発明された原因はなんであったかわかりますか?

これはウンコを踏まないためです。

話を鎌倉に戻して・・・なんか訳が分からなくなってきた。

鎌倉時代にはいり、糞が肥料として使われるようになってから肥えたごを乗せた荷車と法被姿家々を回る男達、1回の汲み取りで米や野菜と交換して歩いていた。

冬には集められた糞尿は発酵し熱を放つために、人夫たちは、雪のちらつく中、手をあて暖をとった。

焼き芋ができたかも知れませんね(笑)。

糞船は高瀬川を通るたび周辺に悪臭を放つため糞船の通過は朝の早い時間と決められていた。

庶民の糞は良い物を食っていないため、臭いもあまりなく肥料効果もあんまりなかったが、公家や旗本、ぼんさんは良い物を食っていたせいか臭いもきつく肥料効果もあったので高く取引されていた。

庶民の便所

66

武家の便所

Img0411301 Img0411302

ぽんと町はお姉さん方は糞にお香をたいていたのでこれも高く取引されていた。

このように糞は大変大事にされていた時代があったのだ。

お粗末な糞の話しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

ユニクロ中国委託工場の過酷な労働条件

週刊文春より

中国には70カ所の委託生産工場があり、ユニクロでは年間5億着の衣類のうち85%を中国で生産しているという。

ユニクロは生産工場の開示に消極的で、どこに委託工場があるか突きとめるのは容易でない。

大手委託工場の申洲針織有限公司には4万超の労働者が働いている。

ここでは朝8時から夕方5時までの勤務時間ですが、この時間帯で終わることは無い。夜九時十時までの残業はいつものことで、それでも計画の作業が終わらないと朝三時まではたらいても、翌朝八時の仕事にでなければならない。

一日中立ち仕事であることから倒れる従業員もあった。

出稼ぎ労働者が殆どで月収も日本円で残業込みで2万円ほど、中国の平均月収はこの2.3倍になる。

1990円で売られている半そでのポロシャツの場合、ユニクロの平均買い取り価格は380円~475円。過去5年間この価格は下がることはあっても上がったことはない。

従業員の生活環境も惨めで、工場近くのアパートに友人3人と住んでいる者もいる。寝る時は一つあるベットに2人寝て、一人はカーペットの上に寝る。トイレはあるがシャワーがないのでトイレの水をバケツでくみそれで汗を流している。

この工場にはユニクロの社員が毎週通ってるが労働環境には気付いていないという。もし、万が一そのような工場があるのなら教えて欲しい、厳正に対処するから教えて欲しいと記者にたずねたという。

しらないハズがない、そのような労働環境の中で安い商品が日本に流れ込んでいるのですから。

ユニクロを支えているのは中国の最下層の出稼ぎであることを、柳井正社長は認識しべきである。もし、このような事を長く続けたなら必ずしっぺ返しを食う。

この工場ではユニクロの他、ナイキやアディダスといった、欧米企業の仕事もおこなっているが、ここはコンプライアンスを厳守し、児童労働や法定労働時間を超える残業は厳禁。

我が家の花    つわぶき

Nec_0290_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

中の川桜づつみ公園ウオーキング

5月13日

肌寒い天気でしたが15キロをノラリクラリ歩いてきました。

公園の桜は満開

Nec_0289_2 

散歩道はとても綺麗になりました。気分爽快です。

Nec_0286_2 

公園へ行く途中の街路樹も満開

Nec_0288_2 

あずまやで一服

Nec_0284_2 

札幌市ウオーキングランキング

月間は326人中395、287歩(313km)で5位・・・トップとは微妙な差。

トータルは1077人中4、833、505歩(3430km)で105位・・・トップとは夢を追うような差。

只今姉妹都市のポートランド市に向け、リンカーンを出発しポイジーまであと450kmの地点です。

興味ある方は・・・こちらへどうぞ!

https://www.sapporo-walking.com/login.php?mode=session_limit

我が家の花

桜げんかいつつじ

Nec_0293_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

へぼ釣り師黒岩漁港(八雲町)を行く

5月9日から10日にかけ黒岩漁港を攻めてきました。

昨年も今頃から7月にかけて大分良い思いをしていたので、外せないポイント。

良く釣れる場所は外防波堤の先端部から100mくらいの範囲。

Img_70541

この時期は砂カレイが主体、それにイシモチカレイが若干混じる。

釣り場に15時頃着いた。先端部には地元の釣り人が4,5人いて、入れ食い状態を楽しんでいました。

駐車スペースから先端まで約700mくらい、歩くのが大変なので今回は折り畳み自転車を積んできました。

早速竿を2本セット、13号遊動仕掛けにイソメを付けてチョイ投げ(30mほど)。するとエサが底に着く間もなく鋭い当たり、上がってきたのはイシモチカレイ(36センチ)でした。

その後、当たりは頻繁に続き、暗くなり19時に一先ず納竿。この時点で60匹くらいの釣果。

いったん車内で仮眠、然し興奮して眠れず、2時に起きて釣り場へ、もちろんこの時間帯では誰もいませんが、漁船の入港、出港が頻繁、何漁か分かりませんが、豊漁のようでした。

獲物を満載し寄港する漁船

Nec_0240_2

黒岩市街の夜景

Nec_0238_2

朝日が昇る10分前

Nec_0237_2

キレイな日の出

Nec_0235_2

昨日と同様、入れ食い状態が続く、釣り人はダレーモいない。

Nec_0242_2_2

ダブルの連続

Nec_0241_2

釣り疲れて14時納竿、釣果はクーラー釣りとなりました(38Lクーラー8割)。

Nec_0231_2

家で詳しく調べたところ釣果は次の通り。

砂カレイ、25~30センチ119匹、すべて抱卵。

イシモチカレイ、25~36センチ5匹

合計124匹でした。

≪注意事項≫

この釣り場は漁船の出入りに向かって投げることから、邪魔しないように気をつけたい。チョイ投げ(2.30m)は問題ないがそれ以上は危険、漁船に竿を持っていかれることもある。

駐車スペースも注意事項の看板を守るように徹底すること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

函館市鱒川町、道なき道を行く

少年の頃探検が好きで田舎の山を走破。

アラン・ムーアヘッド「恐るべき空白・白ナイル」、フリッチョフ・ナンセン「極北」、ロアルト・アムンゼン「南極点征服」、スヴエン・ヘデイン「さまよえる湖」を貪り読み、しっかり探検家小僧になった時期がある。今だかってその癖が抜けません。

それでは多少遭難(方向音痴)するかも知れませんが獣道に入っていきます。

  Nec_0280_2

いきなり熊の足跡、早過ぎ!

Photo 

熊と戦う気は毛頭ありませんが鋭利なナイフ。

Nec_0253_2 

道は良くなってきたが人が通った形跡なし

Nec_0262_2_2 

キレイな花が咲いていました。名称不明。

Photo_2 

しろはなえんれいそう

Nec_0273_2 

あまちやつる

2 

しらねあおい(白根山が本家らしい)

Nec_0274_2 

日本タンポポ

西洋タンポポに征服されつつある。違いは西洋タンポポは花の下のガク片が反り返ってる、日本タンポポは花にガク片がぴったしくっついている。

Photo_3 

迷いだしてきた。

Nec_0267_2 

ようやく道にでたが橋がない。

Nec_0247_2

さて!右か左か?右は南方面、根拠はないが右へ。

Nec_0265_2_2 

遠方に民家が見えた。

Nec_0252_2 

この川は急流すぎるが、渡ることに決めた。長靴を脱ぎ、ずぼんを脱ぎ、靴下をはいて決行、雪解け水は痛いような冷たさ、一瞬足が低体温になったらと閃く。ここで気合いを入れ声を出して歩く。

Nec_0243_2 

ところが、携帯がない、どこかに落とした。可能性あるところは水を飲んだ沢。もどるとなれば2キロはある。捨ててもいいが、戻ることに決定。

また濡れた靴下をはき川の中へ。

携帯はやっぱし水を飲んだ沢に落ちていました。

この日は5回も川をこぐはめになり無事家についたのは旅にでてから5時間後でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

美味しかった人肉・・・・知床半島・ひかりごけ事件

太平洋戦争まった中の昭和18年12月4日、北海道根室港を経ち小樽港へ向かった日本陸軍暁部隊所属の「第五精神丸」、7人乗組みが知床岬沖で大シケに遇い、遭難した。

7人のうち5人は大シケで死亡し、シゲと船長が真冬にずぶぬれとなりながら空き家の番屋にたどりついた。

それから2カ月経過した、昭和19年2月3日夕、知床岬から20kmほど離れた羅臼町岬町、漁業、野崎初蔵(71歳)宅に外套の上にムシロを巻きつけた異様な男が一人、倒れこむように入ってきて助けをもとめた。

番屋の生活は食べ物はなく、毎日海岸に出て昆布を広い食事にしていたが、昆布を食べると便秘が酷く、棒でお尻の穴を突かないと出ないようになった。

Img059_2 

そのうちシゲはやせ衰え動かなくなった。死んだのだ。

船長は横になっているシゲの屍をみているうちに、どうしても我慢できなくなり、股のあたりを包丁でそいで味噌で煮て食べてしまった。

Img062_2 

その味はいまだに経験したことのないほど美味しかった。

また、斧で頭部を割り脳味噌を食べた時がもっとも精力がついたような気がした。

むちゃくちゃに食って食いまくった。

ああ、旨いなと思ったのはだいぶ後になってから。

食べた後の心境はなんと表現したらいいか分からない。ただ死ぬから食いたい食いたいと言う意識にかりたたされ手をつけた。

骨と皮膚を残しキレイに食べられたシゲさん。

Img061_2 

船長のトイレ

Img060_2

Img058_2

山下格北海道大学医学部教授・同大付属精神科長の話し

この時の船長は、餓死感と孤独感の二重の責苦にさいなまされていたとみていいでしょう。しかも、救助、生存の可能性を経たれた孤立した閉所ですから、その責苦は常識をはるかに超えたもの。

この後船長は裁判となり懲役1年の刑に服す。

合田一道「裂けた岬」 ・・・「ひかりごけ」事件の真相

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

我が町の今昔物語・・・光風館

札幌市手稲区富丘に札幌付近では最高の温泉旅館があった。明治21年に建設、当時定山渓でさえ1軒よりなかった。

その後、富丘温泉になり、現在は民家となっている。

Photo

当時の光風館は国道5号線から石畳の舗装道路があり、道路の淵はスズランの群生地で季節になれば香ばしい匂いが漂っていた。

現在はその面影はないが、この舗装の下は石畳。

Photo_2

有名な宿泊客は高松宮妃殿下が、まだ徳川喜久子姫の時分、夏休みをここで過ごされた。

当時の交通機関は4輪の乗合馬車であった。

富丘今昔物語「山本茂」

我が家の自慢の花・・・雪割り草

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

じゃがいも植え付け

朝6時から隣の人に手伝いをお願いし、50キロを植え付けました。
 
こっちはかぼちゃ
収穫量はじゃがいも300キロくらい、カボチャは100キロくらいになります。こんなに食べるかって?それは100%無理。殆ど隣近所に上げてなくなる。コブシが満開
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

ふるさと

小雨けむる原始林をぬけると、幼少時代を過ごした我が家。築70年の堂々たるボロ屋(笑)。既に両親は他界し、実家は無人。
池にはビールの肴にイワナを放流。来るたびに4、5匹ギロチン処刑される。彼らも殺気を感じ逃げまくる。すでに4匹別室に隔離。
庭はツツジが咲き始めている
これが明日から手強い、じゃがいも畑
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

ウォーク32km

  以前から中の川桜づつみ公園を新川河口まで行く計画をたてていましたが、天気が悪くウダウダしていましたが、今日はドウゾ行ってくださいと言うような天気。

お茶と飴玉を背負い9時に出発、途中の公園で綺麗な花(いちりん草)をみつけました。

Nec_0137_2

どこまでも真っすぐなサイクリングロード(左側)と散歩道(中央と右側)

Nec_0126_2 

コースにこんな物騒な看板、鉄砲をぶっ放しヤツがいるのか?

Nec_0122_2 

手稲連峰

Photo_4 

う~ん、まだ先が長い

Nec_0127_2

途中から悪路・・・この先が目的地の新川河口(約3km先)

Photo_5

ようやく着きました、新川河口

Photo_6

万歩計は20815歩、約16kmでした(3時間)。

帰りは同じコースで単調、ここで大きな忘れ物に気付きました。

弁当がない。コンビニもない。然し帰らねばならん。

途中までコンビニを探しながら歩いたが無い、諦めてトボトボ歩きました。

家に着いた時はフラフラ、なんと15時半でした。6時間半歩いたことになります。

今回は32km、次回は手稲山山頂を目指す予定、ここは往復40kmあります。

水とエサは必需品。

明日から4泊5日の予定で函館へ農作業(じゃがいもの植え付けほか)の仕事で行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

道なき道を行く

手稲山頂へ続く道は札幌冬季五輪に使用した主道路と他に林道がある。

今日はその林道を旅することにしました。

途中にお稲荷さんがあった。中を覗いたら荒れ放題、前回の手入れはいつごろか。

Nec_0101_2 

林道は殆ど整備されておらず、獣道となっていて、ガサッと音がすれば熊かとビックリする。

Nec_0151_2

北海道造林合資株式会社の石碑あり(営林局?)

昭和初期頃か?・・・誰の目にふれることなく、過去の栄光の開拓民の歴史が埋没していく。

私の先祖も開拓民であったので、寂しさもしとしおである。

Nec_0155_2 

裏側

Nec_0152_2 

所々に野ウサギらしいウンコあり、似ているが違う動物。

Nec_0150_2

あちらこちらに倒木があり歩きづらい。

Nec_0145_2 

恐怖の一瞬、獣の毛が散在、熊に襲われたのか?

Nec_0147_2 

野草もまだ早く。エゾえんごさくがぽつりと咲いていました。

Nec_0149_2

手稲山山頂へは行けませんでしたが2時間30分の旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

人口減少対策、外国人移住について

北海道の人口は30年後、現在の551万人から414万人「-143万人」に75%減少(北海道新聞)・・・これは全国的な傾向だと思います。

今からでも遅くない、人口増の計画を国民に問うことが大事である。しっかりした対策を講じなければ日本は滅亡の危機に立たされる。

年金問題

政府は出生率1.26推移したとして現役世代の年金50%給付水準を維持する方針であるが、少子化が進み1.06まで下がれば46.9%となり、50%との下限を維持することはできない。

年金の問題は詳しくありませんが、数十年後に一人の老人を現役世代一人以下で養うことになりませんか?・・・こんなことになれば社会構造は壊滅。

国連報告では先進国の外国人の割合は韓国より低い3%で最低。

アメリカの例は極端ですが、2005年7月、アメリカ総人口における人種の構成は次のようになっている。

総人口:2億9千4百万人

ヒスパニック:4130万人・・・14%

黒人:3920万人・・・13.3%

アジア:1400万人・・・4.8%

黒人のオバマ大統領が誕生してるアメリカ社会は凄いとおもいます。国民は大人なんでしょうね。

お父さんはケニア人、養父はインドネシア人、生まれもケニアの可能性あり、この場合大統領の資格なし。公的な文章ではハワイ生まれ。

歴史的背景はいろいろあるにせ、このような人種がアメリカ社会を支えてる現実をとらえ、日本はもっと大きな心で議論すべきである。

*ヒスパニックとは

人種でなくエスニック集団を表しています。カリブの黒人もキューバやドミニカ系ならヒスパニックになります(自己申告制)・・・自己申告とは凄いと言うか、おおざっぱと言うか。アメリカらしい。

1848年メキシコ領(ニューメキシコ、アリゾナ、カリフォルニアが)米国領となったときに米国市民として残塁した人々の子孫や移民のスペイン人が好む表現(ネット記事)。

国民は一日も早く将来像を示すことが今の政治に求められている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

へぼ釣り師石狩新港「樽川埠頭」を行く

今朝の日の出は何故か小さく写ってる。実物は大きく真っ赤な太陽なんですが、何度写してもこんな感じ。

Nec_0143_2 

朝方は、風穏やかでしたが、次第に強くなり突風、ひきが分からない状態。竿を上げて見たらこんな感じ(笑)。

Nec_0139_3 

クロガシラカレイは25センチ2匹、31センチ2匹、ウグイが2匹。

釣り師の感動は竿先がピクッと動く瞬間と、強烈な引きにあるのですが、今日はその一つがなし、なんか気の抜けた釣りになってしまいました。

GWとあって釣り場は大変な混みようでしたが、強風のためお昼頃には殆ど帰って行きました。

よせば良いのに強風に負けてなるものかと果敢に挑戦しましたが、風の祟りか竿を折ってしまいました。

5本つなぎの先端と次の1本が海の中、捨ててもいいが悩んだ末修理に出す予定。

これでまた小遣いが減るwobbly

Nec_0140_2 

今日の我が家の花はカタクリ

Nec_0138_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

北朝鮮地獄の政治犯収容所・・・セックスの実態

龍坪収容所(ヨンビヨン)は治安隊、地主、反革命、反動分子やその家族も収容し生きて帰れないと言われていた。山の峰伝いに鉄条網は張りめぐらされ、その下に木のヤリが突き出た落とし穴があった。

落ちたら満身創痍になりとうてい引き上げることができなかった。その人間の死体を覗き見ることができるという。

女の子は小さいころから収容されていたものは、物心ついたころから保衛員の女にされ、セックス以外は食堂でこき使われていた。

カンボジアの幼女売春と同じくらいの年齢(10歳前後)かも。

世間をしらないことから、男に呼ばれると裸になるのが当然のように誰かれとなく服を脱ぐ。そんな姿を見て、自分「姜哲煥」の妹も何れそのようになるのかと不安でたまらない。

収容所では男と女の関係は厳しく監視されもし、セックスがばれると半殺しにされる。それでも若い者同士はその危険を冒し、やるものがいる。

もし、妊娠がわかれば、女は過酷な労働に回され、お腹などを蹴られ流産させられる。8か月後に発覚せれば、強制的に腹を裂かれる。

これは、今でも行われているもよう。

姜哲煥・安赫「北朝鮮脱出」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

官房機密費って官房長官のお小遣いですか?

5月1日付けの北海道新聞朝刊に機密費について、小渕内閣で官房長官を務めた自民党の野中広務元幹事長は30日、長官在在中に内閣官房機密費を1カ月に多い時で7千万円、少なくても5千万円使っていたことを明らかにした。

内訳は、月々、首相に1千万円、自民党国対委員長や参院幹事長に各500万円程度のほか、政治詳論家や野党議員らにも配っていたと説明。

官房機密費は毎年10億円以上計上されているが、官房長官経験者が詳細を明らかにしたのは極めて異例。

元政治家が小渕首相に自宅を新築したから3千万円ほどお祝いをと要求、野党議員からは北朝鮮へいくから官邸に挨拶いくと闇に要求。

野中氏は前任の官房長官からの引き継ぎ簿に詳論家らの名前が記載され、ここはこれだけ持っていけと書いてあった。持っていって返してきたのは

ジャーナリストの田原総一郎だけであった。と証言。

田原総一郎は「朝までなまテレビ」に出て自分の意見を言い放題、司会者としての中立を無視、それに右翼とのいさかいがあったことしか記憶にありませんが、こんな立派な人だったんですか、いがいな感じがします。

これははっきり言ってカネのバラマキ、これこそ仕分け作業の大きな課題、早速取り上げて、子供手当の一部にしなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

週刊誌を読んで「堺屋太一」

今朝、チラシを眺めていたら1290円のジーンズ。

週刊誌「週刊現代」に堺屋太一の記事が載っていました。それによると中国で同じ製品は日本向け卸値が20元(280円)、中国向けが40元、アメリカ向けは100元だそうです。

その商品が1290円なんでしょうね。

中国用と日本向けの商品比較したところ、値段相応で日本向けは縫い目は粗く粗末、中国人はこんな粗悪品みたいなものは買わないとか、買うのは日本人しかいないと言っている。

今、中国は貯蓄率50%で万国博覧会が終われば消費が拡大され貯蓄率は30%に落ちるだろといわれている。

中国景気は日本のバブルがはじける前ににていて、そのバブルがはじけたら日本経済に与える打撃はリーマン・ショック以上と堺屋さんは予想しています。

国債発行残高が600兆円に膨らんでいるのに円が暴落しないのは、国債は、ほぼ国内で消化されているからで、消化できなくなれば一気に円が暴落し、深刻な経済不安が発生し、このままでは日本は終わると警告しています。

リーマン・ショックからいち早く立ち直った中国、まだモタモタしてる日本。

中国からの輸入はアメリカを抜いて1位、こんな状況のなかでバブルがはずけたらと思えばそら恐ろしい気がします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »