« トイレマークのいろいろ | トップページ | 官房機密費って官房長官のお小遣いですか? »

2010年5月 1日 (土)

週刊誌を読んで「堺屋太一」

今朝、チラシを眺めていたら1290円のジーンズ。

週刊誌「週刊現代」に堺屋太一の記事が載っていました。それによると中国で同じ製品は日本向け卸値が20元(280円)、中国向けが40元、アメリカ向けは100元だそうです。

その商品が1290円なんでしょうね。

中国用と日本向けの商品比較したところ、値段相応で日本向けは縫い目は粗く粗末、中国人はこんな粗悪品みたいなものは買わないとか、買うのは日本人しかいないと言っている。

今、中国は貯蓄率50%で万国博覧会が終われば消費が拡大され貯蓄率は30%に落ちるだろといわれている。

中国景気は日本のバブルがはじける前ににていて、そのバブルがはじけたら日本経済に与える打撃はリーマン・ショック以上と堺屋さんは予想しています。

国債発行残高が600兆円に膨らんでいるのに円が暴落しないのは、国債は、ほぼ国内で消化されているからで、消化できなくなれば一気に円が暴落し、深刻な経済不安が発生し、このままでは日本は終わると警告しています。

リーマン・ショックからいち早く立ち直った中国、まだモタモタしてる日本。

中国からの輸入はアメリカを抜いて1位、こんな状況のなかでバブルがはずけたらと思えばそら恐ろしい気がします

|

« トイレマークのいろいろ | トップページ | 官房機密費って官房長官のお小遣いですか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/48213542

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊誌を読んで「堺屋太一」:

« トイレマークのいろいろ | トップページ | 官房機密費って官房長官のお小遣いですか? »