« ちんぽこのはなし | トップページ | 尖閣諸島問題・ダラシナイ日本政府、毅然とした態度を取れ »

2010年9月26日 (日)

最高検の捜査はあやふやにななってきた。

前田恒彦容疑者にデータ書き換えの経過を報告書にまとめさせながら、大阪地検の小林検事正に提出していなかったことが25日検察関係者の取材でわかった。とさ(笑)。

こんな結果になることは初めから分かっていたストーリ。

自分達の組織を自分達で裁くのですから、出血は少なめに・・・この人達ならなんとでも報告できる。

実はこんな情景が目に浮かぶ。

報告ルート(赤の部分は報告されたと言い張ってる)

「特捜部」前田容疑者→佐賀副部長→大坪部長

     

「大阪地検」玉井次席検事→小林検事正

     

「大阪高検」榊原一夫刑事部長→次席検事→検事長

ここで大阪地検を指導する立場の大阪高検の榊原刑事部長まで報告が上がっていたのに大阪地検の小林検事正に報告書を提出していないなんて、ウソもホドホドにしてくだされ。

玉井次席検事から報告書が上がってきたのは確かだと思う。ここで小林検事正はことの問題の大きさに驚き、自分は見なかったことにして、報告書にハンコをおさなかった。ハイ!これが正解。

また大阪高検も榊原刑事部長が自分のところで止めたことは考えられない。

ことの重大さは十分に把握していたはず。

もちろん大阪高検の次席検事や検事長まで報告書はあがったはず。

それをウヤムヤにするのがあの方達の手法。

シッポだけ切って、すべて万々歳!

捜査に学識経験者などが入っていないのがミソ(笑)

こんな組織は解体しなくてはダメです。

参考資料

北海道新聞

|

« ちんぽこのはなし | トップページ | 尖閣諸島問題・ダラシナイ日本政府、毅然とした態度を取れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49558987

この記事へのトラックバック一覧です: 最高検の捜査はあやふやにななってきた。:

« ちんぽこのはなし | トップページ | 尖閣諸島問題・ダラシナイ日本政府、毅然とした態度を取れ »