« 前代未聞の特捜犯罪 | トップページ | ちんぽこのはなし »

2010年9月24日 (金)

証拠品改ざんは大阪高検幹部も把握

大阪地検特捜部の主任検事による隠ぺい工作は、上級庁の大阪高検幹部も把握していた。

不正の状況を把握していながら無視していたことは重大な過失である。

このようなことは当たり前のこととして処理されてきたのかも。

だから誰も問題として取り上げることもなかった。

そもそも、大阪地検特捜部の関係者10人の内9人が異動させられ、残ったのは前田容疑者だけ、それも捜査から外された。

この時点で隠ぺい工作は着々と進んでいたのだ。

上部の御方は保身のため、国民を無視、愚弄した行為は絶対許してはならない。

特捜部はどこも疑って思うようになった。

改ざんの報告の流れ

(大阪高検)検事長

(大阪高検)次席検事

(大阪高検)刑事部長

     ↑

(大阪地検)検事正

(大阪地検)次席検事「公判に影響せず問題ない」

     ↑

(特捜部)部長「自分が改ざんにかかわったわけでない」

     ↑

(特捜部)副部長「前田容疑者から故意でなく誤って書き換えたと聞いた」

     ↑

(特捜部)前田容疑者「故意ではない」

もう解体しか国民は納得しない。

|

« 前代未聞の特捜犯罪 | トップページ | ちんぽこのはなし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49540940

この記事へのトラックバック一覧です: 証拠品改ざんは大阪高検幹部も把握:

« 前代未聞の特捜犯罪 | トップページ | ちんぽこのはなし »