« ボロアパート時代・・・汚いはなし | トップページ | 死刑のいろいろ »

2010年9月11日 (土)

札幌市新川緑地水没

先月24日未明の大雨で中心部を流れる新川が増水し遊歩道が水没したケイセキがあったことから手稲区役所へ水没の現実を把握しているか等諸問題点を問い合わせ、改善を申し入れた。

9月10日解決したので、手稲区役所との交信内容を掲示する。

下記は札幌市手稲区役所と私のメール交信内容

8月25日・・・私のメール

新川緑地を散歩している者です。

今朝(8月25日)散歩、緑地の一部の遊歩道が昨日の雨で水没した形跡がありました。

そこで質問です。

遊歩道が水没した場合市民にどんな注意を喚起しているのか、それに水没した場合の危機管理の規約はあるのですか?教えてください。

先日も日高方面で鉄砲水に襲われ3名が亡くなった事故があったばかし。

この緑地は散歩してる市民は多いのでとても心配。

それに遊歩道緑地に野宿している人もいました、今日は見ませんでした。
遊歩道まで水があがるということは水位計からみて1.5mくらい増水したもよう。

遊歩道が水没したと判断した理由

①遊歩道に沢山の小魚の死骸あり。生きているものもあった。

②水が引くときのゴミが規則ただしくのこっていた。

①、②の写真あり。

以上のことから今回緑地の遊歩道の一部が水没した現実を把握していますか?

市民の安全を確保する行動をとりましたか?

もう一つ、市内や山間部に降った雨量によりどれだけ新川の水位が上がるかこまかく時間的な分析していますか?

8月26日・・・札幌市手稲区役所のメール

○○ 様

手稲区総務企画課 ○○と申します。

日頃より市政に関するご意見、ご理解を賜りまして

誠にありがとうございます。

現在、お問い合わせいただいた件について、

市役所関係部所等と連絡を取っているところでございます。

そこで、○○様からのメールに、「①、②の写真あり」とありますが、

メールに写真データを添付し、お送りいただくことは可能でしょうか?

可能であれば送っていただきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

8月27日・・・私のメール

この現場は天狗橋を基準にして小樽方向へ500mぐらい行った所にもう一つ橋がある(橋の名前はわかりません)。

その橋から小樽方向へ1kmくらいにわたり小魚の死がいが散乱していた。なかには生きているものもあった。

Nec_0073

Nec_0074

Nec_0076_2

Nec_0078      

写真で背中を見せている魚は生きていた。小魚はよく観察しませんでしたが、ウグイのようです。

この遊歩道は手稲高校側です。

ゴミの状態は写真のように線状にいたるところに存在していた。

当日は死んだ小魚をカラスが食べていたが、今日(27日)もまだいくらか残っていた。

○○ 様・・・札幌市手稲区役所のメール

手稲区総務企画課○○と申します。

データを送っていただきまして、誠にありがとうございます。

データをいただいてから早速、市の関係部署に送付いたしました。

ご意見いただきました件につきまして、

関係各所との調整を行った後、

○○様に回答させていただこうと考えております。

お返事が遅れており、申し訳ありません。

来週にあらためて回答ができればと考えております。

どうぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

9月3日・・・札幌市手稲区役所のメール

○○ 様
手稲区総務企画課 ○○と申します。

先日お問い合わせいただきました件について、
所管しております、札幌市危機管理対策室からの回答を
以下に添付してご報告いたします。

新川は北海道(札幌建設管理部)が管理をしています。パトロールについては、新川の水位状況を見ながら、北海道でパトロールをしているとのことです。また、掲示板等を使用し、警戒情報を流しているとのことです。
札幌市では、北海道から提供される、危険が予想される水位を超えた情報を得た場合に、避難勧告や避難指示を発令し、テレビ、ラジオ、インターネット、広報車等を通じて伝達いたします。
札幌市では、8月24日の大雨に伴う新川に関する情報を北海道から提供されていないため、避難勧告や避難指示を発令していません。

9月3日・・・私のメール

新川は北海道管理だということは私も把握しています。
私が言っていることは、新川のフツにある遊歩道です。ここは札幌市の管理地。
もし、この札幌市の管理地で水害による犠牲者が出ても、北海道から情報がないから責任ないということですね。
この場合北海道の責任と理解していいのですか?
今回は遊歩道の一部が水没したことは確かな事、この事実から目をそらすことは無責任。
問題点を整理してみますと、遊歩道の一部が水没しても、危険範囲にはいらないようですね。
北海道の危機管理の重点は新川の増水が住宅地に流れ込むことに重点を置いているはず。
遊歩道は眼中にない、そこが危険の盲点。
増水の危険は一気にくることがある。
遊歩道が新川の増水の影響を受けだしたら、遊歩道にいる人達に避難勧告しべきです。

9月3日・・・札幌市手稲区役所のメール

○○ 様
手稲区総務企画課 ○○と申します。

返信いただきましたご意見について、
いただいてから関係各所にメールを転送いたしました。
○○様には改めてご回答をさせていただきたいと考えており、
各所管の調整が済みしだい、来週には再度返答させていただきたいと考えております。
度々お返事が遅れまして大変申し訳ありません。
今一度、お時間をいただきたいと思います。
どうぞご理解くださいますよう、お願いいたします。

9月10日・・・札幌市手稲区役所のメール

○○ 様

手稲区総務企画課 ○○と申します。

先日ご意見いただきました件につきまして、
所管部所からの回答を以下に添付してご報告いたします。
遅くなりまして、大変申し訳ありませんでした。

新川緑地における利用者安全確保について
新川緑地については、造成工事の際、河川管理者(北海道)と「維持管理に関する協定」を締結しております。

公園管理者である札幌市は、協定に基づき、公園区域が河川区域に存していることを利用者に周知させるなど、利用者の安全確保に努める必要があります。よって公園区域内に注意喚起の看板等を設置し、安全確保に努めていきます。

【担当】
手稲区土木部、北区土木部、西区土木部

9月10日・・・私のメール

了解しました。
お忙しいなか御苦労さまでした。

|

« ボロアパート時代・・・汚いはなし | トップページ | 死刑のいろいろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49278406

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市新川緑地水没:

« ボロアパート時代・・・汚いはなし | トップページ | 死刑のいろいろ »