« ニワトリをギロチン処刑 | トップページ | おらが村の米軍演習場 »

2010年9月14日 (火)

青春時代・貧乏生活脱出記

長く続いた貧乏生活にお別れをする時がきた。

ボロアパートから高級住宅街のマンションへ

この高級住宅街は札幌でも有名な宮の森地区。

あの有名な、70m級宮の森ジャンプ台、札幌冬季オリンピックで金、銀、銅を独占したジャンプ台、それに大倉山ジャンプ台があるところ。

ところがこのマンションはマージャンや飲み友達のたまり場。

酒びんがあっちこっちに転がり足の踏み場まない有様、こんな汚い部屋ですが、時々会社の若い子がキテ掃除してくれていた。

ワシは野球部員であったから女の子には人気があったのだ(笑)。

先輩は北海道大会を制して神宮大会に出場した経歴がある。

その当時の投手は中日からスカウトされたが・・・本人は会社に残った。

我々の時代は弱小チームで札幌地区大会でも2,3勝すれば良い方でした。

私が帰宅するのはいつも9時過ぎですが、誰か必ず寝ている。

金曜日ともなれば大変な混雑。

それに、居候が一人いたので誰の部屋か分からない状態。

この仲間に有名な志古呂窯の伊勢幸弘がいた。

大先輩であるとともに師でもある。

彼は芸大出身のエリートだが、マージャンが好き、でも勝った試しがない。

彼のお陰で私は車のローンは払っていた。

|

« ニワトリをギロチン処刑 | トップページ | おらが村の米軍演習場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49408922

この記事へのトラックバック一覧です: 青春時代・貧乏生活脱出記:

« ニワトリをギロチン処刑 | トップページ | おらが村の米軍演習場 »