« 札幌市新川緑地水没 | トップページ | ニワトリをギロチン処刑 »

2010年9月12日 (日)

死刑のいろいろ

先日の新聞にイランの石打ち刑について載っていた。

イランはイスラム法により女性は婚外男性と関係を持つことは許されていない。

女性は結婚するまで処女でなければならない。

もし、これに違反すると石打ち刑で死刑になる。

女性は胸まで、男性は腰まで地中に埋められ、死ぬまで石を投げつけられる。

なんと、惨いことを・・・

未婚の女性が上記以外の罪で死刑の判決を受けた場合、処女は死刑にできない。

しかし、処刑されるのである。

処刑前夜に看守により無理やり処女を奪われる。これで法をおかすことなく処刑される。

本人も処女を奪われることは死刑を意味することから必死に抵抗するが、死刑を免れたものはいない。

日本でも最近死刑が執行されたが、日本は絞首刑、5秒ぐらいで意識はなくなる。

死刑の方法として他に、斬首刑、イスラム諸国、3秒ぐらいで意識はなくなる。

薬物注射は米国15秒ぐらいで意識はなくなる。

17回の注射をうったが、うまく静脈に入らず、死刑を免れた死刑囚もいた。

米国は他に電気椅子がある。これは直ぐに死なないので衰退している。

ウォーキングプランク、これは体の自由を奪ってサメのいる海のど真中に突き落とす。

死刑は廃止されている国も多いが、さて、あなたの良否の判定は?

|

« 札幌市新川緑地水没 | トップページ | ニワトリをギロチン処刑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49400497

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑のいろいろ:

« 札幌市新川緑地水没 | トップページ | ニワトリをギロチン処刑 »