« 膀胱がん検査・・・究極の苦しみ | トップページ | 平成22年度手稲神社秋季例大祭 »

2010年9月21日 (火)

木綿豆腐と絹豆腐

パソコン「niftyココロム」から投稿のため、携帯では画像が観えないかもしれません・・・申し訳ありません。

私は毎日晩酌をする。飲むのはビールをメーンにし焼酎、日本酒、ウイスキーのどちらか。

Nec_0071

量はそんなに飲みません。缶ビール1本と上記のどれかコップ1杯(水わり)。

酒の肴は豆腐が主、豆腐は木綿と絹ごしがあるがどちらかと言えば木綿が好き。

ところで、木綿豆腐と絹豆腐の違いは分かりますか?

これは製造工程で違う。

工程の最後に豆乳を型箱に入れて固め、あの四角な豆腐が出来る。

この型箱が木綿と絹で違う。

木綿はたくさん穴のあいた型箱を使う。この型箱に布を敷き豆乳を流し込む、その上に重しをのせて水分を外に流す。

Nec_0069

木綿豆腐のあの布目は型箱に敷く布の目がついたもの。

絹ごしは穴の開いていない型箱に濃いめの豆乳を流し込み、そのまま固める。

Nec_0070

布を敷かないため、なめらかな舌ざわりの豆腐ができる。

何故、知ってるかって!

中学生のころ担任の先生の実家が豆腐屋さん。

いつもおからを洗面器いっぱい貰っていた。

その頃痩せてしょろしょろしていたから、先生は毎日おから食えといっていた。

おからは栄養分を搾ったカス、いくら食っても太らない。

貰わないと悪いので、貰ってはニワトリのエサにしていた。

|

« 膀胱がん検査・・・究極の苦しみ | トップページ | 平成22年度手稲神社秋季例大祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/48908907

この記事へのトラックバック一覧です: 木綿豆腐と絹豆腐:

« 膀胱がん検査・・・究極の苦しみ | トップページ | 平成22年度手稲神社秋季例大祭 »