« 宇宙人襲来か! | トップページ | 尖閣諸島のビデオ国会提出 »

2010年10月27日 (水)

群馬の小6女児自殺

群馬県桐生市新里町で市立新里小学校6年、上村明子さん(12)が23日自宅で首をつって自殺しているのが見つかった。

父親、竜二さんは「クラスでいじめがあり、学校にも相談していた」と訴えたいる。

岸洋一校長は(59)25日夜の会見で「声をかけるなどしていたが、いじめの対象と言う認識はなかった」と話していた。

明子さんは給食は5人の仲間同士で食べていたが、9月の運動会後1人で食べることが目立つようになった。

9月まで長期の欠席はなかったが、10月は病気などで5日間欠席。

21日の郊外学習で同級生から「こんなときだけ来るのか」などといわれた。

他に「近寄るなとか、臭い」などと言われていたと言う。

父親は学校に相談するなどSOSのシグナルを送っていたのに学校側は何も感じていなかったとは無責任。

このような事件は度々おこるが、学校側はいつもイジメは把握していなかったとバカの一つ覚えのような談話を発表して、イジメの問題はウヤムヤに処理。

イジメの問題は担任の先生が一番責任がある、子供たちの雰囲気から察しがつくはず。

担任の先生はその教室の責任者。幼い命を失ったのですから責任をとるべきである。勿論、校長先生も同罪。

教育者の資格はない。

このような事件をなくすためにも教育者の責任を明確にし、厳しい処罰をすべきである。

子供の命は国の宝。

今回の担任の先生や校長先生より貴重な宝です。

|

« 宇宙人襲来か! | トップページ | 尖閣諸島のビデオ国会提出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

民主主義の醜い部分を削ぎ落とさないままの教育が
私欲第一の個人主義を育てた日本の教育がいけないと思います。
昔のように子供の時だけは先生が賢明な級長を選ぶようにしなければならないと思います。

投稿: 太郎 | 2010年10月31日 (日) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49853298

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬の小6女児自殺:

« 宇宙人襲来か! | トップページ | 尖閣諸島のビデオ国会提出 »