« 裏山 | トップページ | サクラつづみ公園に咲く花 »

2010年10月11日 (月)

ノーベル平和賞劉暁波授与

ノーベル賞受賞で国中、お祝い気分の日本。お隣の中国では一党独裁の恐ろしい現実を世界中にばらまいている。

ノーベル賞授与の栄誉は国民皆で喜ぶもの、ところが中国では情報統制が厳しく授与されたことは国民は案外知られていない。

中国政府は犯罪者に授与はおかしいと抗議している、

そもそも、劉氏が中国共産党の一党独裁の廃止を求める「08憲章」を仲間と起草しインターネット上に発表したことにある。

劉氏は08憲章発表まえに次のように語っている。

言論封鎖社会で政府系メディアは言論を誤った方向に導き、真相をかくしている。

このことが国家政権転覆動罪で懲役11年の判決。

このような発表だけで長期の刑、民主主義の国では考えられない、余りにも不当な扱いである。

さらに恐ろしいことに08憲章に関係ない、妻も監視がつき家から出る自由を束縛されている。ミャンマーの軍事政権となんらかわることはない。

ノーベル賞委員会は受賞理由で「大国になった中国は(基本的人権の分野で)さらなる責任を果たす必要がある」と指摘。

中国に民主化と人権擁護を強く迫った形だ。

これに対し中国外務省の馬朝旭報道局長は8日劉氏の受賞について談話を発表。

劉氏は中国の司法機関が懲役刑に処した犯罪者。受賞は平和賞に対する侮辱だと強く抗議した。

賞の授与は両国関係に損害をもたらすだろうと、対抗処置の実行を示唆した。

またも、日本を脅かした卑怯な手法を発表。

尖閣諸島問題で国際社会は中国への警戒感が強まったが、今回の劉氏の受賞に対する中国当局の対応は、中国の特異性をいっそう際立たせた。

ノルウェーのストーレ外相は中国がノルウェーへの対抗処置をとる理由はどこにもない、とれば中国の評判に悪影響をもたるすだろうと発表。

参考資料

北海道新聞

|

« 裏山 | トップページ | サクラつづみ公園に咲く花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49694615

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル平和賞劉暁波授与:

« 裏山 | トップページ | サクラつづみ公園に咲く花 »