« 新川河口へウオーク32km | トップページ | 小樽内橋 »

2010年10月 7日 (木)

小沢氏強制起訴された

小沢元幹事長の資金管理団体(陸山会)による土地購入をめぐる事件。

岩手県の丹沢ダムの下請け工事を請け負っていた中堅の建設会社(兵庫県、宮本組と東京都の山崎建設)からダム建設をめぐる資金が土地購入資金の一部に充てられていた疑いがもたれている。

小沢さんは自分のカネで購入したと言うが、銀行から4億円の融資をうけていた。

自分のカネで購入したなら融資を受ける必要はない。しかも4億円の利子450万円も払って。

それに、450万円もの金利負担を伴う4億円もの債務負担行為の趣旨、目的を理解しないまま、その融資申込書や約束手形に署名・押印した点は不合理・不自然である(東京第5検察審査会)

石川さんは購入資金は小沢さんから借りたもので建設会社からはカネを受け取っていないと否定。

10年1月19日ニュース報道されたが段ボール箱を簡単に手渡ししている。普通に詰めている段ボール箱の重さを知っていれば疑問に思う。

台車で運ぶ重さである。

揺らぐ検察

もしも小沢さんが有罪になったら、今までの検察の権威は揺らぐ。過去の判決にも疑いが残る。

小沢さんは国会証人喚問に出席し、国民に分かりやすく説明しべきである。

この問題をクリヤしないと政治生命は危うくなる。

|

« 新川河口へウオーク32km | トップページ | 小樽内橋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49663941

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏強制起訴された:

« 新川河口へウオーク32km | トップページ | 小樽内橋 »