« わが故郷「沼の岱」・・・② | トップページ | へぼ釣り師「石狩新港樽川埠頭」を行く »

2010年11月 2日 (火)

わが故郷「志苔館(しのりだて)」・・・③

海岸線を恵山方面に向かう途中に志海苔町(しのり)がある、ここに 志苔館がある。歴史的に重要な史跡であるが、知っている人はそんなにいない。

志苔館は城でなく館である。

戦国時代にも館の主が大勢の家来を連れて有利な戦いをしている方に味方し、土地などの分け前にあずかっていた。

Nec_0111_2 

Nec_0132_2

函館山の左前方に見えるのは青森県

Nec_0143_2 

ここに志苔館が出来たのは、

康正2年(1458年)、志苔付近にて蝦夷(アイヌ)の隆起あり、初代の館主小林太郎左衛門尉良景は戦死した、後にその息男小林弥太郎良定が継いだ。

この頃は戦国時代で織田信長、武田信玄、今川義元が川中島の戦いや桶狭間の戦いで、日本は隣村との戦いに明け暮れていた。

これより少し後(1596年)、福山の住人、八木勘右衛門がオタルナイ(小樽市)に入り、和人として初めて漁業を営むが、やはりここでもアイヌとの戦いがあった。

その後再び永久9年(1512年)館主小林次郎李景は蝦夷の闘いで戦死した。館は陥落し廃墟となった。

Nec_0141

郭外遺構

郭外には、主に外敵からの防衛を目的とした壕、土塁、門、柵、それに橋が配置されていた。壕は土塁の四方に巡らされている。

Nec_0133_2

Nec_0135

Nec_0120

館の開口部に当たる西側には、二重の壕が掘られ、北、東、南側は自然の沢を利用して壕としていた。

土塁は長方形で高さ4ないし5m、幅15ないし20mである。

東北隅には井戸跡もある。

Nec_0125_2

志苔古銭

古銭は1・2号甕に37万7,449枚、3号甕に6万6,987枚、合計37万4,000枚以上あったが、発見の際の散逸を合わせると推定45万枚から50万枚はあったであろう。

銭種は94種類で不明銭が1万枚以上あるが、最も多いのが北宋銭で88.1パーセントを占めている。

古い年代の銭貸名としては前漢の四銖(しゅ)半両、五銖、新の貨泉、唐の開元通宝、乾元重宝で、日本の皇朝銭が12種の中の8種あり、和銅開弥(飛鳥)、万年通宝(奈良)、神功開宝(奈良)、隆平永宝(平安)、富寿神宝(平安)、承和昌宝(平安)、貞観永宝(平安)、延喜通宝(平安)と、飛鳥から平安のものが含まれている。

T103092

志苔館は何もないところですが、函館に来たときは是非見学して欲しい。

|

« わが故郷「沼の岱」・・・② | トップページ | へぼ釣り師「石狩新港樽川埠頭」を行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49786659

この記事へのトラックバック一覧です: わが故郷「志苔館(しのりだて)」・・・③:

« わが故郷「沼の岱」・・・② | トップページ | へぼ釣り師「石狩新港樽川埠頭」を行く »