« わが故郷「松倉川」・・・① | トップページ | わが故郷「志苔館(しのりだて)」・・・③ »

2010年11月 1日 (月)

わが故郷「沼の岱」・・・②

上湯川町のダルマ大師のY型の交差点を左折すると鱒川町、寅沢町、三森町を通り茅部町にぬける砂利道の林道がある。

沼の岱は鱒川町の外れ、寅沢町に入ると左側に抜ける道路があり、直ぐ松倉川に突き当たる。立派な橋はかかっているが、通行止め。

Nec_0155_2 

松倉川上流

Nec_0151_2

松倉川河口、太平洋に流れ込む。

Nec_0187_2 

沼の岱周辺は数十年前、別荘地として売り込む企業があり、道路を造り、山林を伐採しだしたところで、道議会で自然破壊と問題視され、工事は中止された。

Nec_0147

現在は道路も破壊が進み、自然に戻りつつある。この辺りはクマの宝庫、カサッと草が揺れる音がするだけで、ビビる(笑)。

Nec_0159_2

途中ハチの巣を発見、ここをすばやく通り過ぎる。

Nec_0163_2

クマが出た!と、よく見たらお馬さん。あんたアホか、と、うすら笑いしていた。

Nec_0152

沼の岱が見えてきた。人の目にふれることは殆どない神秘的な、閉ざされた沼であるが、時々勇気ある者がきて釣りをする(私は多分しない、対岸にクマが現れることもあるとか)。

Nec_0165_2

どんな魚が生息しているかは定かでないが、とんでもない大きな鯉がいるらしい。小さい頃鯉のヌシが住んでいると脅かされた。

私の生家から4キロ位の所にある沼だが、今回で2度目。部落民は殆ど行かない。ヌシ伝説が今でもいきている。

Nec_0166

魚釣り場があった。だれがこんなものを作ったか、鉄部分は錆びついていた。

Nec_0168

草むらに放置されたテーブルと椅子、この山奥に誰か住んでいたのかも?

Nec_0170_2

遥か向こうに三森山が見える。

Nec_0173

放置されたログハウスの木材

Nec_0176

鹿の足跡

Nec_0175_2 

今回は5年ぶりで訪れてみたが、人の足跡もない大自然であったが、心ない人がいろんなものを捨てている。

次回はいつになるか分からないが、釣りをしてみたいが1人だと心細い、次回は鉄砲を持ったヤツを連れて来たい。

|

« わが故郷「松倉川」・・・① | トップページ | わが故郷「志苔館(しのりだて)」・・・③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。沼の岱なつかしいです。30年前の景色がよみがえりました。父親が鉄柵の鍵を借りて車で沼まで行って釣りしてたな~~

ちなみに実家のお寺は湯川寺(とうせんじ)ですか? 水仏をよく配っていたものですから。

投稿: ncaa4900 | 2012年7月 8日 (日) 20時13分

ncaa4900 さんコメント頂き有難うございます。
実家は農家でしたが、すでに廃業し何十年も過ぎました。実家は誰も住んでいませんが、未だに潰れることはなく、1年に何度か遊んできます。
上湯の川に住んでおられる方ですか?
沼の岱は少年の頃の思い出が詰まった場所です。

投稿: ぽん | 2012年7月 9日 (月) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49807307

この記事へのトラックバック一覧です: わが故郷「沼の岱」・・・②:

« わが故郷「松倉川」・・・① | トップページ | わが故郷「志苔館(しのりだて)」・・・③ »