« 朝食 | トップページ | 賞味期限過ぎても食べる »

2010年11月12日 (金)

こら!あまえらは何やってるか!

尖閣ビデオ流出

立正大講師 桂敬一氏

「政府は大きな筋を読み違え、犯人探しをして問題をこじらせている。流出した映像を見ると、中国漁船の方が海上保安庁の巡視船にぶつけてきたのがわかる。公開しても国民の利益が損なわれるようなものでない。

今からでも公開すべきだ。中国に渡せばよい。全部見せて、なぜこんなことがおきるかを考えるべきだ。

政府は刑事事件の証拠だから出せないというが、中国漁船の船長は既に釈放している。裁判ができないのであるから、理屈にならない。

沖縄密約事件もそうであったが、明らかにしたのが社会的には正しいということになる可能性もあると思う。

巡視船と中国漁船の衝突は、根本的には領土問題がある。日本政府は尖閣諸島には領土問題はないという立場だが、現実にはあるわけだ。それをどうするか考えるべきだ。」

今日の朝刊、夕刊の記事によれば、政府は機密扱いというけれど、現実は機密性の高い保管方法でなかった。

石垣海上保安部では共有ホルダーにビデオを保存していたことが明らかになってきた。一般の会社でも日報などは共有ホルダーに保存し何処の課でもパスワードを入れて見れるようになっている。

機密に属するビデオがなぜ共有ホルダーに保存していたのか、それも最近になって共有ホルダーから抜いたらしい。政府の危機管理はいったいどうなっているのか、流出させた保安官を捜査する以前の問題。

流出させた保安官を悪者扱いになっているが、問題をすり替えている。政府は捜査中の問題と国会答弁で喚いていたが、国民からしたらちやんちやら可笑しい。

日本領海内で巡視船が中国の漁船に攻撃され、巡視船は破損したのに、中国のヤクザの恫喝に恐れ、ろくに捜査もしないで釈放。この段階で裁判関係の問題は終わり。犯人を気前よく逃がしてやって。

ビデオを流出させたのはオマケのようなもので罪はなし。マスメディアもワァーワァー騒ぐな。

漁船はスパイ活動をしていたという噂がある。その関係の捜査をしたのか?漁船を見ても、普通の漁船に見えない。巡視船に衝突したにも関わらず、損傷は巡視船の方が大きいような気がした。普通の漁船なら大破に近い損傷。

衝突した瞬間煙を出して逃げる巡視船は情けない(笑)。

一説によれば、巡視船が命がけで逮捕した船長、船員を簡単に釈放してしまったことにたいし、現場に不満があったもよう。

何が捜査だ!アホ!捜査すればするほどボロが出る。

大阪地検の問題もふくめ法を守るべき部署の危機管理はいったいどうなっているのか、弱腰内閣しっかりしろ!

|

« 朝食 | トップページ | 賞味期限過ぎても食べる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/49999275

この記事へのトラックバック一覧です: こら!あまえらは何やってるか!:

« 朝食 | トップページ | 賞味期限過ぎても食べる »