« 深夜長距離運転 | トップページ | ヤクザ国家のアジア大会はポンコツ大会 »

2010年11月30日 (火)

女房退院

5月27日から約半年入院し治療してきたが、大分快復してきたので自宅療法に切り替えることにした。

5年前からある病気で入退院を繰り返す状況、今まで約870日間入院、今回一時的退院したが、今後も続くものと思われる。

自宅治療となれば、家族が大変です。一応歩行は介護なしで何とかなるがリハビリ―が必要。

散歩に連れ出し足腰を強化させる積りでいます。

炊事洗濯や買い物は出来ないので、娘の負担は増す一方。

風呂は介護なしでも入れるが監視が必要、転んだら自分で起きるのは至難な業、浴槽で転んだら危険だからね。

本人は退院し喜んでいる、家族全員でケアしていかなければならない。

家族も大変であるが、それより本人が一番大変だと思う。

|

« 深夜長距離運転 | トップページ | ヤクザ国家のアジア大会はポンコツ大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/50160269

この記事へのトラックバック一覧です: 女房退院:

« 深夜長距離運転 | トップページ | ヤクザ国家のアジア大会はポンコツ大会 »