« 石狩小樽間に謎の沼 | トップページ | TPP(環太平洋連携協定)北海道版 »

2010年12月 2日 (木)

私の釣った魚を食べない冷たい家族

私は釣りはキチの部類で日本海がメーンですが、太平洋側にも頻繁に顔を出している。

今年は14回の釣行ですでに1、062匹釣りあげている。

主な魚種はカレイ235匹、ホッケ57匹、チカ537匹等で変わったところではサメ3匹。

しかし、折角釣ってきた魚は家族(5人)は私以外誰も食べない。釣ってくる度に隣近所に差し上げるが、沢山上げると迷惑になるので手加減している。

冷凍庫は3台、冷蔵庫2台あるが冷凍庫は全て満杯、私は魚が好きですから一度に3匹は食べますが、3匹位だと焼き石に水、減っていかない。

問題は、何故家族が食べないかということ。市販の魚はよく食べている(笑)。

それには大きな問題があった。

数年前に遡るが、真冬の寒い日に石狩新港へ釣りに出かけた。当日は途中から猛吹雪になった。運悪く体調もすぐれず、下痢状態。

釣り人は2人だけ、心細いが吹雪の止むのを待っていた。

だが、下痢の方は待ったなし。

テトラの影で用を足したはいいが、猛吹雪のため、ウンコは飛び散り体中に付着(笑)

この時は、体に付着しているなど知る由もない。

釣り場に戻ったら、3本のサオ全てにお魚さんからアクセスあり。

次から次と釣りあげた。この時隣の釣り人が来て、お前なんか臭いな、と、いいライトで私の体を照らしていたが、直ぐヤツは自分の釣り場を私から離した。

もしかして、体に糞が附いているのかと思い、自分でもライトで点検。

なるほど、あっちこっち糞だらけ、釣った魚を見たら、若干ついていた。

釣りを諦め帰ることにした。

翌日、家族が大騒ぎ、なんかウンコ臭い!

犯人は魚だと直ぐわかり、こんなの捨てなさいと言いだした。

良く見れば、暗いところで見たのとは雲泥の差、糞壺から釣り上げたような魚達。

もったいないけれど、全部捨てた。

この事件があってから、私の釣ってきた魚は誰も食べてくれない(笑)。

|

« 石狩小樽間に謎の沼 | トップページ | TPP(環太平洋連携協定)北海道版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/50138506

この記事へのトラックバック一覧です: 私の釣った魚を食べない冷たい家族:

« 石狩小樽間に謎の沼 | トップページ | TPP(環太平洋連携協定)北海道版 »