« 迷惑施設とは | トップページ | 動物は何故口が長いか »

2011年1月30日 (日)

猛吹雪に突入

作業は予定より1日早く完了。もう一泊の予定でしたが28日早朝函館を出発。

天気予報は雪マーク。函館郊外を出たところで空模様が怪しくなってきた。

地吹雪が次第に酷く、視界は30m位

20110129_30 

森町に入り猛烈な吹雪。視界は5m位。一寸先は闇。右側は太平洋側、吹きさらしが強い

20110129_38 

20110129_39

このような状況は一番危険、止まると追突される。

もし、車道に停車しいる車を見つけた場合、フートブレーキ、エンジンブレーキ、ABSブレーキ(自動的に動作)を酷使し停止させる技術が必要。

車はオートマチック+マニュアル車なのでエンジンブレーキは数段階に切り替え可能。

ところが、こんな状況でも追い抜きするバカがいる。

この時、運転手が気を付けることは、後方車が追い抜きかけてきとき、スピードを緩め前方に入り込むスペースを作ってやること。さらに追い抜きかけた車がスリップすることも頭に入れ運転する。

私は、バックミラーで追い抜きをかける兆候を察したらブレーキ操作に気を配る。

このような道が100km位続き、静狩峠に入った。

峠は猛吹雪、写真撮りたかったが、そんな余裕はなかった。

一番の難所中山峠で一休み

20110129_49 

この頃天気は回復、札幌郊外に入った。ここが札幌かと誰もが思う。

斜面に雪がないのだ。

私の住んでいる手稲区は積雪60センチもあるのに。

20110129_51

20110129_52

翌日の朝刊にこんな記事が

20110129_53  

|

« 迷惑施設とは | トップページ | 動物は何故口が長いか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/50715584

この記事へのトラックバック一覧です: 猛吹雪に突入:

« 迷惑施設とは | トップページ | 動物は何故口が長いか »