« プロ野球選手の年棒 | トップページ | 猛吹雪に突入 »

2011年1月29日 (土)

迷惑施設とは

「迷惑施設」とは、原子力発電所や火葬場、ごみ処分施設などが代表的な例で、時には建設反対の住民運動にまで発展する。

ところが、とんでもないことが起きていた。

なんと、保育園の建設に対し、周辺住民の間で反対運動が起きていたのだ。

少子化時代を迎え、子供は次の世代を担う宝なのに、何を根拠にこんな浅はかな反対運動が起きたのだ。

聞くところによれば

①高い建物が出来たら日当たりが悪くなる

②子供たちの声がうるさい

③送迎の車による交通事故が心配だ、などがあがっている。

なんと情けない幼稚な話。反対する人達はお年寄りがほとんど。

沖縄の例をとっては沖縄の皆様に申し訳ありませんが、飛行機の轟音の中で何十年も生活しているんです。何が子供の声がうるさいだ!

反対するヤツは自己中心的な狭い視野で判断している。

その後、保育園側が建物の構造などを工夫努力した結果、近隣住民との話し合いがまとまったそうである。

子供の大きな声は元気な日本の証なのに困った爺さん、婆さんども。

大人の勝手で、子供達がすくすく育つ環境や権利を奪ってはならない。

|

« プロ野球選手の年棒 | トップページ | 猛吹雪に突入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/50630465

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑施設とは:

« プロ野球選手の年棒 | トップページ | 猛吹雪に突入 »