« あれ!眉毛がない | トップページ | 児童手当復活かも? »

2011年2月17日 (木)

大相撲八百長事件・・・(お気楽裁判官を騙した相撲協会の巻)

講談社は損害回復求め相撲協会に通知書

元横綱朝青龍らの八百長疑惑を報じた「週刊現代」の記事をめぐり、日本相撲協会などが2007年に提訴した複数の裁判で敗訴が確定している発行元の講談社は14日、記事の取り消し広告を掲載したことなどによる損害を回復するよう求める通告書を協会に送った。

届いた日から7日以内に文書による回答を求めており、誠意ある回答がない場合は、当時の北の湖理事長ら3人に対し、刑事告訴を含む断固たる法的処置を取ると述べている。

講談社は敗訴判決で協会に総額825万円の損害賠償を払っている。

通告書では「日本相撲協会は虚偽の事実の主張・立証を通じて裁判所をだまし誤信させて勝訴判決を勝ち取った。典型的な訴訟詐欺」などと指摘している。

2月16日北海道新聞朝刊より抜粋

*ここで裁判所をだましたとでている。だます方は頭脳明晰、だまされる方は、タダのアホ(笑)。

しかも、だまされ誤信までしている。こんな裁判官は左遷し窓際に座らせておけばよい。

|

« あれ!眉毛がない | トップページ | 児童手当復活かも? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/50888044

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲八百長事件・・・(お気楽裁判官を騙した相撲協会の巻):

« あれ!眉毛がない | トップページ | 児童手当復活かも? »