« 長いもと漂白剤 | トップページ | 詐欺にご用心 »

2011年2月11日 (金)

北方領土の日、2月7日に北方領土問題思う

北方4島とは?

A:歯舞群島(歯舞諸島)

B:色丹島

C:国後島

D:択捉島

Hoppo

歴史

1760年代

ロシア人イワン・チョールヌイが、択捉島でアイヌから毛布税をとりたてていたという記録が残っている。

1780年代

探検家の最上徳内が択捉島を訪れていた。この時代には3名のロシア人が択捉島に居住していた。アイヌのなかにロシア正教を信仰するものがいた。

1809年

間宮林蔵がシベリアと樺太が陸続きでないことを発見した(間宮海峡発見)

1855年

日本とロシア帝国は日露和親条約(下田条約)を結び、択捉島と得撫島(うるっぷとう)の間を国境線とした(北方4島は日本領)。

250pxkuriles_urup

1869年

日本は蝦夷地を北海道と改称。このとき国後島、択捉島、を「千島国」とし5郡を置いた

1875年

日本とロシアは樺太・千島交換条約を結ぶ「ロシア領だった千島諸島のグループを日本領とし、日本とロシアの共同統括としながらも、両国民の紛争が絶えなかった樺太をロシア領とした」・・・この条約はフランス語が成文であったので日本語訳が作られたが、この翻訳は不正確なものであった。

不正確な日本訳にもとづいて得撫島以北が千島列島であるとの解釈がなされたことがある。

条約締結後、当時の行政区分で「千島国」と定められていた国後島、択捉島に、得撫島以北を編入し、国後島から占守島までが千島国となった。(北方4島は日本領)

1890年

作家アントン・チェーホフが流刑地となっている、樺太を現地調査。現地の日本人とも交流、日本への渡航を試みたが失敗。後に報告記「サハリン島」執筆。

1904~05年

日露戦争終結後、ポーツマス条約により、ロシアは樺太の北緯50度以南の領土を永久に日本に譲渡する(国境標を建てた)。

1943年10月

モスクワにおいて米英ソ三国外相会談が開かれ(モスクワ会談)。この席で米国はソ連に対し南樺太、千島列島をソ連に与えれ見返りに対日参戦を求めた。

続いて、11月末、イランのテヘランにおいて米英ソ首脳会談が開かれる。この時も米国ルーズベルト大統領が南樺太・千島列島をソ連領とする見返りに。ドイツ降伏後の対日参戦を求めた。

1945年7月26日

ポツダム宣言

米英中が大日本帝国に対し無条件降伏を求めた。ソは後から加わり追認した。日本は無視したが、これを黙殺と海外で報道された。

1945年8月9日

ソ連参戦

1945年8月6日

広島へ原爆投下

1945年8月9日

長崎へ原爆投下

1945年9月2日

ポツダム宣言受託・マッカーサーは樺太・千島列島をソ連領とした。

ポツダム宣言

「カイロ」宣言の条項は履行されなければならず、また、日本国の主権は本州、北海道、九州、および四国ならびにわれらの決定する諸小島に限られなければならない

ポツダム宣言ではカイロ宣言を履行されなければならないとしている。カイロ宣言では南樺太・千島には言及されておらずポツダム宣言でも千島列島・南樺太に関する言及は無い。ただし、四国よりも大きい樺太が諸小島に含まれるとも解釈できない。宣言ではソ連への千島・南樺太の譲与にも言及がない。

1951年

サンフランシスコ講和条約で日本は千島列島を放棄する。平和条約国会で、政府は日本が放棄した千島列島の範囲に国後島、択捉島が含まれていると説明している。

以上が終戦直後の歴史である。

最近ロシアは、自国領と判断している根拠は、とくに終戦間際の米英ソの3国の首脳会談を重んじているような気がする。

問題点

①終戦間際まで北方領土は日本領であることは定かである。またポツダム宣言でも北方領土はふれていない。

②1943年11月の米英ソ首脳会談結果が大きなウエートを占めているようなきがする。(南樺太・千島列島をソ連領とする見返りに。ドイツ降伏後の対日参戦を求めた)

③サンフランシスコ講和条約で日本は千島列島を放棄する。政府は日本が放棄した千島列島の範囲に国後島、択捉島が含まれていると説明している。

この3点が北方領土問題のキーポイントになるのではない?

1956年

日ソ共同宣言

サンフランシスコ条約の起草国である米国、フランス、英国に対して同条約中、放棄した千島の範囲について問い合わせをした。米国は北方領土は常に日本の領土であったので、日本に主権があるとして認めなければならないと国務省の覚書として明文化された公式見解を示した。しかし、英国、フランスからは日本に好意的な回答は得られなかった。

感想

1945年7月26日のポツダム宣言を受け入れていたら、ソ連の参戦はなかった。たった1週間の参戦で南樺太や千島列島を我が手に入れたのですから政治的勝利と言うほかない。裏を返せば日本軍事政権の無能さが浮き彫りにした。

私は歴史的な北方問題は疎いので批判意見はお受けいたしますが、返答はしません。

|

« 長いもと漂白剤 | トップページ | 詐欺にご用心 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/50791164

この記事へのトラックバック一覧です: 北方領土の日、2月7日に北方領土問題思う:

« 長いもと漂白剤 | トップページ | 詐欺にご用心 »