« マグニチュード(M)8.8 | トップページ | 福島第1原発3号機が冷却機能喪失、160人被ばくか »

2011年3月13日 (日)

太平洋沿岸壊滅的被害・原子炉破壊か?

今回の大地震で近代未曾有の災害をもたらした東日本大震災。

被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。

世界歴代5位となるマグニチユード(M)8.8に襲われ、不幸に見舞われた皆様にはいろいろなかたちでご支援していきたいと思っています。

今回の災害で見逃してはならない事故かある。

それは、福島原子力発電所爆破事故である。

1号機燃料の一部が破損した可能性がある。テレビ画像で見る限り、噴煙があがる前にガスの放出らしい瞬間が見受けられた。

次に噴煙が1号機全体を覆い、天井が脱落したもよう。

このエネルギーで原子炉が破壊されていないのか、心配です。

原子炉の破壊となれば、ロシアの、チェルノブイリ原子力発電所の事故を彷彿させることになる。原子炉の構造は違うけれど、放射能放出には変わりがない。

新聞報道によると、12日午前11時20分には燃料棒は冷却水から90センチ出ていたという。

燃料棒は核分裂により高熱を発することから、冷却水からはみ出た部分は高熱になり破損する。

今回は原子炉格納器内の蒸気を外部に放出する予定であった。爆発はその前におきた可能性がある?

問題は、爆発によりどれだけの放射能が拡散されたのか。当初は10km以内の住民は避難されてようですが、次に20km以内の住民にまで拡大された。

これは、2号機も爆発の危険性をはらんでいる可能性がある。

原子炉が破壊された場合、修復は不可能に近い。

建物全体を密閉するしか手はないはずである。

その間、放射能は放出し放題、果たして国民の避難は20kmで安全なのか?

放射能を被ってからでは手遅れ。

ロシアのチェルノブイリの事故では国民の避難は10km(記憶は薄いが)。この時地域住民の殆どは放射能に汚染され、多数の犠牲者がでたのは記憶に新しい。

政府は専門家の意見をよく聞き、敏速な対応が必要である。

|

« マグニチュード(M)8.8 | トップページ | 福島第1原発3号機が冷却機能喪失、160人被ばくか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とある情報ではすでに手遅れらしいです。
情報が入ってる人はマスクなど買いだめし始めてますよ。半径700kmは広がるみたいです・・・

投稿: | 2011年3月13日 (日) 14時26分

情報有難うございます。

投稿: ぽん | 2011年3月13日 (日) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/51102021

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋沿岸壊滅的被害・原子炉破壊か?:

» 原発がどんなに恐ろしいものか知ってますか? [てんてん@のにっき]
一昔前、原子力発電所は、危険だということで叩かれたことがありますが、いつしか問題はもみ消され(?)とり正されなくなりました。でも、今回の原発爆発事故をきっかけにもう一度... [続きを読む]

受信: 2011年3月15日 (火) 09時06分

« マグニチュード(M)8.8 | トップページ | 福島第1原発3号機が冷却機能喪失、160人被ばくか »