« 計画停電の恐怖  高層ビル、タワーマンション | トップページ | 東電の女性新入社員mixiで「文句あるなら電気使うな »

2011年4月21日 (木)

福島県内13校の屋外活動制限

文部科学省は19日、原発事故を受けて福島県内の小中学校や幼稚園で屋外の放射線量が毎時3.8マイクロシーベルト以上となった13校について、校庭の活動を1日1時間程度に抑えるなど屋外を制限するよう同県に通知した。

活動制限の対象となったのは、福島第一原発の北西方向の福島、伊達両市と西に位置する郡山市の小学校6校、中学校4校、幼稚園・保育園計3園で、児童らの数は計3560人。

最も遠かったのが原発から64.3キロの福島小学校だった。

基準値の3.8マイクロシーベルトは、児童らが1日に屋外で8時間、屋内で16時間過ごすと仮定し、年間の積算放射線量が20ミリシーベルトに達するかを目安に算定、公表した。

身長を考慮して、中学校が地面から1m、その他は50センチでの放射線量で判定した。

通知では、3.8マイクロシーベルト以上となった学校では

①屋外活動後の手洗いやうがいをする。

②土や砂を口に入れないよう、幼稚園や保育園では砂場の利用を控えるなど注意する。

③登校時や帰宅時の靴の泥を落とす。などの点にも配慮するよう求めた。

3.8マイクロシーベルト未満であれば、校庭などを平常通り利用して問題ないとしたが、全体の放射線量が減少傾向にあるなどとして、これらの処置は夏休み終了までの暫定的な考え方とした。

また文化省は対象となった13校について、約1週間ごとに線量測定を実地し、数値の低下が確認されれば制限を解除するとした。

基準策定に当たって原子力安全委員会が行った助言に従い、福島県内の各校に線量計を配布、教職員に継続的に被曝線量を計測させる。

問題点

放射性物質を垂れ流し状態で、封じ込め対策も未だに実地していない現状。あまりにも無責任な対応としか思えない。「全体の放射線量は減少傾向にある」というが、放射性物質は風力次第で方向はくるくる変わる。福島近県は非常事態区域である。また、将来的に甲状腺がんや白血病患者などを急増させないためにも、危機管理の徹底を強化しなければならない。

今朝の朝刊によると、福島県は(19日1.900マイクロシーベルト)平常値は(0.037~0.046)と他県に比べ、べらぼうに高い数値を示している。ちなみに北海道の測定値は0.028マイクロシーベルトであった。実に67.857倍の放射線量である。これで本当に大丈夫なのか?確かに計算上はいいけれど、10年後20年後の健康は誰が保障するのか?

飲料水について何も述べていませんが、大丈夫なのか測定値を発表すべきである。

子供だけでも100キロ圏外に避難させるべきだ。

「13校について、約1週間ごとに線量測定」とあるが、毎日朝夕2回実地すべきである。放射性物質は恐ろしい特性をもっている。安全に関し何度でも実地しても悪いことはない。

|

« 計画停電の恐怖  高層ビル、タワーマンション | トップページ | 東電の女性新入社員mixiで「文句あるなら電気使うな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/51443768

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県内13校の屋外活動制限:

« 計画停電の恐怖  高層ビル、タワーマンション | トップページ | 東電の女性新入社員mixiで「文句あるなら電気使うな »