« 原発避難民の心を逆なでするTVの「手をよく洗って」発言 | トップページ | 小泉進次郎 幼いころ、家を出ていく母親を追って号泣した »

2011年4月12日 (火)

週刊誌を読んで・小泉純一郎氏 絶縁状態の三男に「お父さん」と呼ばれはにかむ

東京・六本木の東京ミッドタウンから徒歩5分ほどにある“隠れ家レストラン”。昨年末のとある夜、目鼻立ちの似通った男性4人組が、この店を訪れた。面長で鼻筋の通った精悍な顔立ち。そう、小泉進次郎議員(29)をはじめとする小泉一家である。

 4人はカウンター席に、奥から長男の孝太郎(32)、父親の純一郎元首相(69)、次男の進次郎氏と順番に座っていく。そして、最後にいちばん下座にあたるドア側の席に座ったのは、三男のAさん(28)だった。

 しかし、Aさんといえば、父・純一郎氏と絶縁中のはず。純一郎氏は1978年にB子さん(54)と結婚。孝太郎、進次郎氏の2人の息子に恵まれたものの、1982年に離婚。このときB子さんはAさんを身ごもっていたが、離婚後、小泉家とは「絶縁」状態といわれてきた。三男のAさんも、父や兄たちと会うことも叶わないままだった。

 昨年11月、本誌は三兄弟の「和解」を報じたが、それでもまだAさんと純一郎氏の「絶縁」は続いていた。しかし、進次郎氏と親しい自民党関係者が、こう話す。

「実は純一郎元首相は、政界引退後、孝太郎さんと進次郎さんの仲介で、Aさんに何度か会っているそうなんです。父親として、やり残したことという思いもあるのでしょう。でも、長年、会っていなかっただけに、なかなか打ち解けるには至らなかった。そこで、進次郎さんは孝太郎さんと話し合って、忘年会という名目で、一緒に食事会でもして、ふたりの距離を縮めようとしたんです」

 このレストランの常連客は4人の様子について、こんな話を聞かせてくれた。

「進次郎さんのおかげで、ぎこちなかった純一郎さんとAさんの会話も次第に盛り上がっていったようです。Aさんは、純一郎さんのことを“お父さん”と呼び、純一郎さんは照れくさそうにはにかんでいました。純一郎さんは、照れ屋なのか、Aさんの名前を呼べずに“なー”みたいな感じで呼んでいましたけど」

女性セブン2011年3月10日号

|

« 原発避難民の心を逆なでするTVの「手をよく洗って」発言 | トップページ | 小泉進次郎 幼いころ、家を出ていく母親を追って号泣した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/51334700

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊誌を読んで・小泉純一郎氏 絶縁状態の三男に「お父さん」と呼ばれはにかむ:

« 原発避難民の心を逆なでするTVの「手をよく洗って」発言 | トップページ | 小泉進次郎 幼いころ、家を出ていく母親を追って号泣した »