« 原発は本当に必要なのか? | トップページ | 珍しいもの発見 »

2011年6月 9日 (木)

子供の糖尿病増加中

糖尿病は大人の病気かと思っていましたが、何と子供に増えているそうです。年間発生する患者数は7万人。疑問を感じるような数字ですが、油断は禁物。

子供の糖尿病(小児糖尿病)の原因は清涼飲料水やお菓子などがよく知られていますが、意外と知られていない重大な原因が添加物。
添加物の中でも、子供の糖尿病に直結すると言われているのが「ブドウ糖果糖液糖」という添加物です。

子供が飲んでいるジュースの成分表示を確認してみてください。
ほとんどのジュースに含まれている。ジュースによっては30%が「ブドウ糖果糖液糖」というジュースもあるそうです。

他に、麺つゆ、焼肉のたれやソースの成分にも含まれている。
ほとんどの液状の製品には、「ブドウ糖果糖液糖」が含まれているはずです。

「ブドウ糖果糖液糖」は、名前が示すような、ご飯に含まれるブドウ糖、果物に含まれる果糖のことではありません。いわゆる甘味料の役割をする添加物です。

この「ブドウ糖果糖液糖」を摂取すると、吸収率が高いため、血糖値がぐーーーんと急激に上昇します。
そして、そのあと、ぐーーーーんと急下降するのです。この仕組みは、まさに糖尿病そのもの。

子供達は、人為的に糖尿病の症状が出るような食品を摂取しているのです。

身体は、異常を感じて、一生懸命に血糖値を下げたり、血糖値を正常値に戻そうとがんばり続けますが、身体の機能にも限界があります。

インスリンの分泌が間に合わなくなり、血糖値のコントロールができなくなってしまうのです。
こうなってしまうと、加工食品でもない天然のじゃがいも、ご飯を食べるだけでも血糖値は乱高下を繰り返します。これが、子供の糖尿病の大きな原因です。

しかも!!この「ブドウ糖果糖液糖」には、中毒性があり、やめる事が非常に困難!
ちょうどタバコをなかなかやめられない大人のように、子供は「ブドウ糖果糖液糖」が欲しくて欲しくてたまらなくなってしまうのです。

理性のある大人が、あれほど禁煙に苦しむのです。「ブドウ糖果糖液糖」に侵されてしまった子供が、「ブドウ糖果糖液糖」を断ち切ることがどれほど大変なことか、わかるでしょうか?

参考

ライフプラス社資料

|

« 原発は本当に必要なのか? | トップページ | 珍しいもの発見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/51881769

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の糖尿病増加中:

« 原発は本当に必要なのか? | トップページ | 珍しいもの発見 »