« 冬季札幌オリンピック施設を巡って(ボブスレーコース)、ウォークの旅・・・1 | トップページ | 冬季札幌オリンピック施設を巡って(70,90m級ジャンプ台)、ウォークの旅・・・3 »

2011年6月20日 (月)

冬季札幌オリンピック施設を巡って(男子大回転ゴール跡)、ウォークの旅・・・2

手稲山(アイヌ語は高い断崖)は1972年冬季札幌オリンピック競技場として名を馳せた。競技種目はアルペン競技の男女大回転・回転コースとボブスレー、リユージュの会場となった。

男子大回転はオリンピック終了後植樹され自然に戻されたが、男子回転、女子大回転コースはスキー場化された。

手稲山競技場の男子大回転コースは山頂をスタートし一気に1177mを滑り降りる。今回は栄光のゴール地点を探索することとした。

休止中の手稲山ロープウエイの手前300m位右側に男子回転ゴール跡への道がある。

20110617_19

多くの選手や役員を運んだ道。

20110617_2

道路は簡易舗装されたような形跡がある。

20110617_12

山腹を大きく切り開いた取り付け道路

20110617_11

39年前、道路を造るため伐採した木材が取り残されていた。

20110617_1

次第に心細い道となってきた。

20110617_13

いたるところにヒグマの看板

20110617_14

道は湿地帯に入り、ぬかるみに刺した丸太の頭を踏んで行く

20110617_10

ここが栄光のゴール地点

20110617_4

ゴール地点は湿地帯で雑草や低木に覆われていた。ここへ金メダリストのイタリア、グスタボ・トエ二が1分32秒19でゴールしたのだ。喚起の叫びが聞こえてきそです。

栄光の地点は既に歴史から忘れ去られていた。

20110617_8

札幌市内を望む、もやのため視界は不良である。

20110617_16

今回は、25キロウォークの旅でした。

 

|

« 冬季札幌オリンピック施設を巡って(ボブスレーコース)、ウォークの旅・・・1 | トップページ | 冬季札幌オリンピック施設を巡って(70,90m級ジャンプ台)、ウォークの旅・・・3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/51977530

この記事へのトラックバック一覧です: 冬季札幌オリンピック施設を巡って(男子大回転ゴール跡)、ウォークの旅・・・2:

« 冬季札幌オリンピック施設を巡って(ボブスレーコース)、ウォークの旅・・・1 | トップページ | 冬季札幌オリンピック施設を巡って(70,90m級ジャンプ台)、ウォークの旅・・・3 »