« 南シナ海「法的根拠を」 米、中国に要求 ARF開幕 | トップページ | 福島県、18歳以下の甲状腺検査…生涯にわたり »

2011年7月25日 (月)

冬季オリンピックジャンプ台を訪ねてウオーク30キロの旅

6時半に家を出発。このコースを歩くのは始めてである。幹線道路沿いを歩くことから信号に気を付けながら歩くことにした。

20110604_1

約1時間で宮森地区に到着。この地区は高級住宅街である。私は高級取ではないが、5年間住んでいたことがある。

20110604_4

第11回冬季オリンピック札幌大会は1192年2月3日に開幕した。参加は35の国と地域。役員・選手は1655人だった。

大倉山ジャンプ競技場に到着、時間が早いため誰もいない。この台では日本選手の活躍はなかった。

Indeximg02

入場料500円を払い、リフトに乗り展望ラウンジまで行ってみたが札幌市街地は濃霧により視界はよくなかった。

20110604_14

大倉山ジャンプ台から更に歩いて宮の森ジャンプ競技場へ向かった。約20分で到着。

20110604_32

70メートル級ジャンプは6日、宮の森シャンツェで行われた。笠谷は1本目が84メートル、2本目79メートル。総得点244.2点で金メダル。金野、青地も銀、銅メダルを獲得、北の大地に3本の日の丸が翻った。日本の金メダルは1928年の第2回サンモリッツ大会に初参加して以来、初めての偉業達成だった。

20110604_31

Anohi1100206_l_200_3

メダルを独占した「日の丸飛行隊」。 (左から)金野昭次、笠谷幸生、青地清二の3選手(2月6日、宮の森シャンツェで)

宮の森地区から家まで約8キロ、13時に到着、歩き慣れないコースのため大分疲れました。

|

« 南シナ海「法的根拠を」 米、中国に要求 ARF開幕 | トップページ | 福島県、18歳以下の甲状腺検査…生涯にわたり »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬季オリンピックジャンプ台を訪ねてウオーク30キロの旅:

« 南シナ海「法的根拠を」 米、中国に要求 ARF開幕 | トップページ | 福島県、18歳以下の甲状腺検査…生涯にわたり »