« アウトドァの季節 食中毒にご用心 | トップページ | わたしの朝食は酢がメーン »

2011年7月19日 (火)

放射性物質汚染広がる日本列島・大丈夫か日本!

放射性物質セシウムによる汚染は日本国中に拡大をし続けている。特に問題なのは、政府が事実を公表していないことにある。

海水浴汚染についても、心配ない海はクリーンだという。しかし、海水汚染については、その海域に生息している海藻や魚類についての検査はしていない。当然セシウム汚染はあるはずだ。

特に謎なのはプルトニウムの存在、福島第一原発3号機はMOX燃料をつかっていた。メルトダウンをおこし、燃料ペレットの破片は3km先で見付かっている。プルトニウムは大量に噴出したはず。なのに正門近くで少量検出したニュースがでたきり、聞いていない。

プルトニウムに関しては政府は禁句。数年後は地獄絵図を見る可能性がある。ある情報によればウランやプルトニウムの検出は難しく45cm離れたら検知できないという。

汚染牛については、エサに稲わらを与えたことが原因であった。この稲わらからセシウムが最大で1kg当たり9万7千ベクレル検出された。福島県浅川町の肉用牛農家は同県白河市の稲作農家から購入していた。同県南相馬市でもエサからセシウムが最大で7万5千ベクレル検出された。

問題なのは、稲作農家である。セシウム137の半減期は30年、プルトニウム239は2万4千年。当然土壌や水はこの期間汚染され続けているわけである。農地の土壌を入れ替えても日本国土の農地に占める割合は12.6%。それ以外は山岳部や工場地帯、住宅地、農地に適さない土地である。この地帯に降り注いだ雨は放射性物質を大量に含んだ土壌を農地へと運び出す。

汚染された農地で作られた米は新米として各地へ送りこまれる。北海道のように汚染されていない地方は自給自足できるから安心である。が、実はそうとも言えないのだ。

新米は100%新米でないのだ。その新米には農林水産省は10%の古米が混ぜることを認めている。このような政策を取らないと政府の古米は処理できなくなる。よって北海道の新米にも当然古米が混ざっている。

チェルノブイリやスリーマイルアイランドの原発事故ではメルトダウン時、放射性物質は300km飛散したという。当然福島第一原発でも同じような状況になったと思う。しかも、最悪なのは未だに収束していないことである(放射性物質を垂れ流している)。

汚染食品を市場から絶滅させるには、福島県や近県及び周辺市町村の野菜作りを禁止し、さらに太平洋側の水域(仙台辺りから東京湾)を操業禁止区域にしべきである。それから汚染された海域から取れた魚を放射性物質に汚染されていない北海道の漁港に陸揚げし、あたかも北海道産として市場に出荷させない処置をとることが必要である。

大事なことは、政府が農家や漁業者への支援を忘れないことである。

最後に各発電所の単価

原発    130万kw当たり5.9円

LNG火力 150万kw当たり6.4円

石炭火力  90万kw当たり6.5円

石油火力  40万kw当たり10.2円

一般水力  1.5万kw当たり13.6円

原発単価には、核燃料再処理工場や事故処理は入っていない。原発のメリットは単価が安いことや地球環境のクリーンに役立ちことであったが、そのメリットは何もない。こんな原発に何百兆円のお金を積みこむ理由はどこにもない。これから更に注ぎ込むであろう原発へのお金は自然エネルギー開発に投資しべきでる。原発は人間の技術で扱えないことを今回の事故が証明した。

これは自民党の責任である。

官僚主導・利権誘導の政治があった。日本にこれほど多くの原発が作られた(54基)理由もここにある。補助金が欲しい電力業界、そこに天下りしたい役人、原発利権に絡みたい自民党政治家、これらの利害が一致したから、日本中が原発だらけになったんだ。

自民党の負の遺産はさっさと切り捨てることだ!

|

« アウトドァの季節 食中毒にご用心 | トップページ | わたしの朝食は酢がメーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/52238810

この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質汚染広がる日本列島・大丈夫か日本!:

« アウトドァの季節 食中毒にご用心 | トップページ | わたしの朝食は酢がメーン »