« 女子W杯実況のフジ青嶋アナ「女子版ではあるが」に批判の声 | トップページ | 埋蔵電力示せ、異例の文書 »

2011年7月24日 (日)

放射性物質に土壌や水は汚染されていないのか?

汚染ワラは岩手県や宮城県、福島県にまで及んでいる。これからまだまだ広がる可能性がある。宮城県は福島第一原発から150kmも離れているのに同県登米市では、1kg当たり2万600ベクレルの放射性セシウムが検出された。

福島県本宮市の農家のワラからは、1kg当たり69万ベクレル、同県白河市の稲作農家では、1kg当たり9万7千ベクレル、同県南相馬市では、1kg当たり7万5千ベクレルがそれぞれ検出された。

稲ワラが汚染されていたことは、土壌や水も汚染されていたものと思うのが当然。残念ながら政府の発表はない。

セシウムやヨウ素が検出さたことは原子炉が破壊されているからである。これらの物質は原子炉内で核分裂によって作られる。その物質が検出されていることは、他にストロンチウムやプルトニウムも放出されているはずであるが、何故か発表ない。検出データを隠しているとしか思えない。

これだけ大量の放射性物質が水田に降り注いでいるのですから、収穫真近なコメの汚染は高い確率で考えられる。さらに野菜類も同類である。

コメや野菜は全数検査し、十分な検査員や試験機器を取りそろえることは言うまでもない。

汚染されていたものは全数廃却処分しないと、ホウレンソウや今回の牛肉のように流通してしまう。

セシウム137の半減期は30年、プルトニウムは2億4千年、ストロンチウムは29年と長く、これらに汚染された土地は半永久的に使えない。

既に、牛の肉は汚染され各地に流通。茶の汚染も福島原発から遠く離れた県で相次ぎ、さらに魚介類も深刻な汚染に晒されている。8月中旬にも収穫されるコメも予断を許さない。厳格な基準を示せば、大量の食材の出荷制限につながり、国民生活の混乱を招く可能性があるが、汚染された食品は低線量であつても流通させてはならない。

今回、内閣府の食品安全委員会作業グループの山添康座長(東北大学院教授)は生涯被ばく量へ変更するようですが、緩い基準はダメだ!その内容は成人一人生涯で100ミリシーベルト以上であれば「悪影響がでる」原案を示した。「年間」から「生涯」としたことで、当面暫定基準値と同等か、それに近い緩い基準値を継続する余地を残した。

国際放射線防護委員会(ICRP)は平常時内部、外部被ばくで計、年間1ミリシーベルト以内とするよう勧告。

抜本的な政策が必要

食品の基準値を緩めに操作するのでなく、汚染区域から避難させることや、汚染区域、海域で食品を作らない。流通させないことである。

|

« 女子W杯実況のフジ青嶋アナ「女子版ではあるが」に批判の声 | トップページ | 埋蔵電力示せ、異例の文書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/52279613

この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質に土壌や水は汚染されていないのか?:

« 女子W杯実況のフジ青嶋アナ「女子版ではあるが」に批判の声 | トップページ | 埋蔵電力示せ、異例の文書 »