« 熱中症について | トップページ | サマーフェステバル »

2011年8月27日 (土)

AKB48淫相セックス総選挙 好色センターはダントツ大島優子!(1)

性感度バツグンの大島優子

 女性の顔は相学的に、「目」に性熟度が現われ、「口」に好色度、「鼻」にスタミナ度、「耳」に名器度、「眉」に雰囲気度が出る。
 そこで本誌では、今年6月に行われた「第3回AKB48選抜総選挙」の上位21名を淫相学診断し、まずはそれぞれの部位でベスト3を決定した。
 それでは、さっそく各部位別ランキングを淫相学的に解説していこう。

 まずはじめに、性熟度が現われる「目」は、第1位が大島優子、第2位が僅差で松井玲奈、第3位が篠田麻里子となった。
 観相ポイントは下瞼で、相学ではまつ毛が生えている部分を臥蚕(がさん)と呼び、その下の部分を涙堂(るいどう)と呼ぶ。ここがサヤエンドウ形にぷっくりと膨らんでいればいるほど、性熟度は増す。また眼光の艶や目頭の切れ込みなど、他にもポイントはいくつかある。

 第1位の大島優子は下瞼がパンパンに充実していて、そのレベルはAKB48中ナンバー1。しかも典型的な丸目(反対は切れ長目)ときて、惚れっぽい情熱家のうえに、性感はバツグン。今がセックスの旬で、まさにし頃させ頃だ。
 彼女は目の下のラインが目尻部分で上がっている。これは「あげまん」相で、セックスした相手男性に福をもたらす好相。恋愛禁止のAKB48で、宝の持ち腐れとはまさにこのことで、もったいない限りだ。

 僅差で2位につけたのが松井玲奈。彼女も下瞼が実にふっくらとしていて、大島優子同様、やや吊り目の「あげまん」相をしている。
 彼女は目頭に切れ込みがあり、異性に自然に媚びることのできるセンスの持ち主で、これは女性のモテ相の一つだ。セックスに計算を持ち込むタイプで、インサートの直前に相手男性におねだりをしたり、男性が悦ぶように絶頂を演じたり、ベッドで奔放に自由自在にふるまえる。
 ちなみに、この目頭の切れ込みは、小嶋陽菜、宮澤佐江、河西智美、倉持明日香にもあって、彼女たちもベッドではキュートな小悪魔ぶりを発揮すると観る。

 第3位は篠田麻里子。彼女は目に「浮光」と呼ばれる、独特の濡れたような光が宿っていて、これは多淫の相。下瞼のラインにやや崩れがあって、セックスしだすと歯止めが利かない「荒淫相」も出ている。
 一方で、二重瞼は正妻型で、結婚指向の強さもうかがわせる。AKB48の中ではもっとも成熟し、大人のエロスが充満している女相だ。
 彼女は前田敦子とは正反対に、目の間隔が広く、異性からの口説きやナンパに対して、案外かんたんに乗せられるところがある。男性からすればいわゆるスキの多い相で、これもまた彼女の魅力の一つだろう。

【関連タグ】AKB48淫相セックス総選挙

|

« 熱中症について | トップページ | サマーフェステバル »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48淫相セックス総選挙 好色センターはダントツ大島優子!(1):

« 熱中症について | トップページ | サマーフェステバル »