« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

赤ちゃんは素手

ウオークで通勤途中、札幌市手稲区さくらつづみ遊歩道をあるいていた。小雪降る寒い朝であった。

前方から赤ちゃんをおんぶしたお母さんがやってきた。すれ違った瞬間おやっと思った。赤ちゃんは手袋をしていないのだ!頭を見たら帽子もかぶっていない。ホッペたと手は真っ赤かである。

お母さんは、ちゃんと帽子を被っているし、手袋もしていた。この寒いのに、このお母さんは何を考えているのか、まさか、乳児虐待でもなかろうに・・・

以前にも同じ光景にぶつかったことがある。その時はベビーカーに乗せていた。この時の赤ちゃんもやっぱし手袋をしていなかった。若しかして、健康法なのかとも思ったが、まさかと考えを振り払った。

私はと言えば、完全なる防寒装備。手袋は厚手のもの、それでも指先が冷たい。

Dvc00003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

歴史探訪・アンパン道路

札幌市豊平区の老舗「月寒あんぱん本舗ほんま(月寒東2)」10月21日から、道路開通100年を記念して、3種類のあんぱんを順次販売する。

250pxtsukisamu_anpan

21日から売り出す第一弾は、町村農場(江別市)など地域に長く根ざしている伝統企業と協力してチーズ(町村農場チーズ)を使った。白あんの甘さの中にチーズの酸っぱさを少し効かせた。

第二弾は福山醸造(札幌)の味噌を若干入れた「トモエ田舎みそ」で、11月中旬の販売を予定している。みその風味がほんのりと口の中に広がる。

最後は、12月中旬から店頭に並べる日本清酒(札幌)の千歳鶴を混ぜた「清酒千歳鶴」。酒まんじゅうに近い味がするという。

3種類とも1個210円。明治期の創業時の味を手作りで再現している。販売は本店や大通り店など5直営店だけで年明けまで行う

豊平村(後の豊平町)で陸軍に菓子納入業を営んでいた大沼甚三郎は、東京銀座で木村屋總本店が開発したあんパンを噂で知り、現物確認は、せずに独自開発によりあんパンを製造し、月餅の生地に似たあんパンが出来た。そのあんパンの製法を指南された一人、本間与三郎(創業者)が月寒村にて「月寒あんぱん」の製造販売を開始した(1906年 「月寒あんぱん」の製造販売を開始。菓子の他、食品・日用雑貨も扱う「大原屋本間商店」を設立。)。終戦後(第二次世界大戦)製造を再開したが、製造メーカーは、唯一となった。当時はツキサップあんぱんと呼ばれていた。

Img063

(あんぱん道路開通100周年を記念して期間限定で販売される月寒あんぱん)

(北海道新聞引用)

明治43年、豊平町(ほぼ現在の豊平区・清田区・南区の領域に相当)の一部が札幌区に編入され、役場が豊平から月寒に移転されることとなった。当時りんご栽培で有名だった平岸と月寒とを結ぶ道路はなく、平岸の住民らは連絡道路の建設を要望。平岸村の分離独立運動まで起きた。

Vzusg1kztfjn8u9imcggzdtxisytmqhm8sz

豊平町は当地に駐留していた陸軍第7師団歩兵第25連隊に道路建設の協力を要請、地元民も参加して全長約2.6キロメートルの道路建設工事が行われ、4か月の工期で1911年(明治44年)に歩兵第25連隊将校集会所(月寒中央通7丁目、現月寒中央公園)、および豊平町役場(月寒西1条6丁目、現月寒児童会館)と平岸(札幌市立平岸小学校付近)を結ぶ道路が完成した。

Library_rekisi02
あんぱん道路建設風景(ほんま資料館より)

240pxanpan_douro

(現在のアンパン道路。このすぐ左手にはアンパン道路の看板が立てられている)

町は道路工事に従事した兵士に間食としてあんパン(月寒あんぱんとして現在も発売されている)を配布したことから、この道路はアンパン道路という通称で後世親しまれることとなった。(ウィキペディア引用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

驚くべき空白・・・②

青少年のたまり場である橋ゲタ周辺は道庁による雑木の伐採がおこなわれていた。道庁は現場を把握しての作業でなく、年間の伐採作業をたんたんとこなしていた。

Dvc00001_2

そこで、新たな現実があらわになった。と、言っても他の人は知る由もなく、私のみが知っていることである。

ここは、札幌市手稲区富丘地区にある中の川桜つづみ遊歩道、橋ゲタの下。

Dvc00006

橋ゲタの下には灰皿がある。

Dvc00005_3

前回報告したのは、段ボール箱で仕切られた部屋であった。

Dvc00031

新たに分かったことは、橋ゲタの下に完全なる密室が明らかになった。

板を敷き床を作っていた。「はいるなきけん」と書いてある。

ここ↓は部屋になっている。

Dvc00006

上画像を拡大、毛布がひらひらしている。毛布横にある段ボール部分が入口らしい(恐ろしくて確認していない)

Dvc00004

上画像の橋ゲタの下は通常は空間になっている。

Dvc00007

帰宅し交番に届けるか迷っていたところ。娘は、交番に届けたら二度とその遊歩道は通れないという(仕返しがある)。

私が心配なのは、タバコを吸うことはどうでもいい。これから寒風が吹き荒れる時期にはいると、奴らは暖房を使う可能性はゼロでない。もし、失火した場合なのだ・・・・

それから数日後雪が降った。橋の下に降りる足跡が残っている。

Dvc00022

明らかに女性の靴跡

Dvc00023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

いけにえ養老院と思見えたが・・・

先日、ある養老院の名称を見て、おやっと思った!

「いけにえ養老院」と見えたが・・・そんなことはある筈がない。

Dvc00092
確認したところ「まろにえ養老院」でした。養老院さんごめんなさい。

またある時は、「ひどいはし」と呼んだ、こんな橋もあるかと渡ったが、なんと立派な橋。振り返って見たら、「ひどけいばし」でした。

Dvc00034

先日新聞を読んでいたところ「あかちゃん心配して産む」と読んだ。オカシイことを書く新聞だなと思い、再度確認したところ「あかちゃん安心して産む」でした。

視力が弱いのが原因なのか、それともチャランポランな性格が原因なのか、こんなことはよくある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

落ち葉散る稲積公園

11月初旬の未公開記事です。落ち葉と紅葉をお楽しみください。

1周2キロの遊歩道がある。このコースは好きで時々来る。3周し次のコースに移るのが何時ものパターン。2つのコースをラン&ウォークを繰り返し帰途につくと20kmになる。

イチョウの落ち葉の絨毯を踏みしめて歩く

Dvc00064

黄色に紅葉したイチョウの木

Dvc00069

どろの木の落ち葉、雪降る時期になると散歩する姿はめっきり減る

Dvc00047

もみじの紅葉、そろそろ終わりか!

Dvc00037

Dvc00061    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

消えた女性!

先週の土曜日、とある公園を一人の女性がウォーキングしていた。走法は競歩である。独特な走法は後ろから見るとすこぶる魅力的である。一瞬追い抜いてやるかと思ったが、待てよ!こんな場面はめったにない。後をつけることにした。何故なら追い抜いて顔を見た瞬間オッ!と思うのとウッと思うのがあるからだ!どうせならウッと思う瞬間で出合いたくない。

Dvc00067

だいぶ近づいてきた。年の頃20代後半、腰をクネクネさせながら黄色い絨毯を歩く姿はめったに見ることはできない。

Dvc00066

ウッ!黄色いトンネルを角を曲がった所で姿が見えない。何処へ消えた!辺りをきょろきょろ見てみたがいない。さて、ワシの尾行に気付いたか?

Dvc00070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

ご飯、茶碗一杯の中にセシウム137は何個入っているか

汚染地域からの新米が出荷され始めた。暫定基準値は1kg当たり500ベクレルである。政府は6~9ベクレル以下の放射線量を検出された場合不検出いう言葉をつかっている。

そこで、次の3点を明らかにしたい。

①放射性セシウム137、500ベクレルのコメの中に何個入っているか。

②政府が言う不検出6ベクレルの中に何個のセシウム137が入っているか。

③セシウム6ベクレルのご飯、茶碗一杯の中に何個のセシウム137が入っているか。

①について

セシウム137の半減期は30年とする。                       

30年を秒に直すと

30×365×24×3600=946.080.000秒

30年後に250ベクレルになるので、平均は

(500+250)÷2=375ベクレル

946.080.000×375=354.780.000.000個が半分なので

354.780.000.000×2=709.560.000.000個になる。

約7095億6千万個・・・政府は食品1kg当たり、これだけ多くのセシウムが入っていても健康に害がないという(笑)。因みにセシウム1個の大きさは0.0006ミクロン

②について

上記の方法で計算したところ、なんとセシウム137は1kg当たり

約85億1千400万個入っている。こんなに入っているのに不検出なんですか。

③について

お米を1合(約150g)を炊くと340gになる。

お米からご飯への換算式

ご飯(重量)=お米(重量)×2.2~2.3

一杯分は約110~150g

上記の方法で6ベクレルの計算したところ、なんと、ご飯一杯の中にセシウム137は

約6億4千500万個入っている。

放射性物質は金属の微粒子であることから、スーパーなどで放射線量の高い地域の野菜を陳列棚に置いて販売しているが、陳列棚や近くの食品は汚染されていないのか?また倉庫などの管理はどうなっているのか心配である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

裏山

7月に書いた未公開の記事を転載します。

私の住む近くに手稲連峰から連なる山がある。

この山は熊やキツネ、狸、鹿などが出没する。

他にマムシ(猛毒ヘビ)、テンも生息している。テンは我が家の庭で巣作りしているらしいが巣は見つかっていない。

またワラ人形を五寸釘で打ちつけた場所もある。口には呪いの言葉を書きつけてあった。

偶然見つけたが気持ち悪く二度と近づかない。

ここは、札幌中心街から10km離れた所、一歩山に入れば別世界。

今回はその近くまで行って見ることにした。

いきなり、稲荷神社

Nec_0098_2

Nec_0100

ケモノの道を登ること30分、今にも熊が出てきそうな雰囲気

Nec_0110_2

石碑が見えてきた

Nec_0111_2

正三位勲一等農学博士佐藤昌介書

Nec_0102

昭和三年十月建之

北海道造林合資会社

記念碑建立以来82年、殆ど誰の目にも止まることなく風雪に耐えてきた。

関係者は生存していないだろうけど、子供や孫は知っているだろか?

多分、誰も知っていないだろう!

これから、何百年もここに立っているのだろうか。

台座は華奢ですが、今までも大きな地震にも耐えてきたのだから・・・

ずっと耐えて欲しい。

これ以上行くとワラ人形の所に辿り着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

猛烈に臭い話し

先日公衆トイレに入ったら、気絶しそうな匂い。ウンコが腐れているような悪臭がトイレ内に立ち込めていた。

ウンコの臭いでその人の健康状態がわかると言う。でも、ワシには分からないのだ!

ウンコと言えば、藤田雅矢さんの「糞袋」がある。内容は糞を商売にした江戸時代の話し。

Dvc00027

さらに、藤本義一の「二寸法師」がある。これは同じく江戸時代に戦いで敗れた諸国大名が江戸に人質として差し向けた姫の話しである。

Dvc00028

私が興味あるのは他でもない姫である。人質に出した、殿や奥方は娘の心配をするのはいづこも同じ。今のようにインターネットがあるわけでもないし。娘の健康状態を知るよしもない。

そこで、考え出されたのが「ウンコ」の処理方法。当時はベルサイユ宮殿もそうでしたが、江戸城も女子のトイレはなかった。なにせ女子は神聖なのだ!奥方や姫はオシッコやウンコなどするわけがない。これが当時の一般常識。

イギリスも同じ。ベルサイユ宮殿ではトイレはなかったが、女王とてウンコもすればオシッコもする。そこで考え出されたのが幅の広いスカート。幅が広いことは、」どんな意味があるって?

回答は簡単、当時の女性は立ちション!幅の広いスカートだから分かんないのさ(笑)。

話しは、戻して、江戸城の話し。

人質に出した、敗戦の殿は娘の健康を知る唯一の方法はウンコ。

いつの時代もスパイはいたのだ!彼らの職務は姫のウンコを盗むこと。と、いっても、城で手に入れる訳にもいかないので、盗む方法は一つ。

その為には、当時の奥方や姫のトイレ事情を知る必要がある。

姫:これ!女中や、我はウンコじゃ・・・・と言ったならば女中は、お香を炊いた壺を持参。

女中:恐れ入りたつまつる。姫どの、ごゆるりとご覧あそばせ・・・等といいながらウンコの壺をだす。

姫:これ!女中や終わったぞ、お尻を拭きなされ!

女中:勿体ないお言葉、姫お尻を・・・姫はゆったりと尻を上げる。尻にはウンコがこびりついている。

女中:されど、ウンコがこびりついているなど、いささかもいわず。お綺麗なお尻、しかとお拭きいたしますそうろう!などと言う。

時代は変われど、お尻騒動は今も変わらず。変わったと言えば自動洗浄になつただけ。

また。話をもどして、ウンコのスパイの話し。彼らに与えられた職務は、江戸城の堀に捨てられた姫のウンコを盗むことにある。この仕事は007とて難しい。

なにせ、見回りが厳しい。

スパイは今か、今かと堀に潜り、姫のウンコの到着を待つ。だが、ウンコの運命は簡単な結末を終えないのだ!

だが、話しが長くなるので結末を向えるのだ(笑)!

ウンコをウンよく手に入れたスパイは、早馬(今で言えば速達)を使い、殿に結果を知らせに走る。

片足を引きづりながら、殿、殿一大事でござる。殿はおられるか!

殿:なんじゃ!猿吉じゃないか、どうした!

猿吉:ただ今戻りました。姫殿のおウンコをしかと手に入れたでござる。

又。長くなるので省略をお許しください。

猿吉から差し出された姫のウンコを懐かしそうに、見たり、臭いをかいだり、摘まんで味見したり(これれはウソだ)。賞味して結果、殿とてわからない。

殿:これ!ジイや!医者を呼びなさい。このウンコをみてもらいなさい。

ジイや:ハッハッァ!ウンコ殿失礼をば致します。などと言いながら、ウンコを懐に入れ、沢庵殿に見て貰った。

沢庵:う~ん、ウンコの臭いは異常だが、中身はコメを食っているし、魚の骨もある。これ、ジイや、手に付いたウンコを拭け。

などと、いろいろ調査したところ、姫の健康には異常がないことが判明した。

大分、脱線したが、ウンコに臭いは通常はそんなに臭くないのだ。臭い原因は便秘じゃ!

特に、女性に便秘が多い!突然無音の悪臭がしたならば、隣の女性を疑え。・・・・・・などと適当な結末(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

愛犬(ジュニア)の貢献

原発の御用学者どもに腹を立てていた時、こんな温かいニュースが入り込んできた。

北海道空知郡浦臼町キナウスナイの河川敷で16日午前、横転した乗用車から二人と一匹が救出された。

Img070

救出されたのは、相馬愛政(81)と孫娘木村澄海(3)ちゃん。それに「ジュニア(ラブラドルレトリバー(2))」であった。

前夜、相馬さんの車は石狩川支流の黄臼内川に架かる橋の手前で路外に飛び出し、5.6m下の河川敷に転落。

2人と一匹は横転した車の中で一晩を過ごした。15日深夜から16日朝にかけて浦臼町の降雪は12センチ、隣の美唄市では、15日夜氷点下3.8度まで下がっていた。当然横転現場も同じ気象条件だったと思う。

2人は愛犬ジュニアと体を寄せ合い、15日から16日朝にかけての氷点下に耐えていた。

Img071

「二人と犬は車内で体を寄せ合っていた」

第一発見者で、道路維持作業のために現場を通りかかった会社役員は発見当時のようしを次のように話した。

「二人と犬は横転して下になった乗用車の運転席側の窓の上に横たわっていた」

15日夜は今冬一番の冷え込みだったが、2人は薄手のジャンバー姿。空を向いた助手席の窓は割れ、雪と寒気が容赦なく入り込んでいた。事故でエンジンが止まり、暖房も使えなかった。

運転側の隙間から子どもの足が出ていた。犬は子供におい被さるような状態で」、温めているようであった。澄海ちゃんは軽い凍傷にかかっていたが、命に別状はない。

砂川署によると駆けつけた警察官の呼び掛けに、相馬さんは「大丈夫です」と応え、澄海ちゃんは声をあげて泣いたという。

最初に澄海ちゃんが助けだされ、その後相馬さんとジュニアが救出された。

家族によると、相馬さんは心臓ペースメーカーを装着しているため、携帯電話を持っていない。相馬さんは「自宅まで遠いので、車内で過ごしことにした」と話している。北海道新聞引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

自転車泥棒

札幌市手稲区さくらつづみ遊歩道、1周2kmの散歩コースに、すでに2か月以上も放置されている自転車がある。鍵もかかっていないことから、盗品と思われる。

Dvc00034

何度か見たが、子ども達が乗り捨てていくことがある。

Dvc00035

川の中に捨てて行くヤツもいる。

Dvc00038_2

Dvc00029

Dvc00006

2009年、全国では約50~60万台盗難にあっている。単純計算で1分間に1台である。警察も正確には把握していない。

因みに、1位は東京の61.341台、北海道は9位で12.345台である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

悪事が我が家へ接近してきた!

クマの出没した場所は我が家から1.5キロ、中学生らしいヤツらが動物行為をしていた場所は約1キロ。

ところが、前日散歩(24キロ)し、帰宅途中、我が部落に入った。

家まで100m手前に小さな公園がある。そこを通った時である。時間は13時頃、小さな公園であることから、利用するのは子ども達である。

ベンチに高校生らしい男女が座っていた。私は毎日通るが高校生風の男女は珍しい。一瞬橋ゲタの件を頭をかすめた。即携帯に手がかかった。すばらしい画像が再現された(子ども達は町内の住民の可能性があることから画像の転載はご法度)。

家に返り見たところ、なんと、女性が男性の禁断の扉を開き、神聖なるものをしゃぶっているではないか。

二人とも無我夢中になり、私のことは眼中にないもよう。

最近刺激的なことが続いているだけに、穏やかでない。

私が歩く距離が、通常考えられない距離であることから、いろんな現場を目撃する。

今年になって、ウォークコースで老人の色恋(プログで紹介済)や先日の中学生らしい連中の問題、さらに今回の出来事。世の中が狂ってきたのか、それとも、私が世間知らずなのか・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

驚くべき空白

ウォークコースで驚くべき現場に出くわした。

Dvc00031
時間は夕日もとっくに暮、暗いが車道の明かりで薄らと人の動きは見える。よくよく見たならば、動物の営みが行われていた。

ヤバイ!私は覗き趣味はないので、何度も振り返りながら帰途についた。

翌日、出社時に何時ものコースを歩いていた。昨日のことを思い出したのだ!

橋ゲタの奥に、段ボールで仕切った部分がある。この部分は何処からも見えない。が、私は以前のこともあるので寄り道をした。覗いてみたら、写真のごとく、段ボールが整然と敷かれ、一つの部屋を形成していた。ホームレスの住家を思わせる。

この場所は中学生風の連中が出入りしていた場所である。

男女の営みはラ○ホか、自室と思っていたが、まさかこんな所で・・・

この上は何時も通る車道であるが、その下で男女の営みが行われていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

札幌南区でクマ3頭射殺

最近札幌市内に例年になくクマの出没が多い。先週は私の町内にも出没した。

7日午前10時10分ころ、札幌市南区藤野の農地近くの山林で、札幌市の農協が設置した駆除用の箱わな(鉄製おり)にクマが一頭かかっているのを、近くに住む農家の男性(65)が発見した。クマは道猟友会のメンバーが射殺した。

http://www.youtube.com/watch?v=jCmI6kV8qHY

同農協によると、くまは推定2歳のオスで、体長1メートル、体重80キロ。

5日、10日にも同市南区豊滝・砥山でクマ2頭が捕獲射殺されている。

私は、クマの射殺については反対である。市内に頻発し現れるクマの対処には、簡単に射殺して良いものか。確かに出没する区域には通学路も入っていることから子ども達や住民に対する安全面には問題があることは確かであるが、射殺ありきの対応では子ども達に与える心理的影響は計り知れないものがある。

札幌市内は自然が豊富で川にはいろんな魚が、岸辺にはいろんな小鳥が生息し、秋にはサケが遡上する。そこには子ども達の生き物を大事にする彫刻が至る所に目につく。さらに彫刻には生き物を大切にするメッセージが書き込まれている。

それなのに、おりに捕獲された2歳位の子熊を人間の都合で射殺。射殺した老人は英雄気取りで笑っている。そこには、動物を保護し、動物を愛する気持ちは微塵もない。

 動物は姿、形は違っていても、人間と同じく生きる権利はあるんだ。子熊にはお母さんも兄弟もいるはず。それを射殺とは、聞いて呆れる。

米国のアラスカ州のことであるが、捕獲したクマは麻酔銃で眠らせ、遠く離れた場所へ運び放すという。北海道でも同じ方法を取れるはずである。

日本で何故それができないのか。北海道に生息するヒグマの頭数は2000~3000頭と言われている。決して多い頭数ではないはず。

やたらむやみに熊を射殺し、それが野生動物に対する保護なのか?子供たちに対する生き物を大切にする教育なのか?大人のエゴに過ぎない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

よたれそつねならむ

我が家には3匹の室内犬がいる。お祖父ちゃんは16歳、お父さんは8歳、息子は2歳。
20101223_9_2
問題児は息子である。2歳にもなるが階段を登れないし、勿論上がったら降りれない。先日、ダッコし2階に上げたところ、階段を降りたがっていた。

私は、恐る恐る降りれるものと自己半判断し、様子を見ていた。ところがである!

ヤツは何を思ったのか、階段を一段一段降りるのでなく、一気に降りてしまった。想像がつくでしょうけど、転げ落ちたのだ!下で大字のようにのびて動かない。一瞬ヤバイと思った。

ダッコしたら、目はパチリと開けているが動かない。怪我をしていたら痛がるはずだが、その気配はない。

本人はショックで動けないのだ!

一応、心配なので動物病院へ連れていった。が、検査結果は異常なし(レントゲン代8000円損失)。

動物は飼い主に似ると言うが、ワシは用心深い人間で石橋を叩いても渡らない。まして、8000円の損失なんてありえない。

因みにお祖父ちゃんは飲んだくれ!

Dvc00013
お兄ちゃんは、ちょっかい出されても、我関せず!

20101223_10_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

独裁者は処刑される。

残酷な画像がでてきます。個人の責任において見てください。

世界の独裁者はどのような結末を迎えたのか調べてみた。大阪からも独裁者の声が聞こえてくるが、何を意味するのか・・・

1867年、メキシコ皇帝マクシミリアンは失脚し銃殺刑に処された。「顔だけは撃たないでくれ」と銃殺隊員のメキシコ兵に金貨を配ったが、逆に狙い撃ちにされたという

300pxedouard_manet_022

2089年12月25日、ルーマニア大統領のニコラエ・チャウシェスクは妻のエレナとともに即決裁判で公開銃殺された。

Images
Images6

Images7
http://www.youtube.com/watch?v=6MkWPyq7SzY

1945年4月28日、イタリアムッソリーニ総統ロレート広場で処刑され、ガソリンスタンドの屋根から吊るされ晒し者にされた。
M_karl20wolff

M_mussolini20et20sa20mac3aetresse_3

2006年12月30日イラク大統領サダム・フセインがバグダードで処刑された。

200pxsaddam_hussein_at_trial_july_2

Saddamexecution1kk7_m

Video of Saddam Hussein being executed - Google
Video

2023年10月20日、リビアカダフィ大佐私刑される
Img068

Img0683_3

Img0683_2

Img0683http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-097a.html

独裁者の最期は悲惨なものである。私は気にしているお方はこのお方。

北朝鮮、金正日(キム・ジョイル)総書記、お元気そうですね。個人としては日本との友好関係を望むのだが・・・

Kim_jongil_on_august_24_2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

我が町にクマ現れる

札幌・手稲でクマ

2日午前9時10分ごろ、札幌市手稲区富丘の市道で、クマ1頭が歩いているのを、通りかかった男性(42)が目撃し、110番通報した。

札幌手稲署によると、現場は同市手稲青少年キャンプ場「カッコウの森」の入口付近で、住宅街から約1キロの地点。クマは体長約1.5メートルで、国道5号線方向に歩いていったという。

市は同日午後から、キャンプ場向の「手稲本町市民の森」を閉鎖、散歩路の利用を中止した。キャンプ場は夏季営業が終わり、9月11日から閉鎖している。(北海道新聞)

早速現場へ行ってみた。我が家から直線で約1.5キロ、新聞記事では住宅街まで1キロということであったが、もっと近く300メートル位であった。Dvc00017_2

Dvc00016

立入禁止看板からは、直ぐ近くに住宅が見える。

Dvc00020_3

雑木林にはクマがすそんでいそうな雰囲気
Dvc00014_3

青少年キャンプ場へ向かう道は閉鎖されていた。

Dvc00022_2

三樽別川は川が流れクマの生息に適している。

Dvc00023

ヒグマは早いのでは10月末には冬眠にはいる。11月中には殆ど冬眠する。冬眠中は、一切食事は取らない。尿は膀胱壁から再吸収する機能をもっていて、排泄しない。冬眠期間は大体100日位である。メスクマは1月頃に出産する。

クマにまつわる話

1975年4月8日、長万部の国有林を調査していた人が雪の中に落ちた。そのときはまだクマの穴とは気づかなかったが、はい上がってからすぐ1頭のヒグマが飛び出してきて背後から脚を咬まれた。まだ若いクマだったが、持っていたスコップを振るって撃退した

 1976年12月2日、上川の国有林で雑木を伐採していた作業員の一人が、雪を破った穴から飛び出してきたクマに襲われた。鉈を持っていたが足下が悪くて振るうことができず、前足で頭を強打されて死亡した。このクマは翌日射殺された。推定13歳、体長160cmの雌。穴には2頭の子がいた。

 1977年4月7日、滝上町の国有林で作業員が穴から飛び出してきたクマに咬みつかれたが、口の中に右手を押し込むとクマは逃走した。この時も穴には2頭の子がいた(門崎允昭、ヒグマ、1987)。

ヒグマの凶暴な事件を一つ・・・気の弱い方は絶対読まないで下さい(昨年の記事から)!

古い事件ですが大正4年12月9日、苫前郡苫前村三毛別御料に入植した15戸の開拓農家の一つ大田三郎宅で惨劇は幕をあけた。

要吉(59)が昼食をとりに12時頃家に戻ると、屋内はシーンと静まりかえり、薄暗い炉端裏の片隅に幹夫(6)が佇んでいた。要吉は幹夫の傍に行き、小さく肩をゆすった。

重心はくずれ幹夫の身体は床に崩れおちた。右側頭部に親指大の穴があいており、咽喉がえぐりとられすでに息絶えてた。

事態を聞きつけた集落の男衆が家の中で見たものは、無残に切り裂かれた血だらけの夜具と、板壁一面に押された真っ赤な手形の跡であった。現場に残っていた足跡からクマに襲われたことは一目瞭然で大田宅の内妻マユ(34)の姿はそこになく、クマが逃げたと思われる道筋に、点々とした血痕とマユを引きずったと思われる形跡が林の中へと続いていた。

よく10日、マユ捜査のため男衆は班を組んで林に入った。大田宅から150メートルの所で、突然クマに出くわした。

1人が驚いて銃を撃ったが不発だった。クマは意外にも逃げた。

クマが飛び出して来たトドマツの根元からマユの頭蓋骨とほとんど食いつくされた腰下だけの両足が見つかり、おびただしい血痕で目覆うばかりであった。

葬式は恐怖のあまり人は姿を見せず、参列者は喪主のほか6人だけであった。大田の主が酒をふるまっていた夜の8時頃、板壁が大音響とともに打ち破られ、ヌッとクマが顔を出した。男衆は銃を撃ったのでクマは闇夜に消えた。

大田宅から500メートル離れた明景安太郎宅は、男衆がいない家の女や子供たちの避難場所になっていた。

屋内には、妻のヤョ(34)、長男力蔵(10)、二男勇太郎(8)、長女ヒサノ(6)、三男金蔵(3)、四男梅吉(1)、斎藤タケ(34)、三男巌(6)、四男春義(3)と要吉ら10人が居合わせていた。

突然居間のあたりで激しい物音と地響きがして、壁が破られクマが飛び込んできた。クマは「まず梅吉を背負いながら裕次郎を抱えていたヤョに向かった。梅吉の足腰に噛みつき親子3人を居間にひきずり、悲鳴をあげるヤョの頭に数度噛みついた。そのとき要吉は隅に隠れようと物音をたてたため、クマは要吉に向い、尻から右腰にかけて肉をはぎとった。

隠れる間もなく側にいた金蔵、春義は一撃で叩き殺され、巌は瀕死の重傷を負った。

野菜置場に逃げ込んだタケは我が子の泣け叫ぶ声で顔を出した所、クマはすぐさまタケを見つけ、いきなりその体に爪をかけ、部屋の中ほどまで引きずった。臨月の身であるタケは、腹をやぶらんでくれ、咽喉を食ってくれと絶叫しつづけたが、クマは生きたままタケの腹を引き裂き、胎児を床上にかき出した。

クマはタケの上半身から人骨をバリバリと噛み砕きながら食べ始めた。

まだ続くがあまりの悲惨さに書くのをやめます。

参考資料

北海道新聞

北の事件簿  合田一道+一道塾

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

晩秋の火山遺構公園を訪ねて(心霊スポットを訪ねて)

9月10、11日洞爺湖ツーデーマーチ(ウォーキング大会)時に訪れたが、10月29日家族洞爺湖一泊旅行をすることになったことから、再び晩秋の火山遺構公園を訪ねてみた。ここは心霊スポットとしても有名である。公園でありながら観光客は前回もそうですが、今回も1時間ほど観察していたが誰も見ることはなかった。ただ、管理人の車はあったが、直ぐ帰ってしまった。

この遺構は精神病棟であったが、1977年~1982年の有珠山噴火時、230人の患者は全員無事に避難した。

ごゆっくりとご覧下さい。

Dvc00065

Dvc00064

Dvc00067

Dvc00068

Dvc00069

Dvc00070

Dvc00071

Dvc00072

Dvc00073

Dvc00074

Dvc00075

Dvc00076
如何でしたか?夜は寝大丈夫ですか?さ迷う霊があなたを呼んでいますよ。あぁ~おそろしい!






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

庭の汚染土を東電に持ち込んだ男の言い分

SPA! 2011年10月11日号掲載) 2011年11月4日(金)配信

◆庭の汚染土を東電に持ち込んだ男 VS 東電社員

 福島第一原発から約130km離れたX市に住む会田ゲンさん(仮名・39歳)は、購入した線量計で庭の土を計測。0.5マイクロシーベルトという数値に驚き、庭の汚染土を土嚢に詰め、引き取ってもらうべく東電に向かった。以下、東電職員とのやり取りである。

「庭を掃除して出た放射能だから、引き取ってください。東電さんの事業で出たゴミですよ」

「国が汚染土の処分方法を検討中ですので、決定するまで当社は何もできません。お困りのご家庭にアドバイスしているのですが、庭の隅に深い穴を掘って……」

「そんなのイヤです! 自分で出したゴミ、というより毒でしょ。そんなの家に置いておけないよ」

「線量計をお借りしてもいいですか。(ゲンさんから線量計を借りて計測。0.9を示した一つの土嚢を指す)これなら数値も高いし引き取っても……」

「政府が検討中の除染基準1マイクロシーベルト以上(9月中旬時点)って、そういうこと?」

「とにかく当社へのゴミの持ち込みはご容赦ください」

「じゃあ、あなたの家に穴掘って埋めてくださいよ」

「……個人としても引き取れません。ご理解ください」

「理解できません!」

 押し問答の末、土嚢を置いて強引に立ち去ったというゲンさん。持ち込んだ土嚢の行方は不明なままだ。ただし、こうした行為は東電への業務妨害になりかねない。くれぐれもマネはしないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洞爺湖サンパレスホテル

10月29日家族他1名、総勢6名で一泊旅行をしてきた。札幌から約80km(2時間半)の距離である。私は1人別行動を取ったため早めに家をでた。

宿泊ホテル・サンパレス

15700100000353880_3

15700100000353880_2洞爺湖へは10時に到着、昭和新山ウォークの後、チェックインまでの時間つぶしに湖畔通りを散策した。

鉄棒に見えたが・・・

Dvc00109_2
湾曲していた
Dvc00110_5

実物かと思うほど精巧にできていた

Dvc00116_3

このような芸術は分からない

Dvc00118_3

左前方に見えるのは羊蹄山。手前は洞爺湖に浮かぶ中島

Dvc00120_4

こんな失礼な看板が・・・「あなたの行動を住民が監視している」。この看板は住民に対してのものでなく、観光客に対してのものである。この町は観光客に大きく依存している。なのに、こんな侮辱な看板はなんじゃ?

Dvc00083_2

夕食はバイキング、私たちのテーブルは皿の山を作った。食い過ぎて体重2kgオーバー。大人5名に中ジョッキーサービス、然し私以外は飲めないのだ。

Y326385512

大浴場、3回の入浴で体の芯まで疲れがとれた。

Spa03

夕食の写真を取るのは忘れたが、私の朝食です。勿論お代わりをした。

Dvc00002_3

朝食風景

Dvc00022

明日は、火山遺構公園(心霊スポット)にご案内致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

昭和新山ウォークの旅(洞爺湖・・・Ⅰ)

10月29日(土曜日)家族+親族は洞爺湖、サンパレスホテルへ慰労の旅にでた。私は当地でウオーキングをする都合上、1人、朝一番で家を後にした。

当日、時々日がさす絶好の天気日和。途中中山峠でトイレタイムを取、一路洞爺湖を目指した。

Dvc00057
今回のウオーキングコースは、昭和新山である。遠回りをすることから往復20km。何時もと変わらない距離。楽勝である^^。

かつてはこの地域は「東九万坪」という広大な畑作地帯で、壮瞥川の川沿いにはフカバという集落があった。この集落名は、かつて鮭鱒の孵化場があったことによる。(Wikipedia)

胆振縦貫鉄道が通るのどかな田園地帯だったが、火山の隆起とともに集落は消滅した。その痕跡は崩壊した鉄道の橋脚跡などに残っている。

昭和新山は昭和十八年暮れから二十年九月末にかけのどかな麦畑とフカバ部落を持ち上げ四ヶ月の爆発期を経て溶岩塔推上という珍しい現象を伴ってこの地に誕生した
 時は第二次世界大戦末期の混乱下にあり厳しい報道規制が敷かれ火山学者の十分な調査研究さえままならない頃であった
 この様な中にあって地元の壮瞥郵便局長三松正夫(一八八八 一九七七)は明治四十三年の有珠山噴火体験時に受けた学者の教えを想起し この火山活動を歴史の空白にしてはならないと 冷静な観察眼で創意工夫と努力想像を絶する苦難を重ねて火山誕生の経過を語る貴重な資料を世に残された
 更に敗戦の混乱の中 この新山を荒廃から護るため私財を投じて主要地域を購入
 万民の宝として保護に死力を尽くされ今日迄我々に自然のあるがままの姿を残された
 翁の私利私欲を越えた行動の意味を後世に語りつぐためにこの像をここに建立する
 ( 平成三年十二月二十八日
  昭和新山生成五十周年記念事業実行委員会
   壮瞥町長 菅原俊一謹書)

昭和新山への道、車は殆ど通らず、快適なウォークである。

Dvc00085

前方に昭和新山が見えてきた。

Dvc00091_2

旧有珠山への道、道路標識はあるが道路の体はなしていない。

Dvc00087_3

Dvc00088

遊歩道の左側は、雑木林にツタが絡まっている

Dvc00086_3

昭和新山へ到着。登山道は閉鎖されていることから、これ以上近づくことはできない。高さは約400m、噴煙は未だに噴出している活火山。

Dvc00100

シーズンオフのためお土産店も閑散としていた。

Dvc00099

一通り見た所で雲行きが怪しくなってきた。雨具を持参していなかったことから、洞爺湖畔まで走ることにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

ご先祖様は開拓農民

ここは函館市鱒川町・我が家の祖先は開拓農民。先祖は変われど農地、山林は100年前となんら変わらない。

田舎へ続く道は落ち葉に埋め尽くされていた、

Dvc00050

道路から我が家を望む(建坪は100坪、大きな家である)。深い森に囲まれ実家は60年以上の永き歴史をみてきた。私はこの地で生まれ山や川を友として育ってきた。

Dvc00057

これは、我が家の山林を示す境界線

Dvc00058_7

山林


Dvc00086_6

山林の中を流れる小川。ここにはヤマベやイワナが生息している。
Dvc00085_2
鱒川町には幾つかの伝説が残されている。その内取材し記事にするつもりである。

例えば、天狗岩(天狗が住んでいたと言う)。沼のたい(1mを超す鯉の主がいたという)。他に歴史を書くつもりである。(松倉鉱山(硫黄鉱山)、銅山他)。函館戦争による落ち人達の伝説(事実かも)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

チンポコの木

小さい頃、この木の名前は知らなかった。我々ガキどもはチンポコの木と呼んでいた。その木を久しぶりに見つけた。

一つとして同じものはありませんのでごゆるりとご覧ください。

こんなのはどうですか?4コブが良いと思うが^^

Dvc00044

先っぽのコブは如何です

Dvc00052

二つのコブに責められてみませんか

Dvc00048

これもいいかも^^

Dvc00050

こりやたまりませんね!45度はあるかも(笑)

Dvc00046_2

この反り返りはどう?コブ付きです

Dvc00053

バカ!何やってるか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »