« 猛烈に臭い話し | トップページ | ご飯、茶碗一杯の中にセシウム137は何個入っているか »

2011年11月20日 (日)

裏山

7月に書いた未公開の記事を転載します。

私の住む近くに手稲連峰から連なる山がある。

この山は熊やキツネ、狸、鹿などが出没する。

他にマムシ(猛毒ヘビ)、テンも生息している。テンは我が家の庭で巣作りしているらしいが巣は見つかっていない。

またワラ人形を五寸釘で打ちつけた場所もある。口には呪いの言葉を書きつけてあった。

偶然見つけたが気持ち悪く二度と近づかない。

ここは、札幌中心街から10km離れた所、一歩山に入れば別世界。

今回はその近くまで行って見ることにした。

いきなり、稲荷神社

Nec_0098_2

Nec_0100

ケモノの道を登ること30分、今にも熊が出てきそうな雰囲気

Nec_0110_2

石碑が見えてきた

Nec_0111_2

正三位勲一等農学博士佐藤昌介書

Nec_0102

昭和三年十月建之

北海道造林合資会社

記念碑建立以来82年、殆ど誰の目にも止まることなく風雪に耐えてきた。

関係者は生存していないだろうけど、子供や孫は知っているだろか?

多分、誰も知っていないだろう!

これから、何百年もここに立っているのだろうか。

台座は華奢ですが、今までも大きな地震にも耐えてきたのだから・・・

ずっと耐えて欲しい。

これ以上行くとワラ人形の所に辿り着く。

|

« 猛烈に臭い話し | トップページ | ご飯、茶碗一杯の中にセシウム137は何個入っているか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/53235540

この記事へのトラックバック一覧です: 裏山:

« 猛烈に臭い話し | トップページ | ご飯、茶碗一杯の中にセシウム137は何個入っているか »