« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

うんこの話

臭い話しです。私は通常、1日3回便をするが、最近出が悪い。

大塚製薬の調査によると、健康維持に欠かせない毎日の快便だが、小学生の4割に毎日排便がないにもかかわらず、改善が必要だと考えている母親は2割にとどまっている。

調査を監修した松生クリニック(東京都立川市)の松生恒夫院長は、腸内環境の悪化が将来の健康に大きなツケを残しかねないと指摘。親に対して

①おなかのはりなどがないか、子ども体をさすってチェックする

②しっかり朝食を食べてすっきり出す習慣化させる

③排便を我慢して硬くなった便で肛門を傷め、ますます排便を嫌がる悪循環を防ぐため、子どもの便の状態を観察する

健康な便と尿は次のような状態を言う。

①便の1回に出る量がバナナ2~3本位の大きさで、毎日3回出る。

②便の色は黄褐色で、臭くない便である。

③おならが出ない。

④尿の量は、1日1500ッ以上。

⑤尿の色は、無色透明に近く、臭いが少ない。

⑥体温は36.5℃

食べたものは、18~24時間で小腸約5mの内側に繊毛と呼ばれるヒダがあり、そこで栄養素を消化・吸収する。さらに、吸収されなかったカスは水分と一緒に大腸約1~1.5mへ送られ便として排泄される。大腸にはたくさんの腸内細菌がいて、便の3分の1は菌の死骸である。

便の中身は

3分の1は食べ物の残りかす

3分の1は腸内細菌の死骸

3分の1は老廃物

宿便について

食べ物のカスが便となって排泄されず、老廃物となりたまったもので、主に小腸にたまるが、大腸にもたまる。宿便は全部排泄するのは難しい。

宿便は長時間排泄されないと悪玉菌が増加し毒素を発生する。この毒素は血液に入り込み体全体に回る。体調不調の原因となる。

対策1として植物繊維多くとる。

健康な排便に欠かせないのが植物繊維。親子の摂取量について聞くと「親子とも足りているは31.1%」・「親は不足しているが子供は足りている15.3%」・「親はたりているが子供は不足している15.4%」・「親子とも不足している38.2%」。合わせて53.6%は子どもの摂取量は不足していると感じていた。

対策2として温水を飲む

油に冷水をかけると固まってこびりついてしまいますが、お湯をかけると、油は流れて行く。

体も同じで、冷水が体の中を通過していくとき、油分や老廃物をこびつかせてしまう。

他に温水の効果として、人間の体は60兆からの細胞からできている。しかも3分の2は水分である。古い細胞は死に新しい細胞に入れ替わる。冷水は粒子が大きいため細胞の中には入らず、細胞の外を通過していくため古い細胞内の水分と新しい水分の代謝ができない。

温水は肝臓の働きを活発にし、中性脂肪や高脂肪症、慢性疲労を抑え解毒機能をたかめることにより新陳代謝を良好な状態にする。

北海道新聞・東西メディカル研究所引用

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月29日 (木)

仕事納め

明日から1月3日まで正月休みに入ります。正月休みと言っても、別に計画もしていないし、寝正月だな。例年元旦は社会人駅伝を見て、2,3日箱根駅伝を見るのが何時ものパターン。元旦は駅伝の合間を見て手稲神社へ初詣。

大掃除や書類整理が終わってからご苦労さん会を各部屋で行った。車の通勤者が多いことからアルコールはご法度。お茶などで乾杯し30分で終了。テレビを見ていたら珍苗字をやっていた。十二月三十一日はひなしさんと読むらしい。珍しい苗字は沢山あるもんですね。日本と言うのもありましたね。

ところで問題です。分かった方には賞金100万です、出世払い(笑)。

さて、次は何と読むかわかりますか?

「□」←この字、一字で苗字と名前です。昨日のテレビでは出ませんでしたね。

歴史上の人物ですが、出世しませんでしたから書物にはあんまり残っていません。

わかりませんか!

ヒント1、田

ヒント2、中

ヒント3、ない

ヒント4、じゅう

(笑)・・・わかりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

ワシの朝食は600カロリー

ワシの一日の食事摂取熱量は1800カロリー。単純計算で一食600カロリー。多いか少ないかはワシには分からない。が、以前は2000カロリーくらいであった。このカロリーは病院の栄養士が勝手に決めた。

ワシは根は真面目なヤツですから、素直に栄養士の食事制限に従った。この1800カロリーは如何に厳しいものであるかを書き記しておく。

ワシは一日20kmのラン&ウオークを正月も休むことなく実行してきた。この運動で消費する熱量は1000カロリー。残りは800カロリーよりないのだ。カロリーは寝ていても消費するわけですから、仕事に使用する熱量は500カロリー。会社で寝ている訳ではないので体力の消耗は激しい。

現在は、カロリー制限したことにより30kgの減量に成功した。凄です。当初はお腹が出てぶよぶよ。ウエストは100を超えていた^^。

前書きが長くなりましたが、600カロリーの朝食をご覧ください。

Dvc00013

パンは1枚、納豆ネギをサンド、味はポン酢。(納豆は2分の1)

Dvc00005

レタス(3分の1)とトマト(1個)のサラダ。セロリードレッシングは自家製、ノンオイルで、濾過はしていない。ぶつぶつはセロリーの残骸。味付けは酢と醤油。

Dvc00010

ピーマンは自家栽培、この容器には約12~15個入る。3~4日でなくなる。他に激辛ナンバンが4本刻んで入れてある。味付けは酢と醤油。

Dvc00006

ジャガイモの煮つけ。味付けは、カレイの煮つけの残り汁と塩麹。白く見えるのが甘麹。食べるのは2、3個。(ジャガイモは自家栽培)

Dvc00007

千枚漬け。カブは自家栽培。漬け主はワシ。5枚位食べる。薄味である。漬物の場合は殆ど塩は素材の3%であるが、今回は2.7%位。もっと減らすことが出来るといいが、これ以上減らすと素材から水が上がらず腐る。赤い色は酢の量や種類で濃くなったり、薄くなったりする。

Dvc00008

ニシン漬け。であるが、ニシンの姿が見えない。誰かに食われたのだ。これも同じく、大根、人参、キャベツは自家栽培。買ったものは生姜だけ。これも同じく漬け主はワシ。2個位食べる。

Dvc00012

ミニトマトの漬物。珍しいかも?同じく自家栽培。漬け主はワシ。2個位食べる。

Dvc00004

納豆はサンド用。春菊のお浸し、自家栽培。味噌汁は365日食べる。芋とワカメ、飽きないのだ!写真撮るの忘れたが、牛乳も飲む。味噌汁にも塩麹を入れる。

メニューで気付いた方もおられるかと思いますが、酢をふんだんに使っている。健康を保つ秘訣かもしれませんぞ。

自家栽培野菜は1年分冷凍保存。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万能調味料

漬物用に、甘こうじを買って裏を見たところ、こうじを使っていろんな料理の作り方が書いてあった。その中に「塩麹」の作り方があった。塩麹を使うと、こくとまるやかな甘みがでるとともに、肉や魚は軟らかくなる。魚を一晩漬けて焼くと、干物のようなうま味が出る。勿論漬物にも使えると言う。

Dvc00024

早速作ってみることにした。

こうじ:200g

塩:90g

水:400cc

これらをよく混ぜて、蓋を少し開け、室温に置く。1日1回混ぜる。1週間から10日間ほどで

Dvc00023

発酵が進み、とろとろに柔らかくなると出来上がり。冷凍も出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

メリークリスマス

クリスマスはイエス・キリストの誕生日。しかし、我が家は仏教徒。本来ならば祝うことはどうかと思うが、最近は宗派を超えたハッピーデイと言うイベントに変わりつつあるような気がします。それは私だけかも知れませんが。

我が家では、一か月前からライトアップしています。

Dvc00014

Dvc00016

室内は

Dvc00016_2

我が家にしては、細やかどころか、豪華な食事です。

Dvc00024

あっ!サンタだ!(窓に写っていますが分かるかな?)

Dvc00001_2

信じられない光景・・・プレゼントがあるじゃないですか!

Dvc000022

今まで、サンタさんはいないと思っていましたが、いました!ちゃんといました!

Dvc000037 

皆さんのお家へサンタさんは来ましたか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

月寒あんぱん

月寒あんぱんで有名な、株式会社ほんまのあんぱんを買ってきた。ほんまは明治39年創業の老舗。札幌月寒から平岸に抜ける道路「あんぱん道路」工事現場で月寒あんぱんを食べながらの道路作業はあまりにも有名な話しである。

詳しくは歴史探訪・アンパン道路をご覧ください。

小豆こしあん・南瓜あん・黒糖あん・黒胡麻あん・抹茶あんセット、5個入り(500円)を買ってきた。

Dvc00001

Dvc00003

我が家は5人家族↓を更にカットし4分の1にし、其々の味を堪能しました。味はくどい甘さはなく、家族は食べやすいと言うことでした。

上から、黒糖あん、南瓜あん、抹茶あん、黒胡麻あん、小豆あんです。美味しそうでしょ^^。

Dvc00004

ちなみに、私は「ほんま」の回し者でない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

図太い奴ら

12月20日、札幌市長と札幌市議の給料・報酬は現状維持となった。札幌市長の諮問機関である札幌市特別職報酬等審議会(会長・内田和男道武蔵女子短期大学長)は19日、市役所で会合を開き、答申で市長、市議の給料・報酬水準の据え置きを求める方針を決めた。来年1月下旬の次回会合で答申を正式決定する。市も答申を尊重する意向で、給料・報酬は据え置かれる見通しとなった。審議対象になっているのは、市長(月128万円)、副市長(月103万円)の給料と、月86万円の市議報酬など。

一方、10月26日、札幌市人事委員会は札幌市議会及び札幌市長に対し職員の給料に関する報告及び勧告を行いました。それによると、1年平均24000円の削減である。職員の給料は3年連続減少。

コメント

本来なら手本を示すべき市長・市議は据え置いて、部下の給料を削減。この人たちは一体何を考えているのかな、別に何も考えていないか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

札幌ビール園で大ジョッキー18杯を飲んだ男  (男シリーズ10)

ある夏の札幌は夏まつりに突入していた。男は有志一同と札幌ビール園に来ていた。メンバーは女性5人、男性5人である。勿論アルコールの強いヤツもいれば弱いヤツもいた。男は強い方である。

屋外のテーブルでジンギスカン鍋を囲み、祝宴は始まった。男は何を言わずがむしゃらに肉に食いついていた。男は自炊生活をしているせいか、このようなエサにありつくと黙々と胃袋へ詰めこむ。ビールはお茶代わりでもあった。

男が一息ついた時には、大ジョッキー8杯を飲み干し、さらに、勢いを増していた。男の同僚もすごい勢いでがっぷり四つに組んで離されようとしない。

この時点で暇な連中は、どっちが勝つか賭けをやりだした。一口千円。賭け率は7:4で男の人気は今一つ。

13杯過ぎた頃から、男は1杯のハンディをつけられていた。時間はたっぷりあることから男は焦っていない。

15杯あたりから同僚の勢いは止まった。男との差はこの時点で更に広がり1杯半のハンディを背負っていた。男はヤバイと思った。

同僚はトイレに立った。この時、男は大ジョッキーを一気に飲み干した。差は縮まった。

トイレから戻り、事実を知らされた同僚は、口に運べど喉に流す込む量は減っていた。

17杯目で男は逆転していた。同僚も追いついてきたが、既にグロッキー状態。勝負あった!

18杯目はさすがにキツイが男は飲み干した。大ジョッキー18杯である。この記録は未だに仲間同士では破られていない。

男は吠えた!永久に不滅だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

ヒッチハイクのエサにされた男  (男シリーズ9)

北朝鮮の金正日総書記が亡くなられ世界中が大騒ぎしている中。くだらんプログを送信しお詫び申し上げます。

それでは、暫くのご静粛をお願い致します。

男は朝一番でお客様へ製品の配達をしていた。知事公館横で信号待ちをしていたところ、若い女性が近づいて来た。

女性:すみませんが、この車は旭川方面へいきませんか?

男:うん?どんな御用ですか?

女性:旭川方面へ行くのでしたら、途中まで載せて欲しいのですが・・・

信号が変わりそうになったので

男:ひとまず、乗りませんか

女性は乗り込んできた。見た目は20代前半か、色白の綺麗な娘であった。身なりもしっかりしていた。お金を節約するためか、それとも文無か?

男:お話を伺って場合によりお送りしますよ。この車は砂川まで行きます。

女性:本当ですか、助かります。実は昨日友人の所に遊びにきたのですが、バックに入れてあったお金が無くなっていたものでしから。

男には、かすかな期待が湧いてきた。もしかして、ものになるかも・・・

男:それは、困りましたね。朝食まだでしょ?

女性:はい、でも、家まで我慢します。

それから、女性に食事をご馳走し、途中から列車で帰りたいのでお金を貸して欲しいという。男は、名前や住所、電話番号を聞き1万円を貸してあげた。

帰り際、女性はアナタのような優しい方に会ってよかったです。あらためてお礼をさせてください。と言って、男の電話番号を聞いてきた。

月日は流れ紅葉の季節に入っても1万円からは連絡がない。やられたと思った。教えてくれた電話番号に電話をかけたが、現在この電話番号は使われていませんと。冷たい返事!もちろん住所もデタラメであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

ネコの方が可愛いかった

古新聞のスクラップを整理していところ、北海道新聞夕刊に次のような記事が載っていた。

千葉県柏市で5月、2歳10か月の男児が十分な食事を与えられず餓死した事件で、柏署に保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された父親の無職小坂雄造容疑者(39)が「子どもより猫の方がかわいかった」と供述していることが10日、捜査関係者の取材で分かった。柏署は男児が餓死するまでの経緯をさらに詳しく調べている。

捜査関係者によると、小坂容疑者は妻里美容疑者(27)=同容疑で逮捕=と、死亡した蒼志ちゃん(2)、長女(6)、次女(5)の5人暮らしで、猫も飼っていた。

事件は5月26日に発覚、午前1時20分ころ、里見容疑者が「子どもが呼吸していない」と110番。救急搬送先の病院が、蒼志ちゃんが極端に痩せていることを不審に思い、虐待の疑いがあると柏署に通報した。

幼い子どもの虐待が後を絶たない。何故、親が自分の子どもを虐待するのか?異常心理者としか言いようがない。

小鳥でもヘビに雛が襲われると我が身を制してヘビに挑戦を挑む。なのに猫の方が可愛いとは許せる言葉ではない。

この両親は実刑判決が下っても10年くらいで仮出所する。刑が軽すぎる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

三途の川を渡りそこねた男  (男シリーズ8)

男の貧乏生活もここまで落ちれば生きる屍も同然。男は三角屋根の3畳ほどの部屋でのたうち回っていた。職業は学生らしい。らしいと言うのは本人が言うだけで、誰も学校へ行く姿を見たことがないからである。

男は既に3日間、ご飯に有り付いていなかった。頬はコケ、汚いせんべい布団に包まっていた。胃に流し込むものと言えば砂糖水のみ、その砂糖も残り少ない。お金は勿論ない。

男は1ヶ月前は優雅な生活を送っていた。この頃は学校にも顔を出していたようである。なにせ麻雀キチガイではまり込んだら2,3日は雀荘から離れない。これだけ、勉強に熱をだせば親父も怒らないが、仕送りのお金は麻雀と女に消えていた。

ある日、突然仕送りが止まった。電話で言う親父の言葉は、馬鹿に送る金はないである。それから男はバイトに励んだが、元々堕落な性格なのか、日雇いで貰ったお金は直ぐ消えていった。

その内、バイトもやめ部屋でごろごろしていたが、食うお金も底をついた。友人にお金を借りようとしたが、男の友人は皆貧乏人である。類は友を呼ぶというけれど、まさにその通りである。

友人が心配しパンを持ってきた。あの貧乏人がよくパンを買うお金があったと関心していた。聞いたところ、友人から貰ってきたという。よって、ここにあるパンは相当古いらしい。腹が減っていたせいもあり、3個一気に食べた。ら口の中がネバネバ、少し腐れている。が、お腹を壊すことはなかった。

翌日、親父が突然やっていた。バカたれ目がと言って封筒を置いて3分もいないで帰っていった。封筒には5万円が入っていた。メモには無駄使いしたら、もう諦めるからな!・・・意味はすぐに分かった。

後で、聞いた話によれば、友人が親父に電話したらしい。一言、息子は餓死寸前だよと言って電話を切ったそうです。

夢の中で死んだ母親の呼ぶ声が聞こえた。綺麗な川がながれ、その向こうは花畑であった。母親は花畑に立っていた。私の名前を呼んで、こっちへ追いでという。この川を三途の川と言うのかもしれない。

いままで、同じような夢を2回みている。2回とも川を渡ることは無かった。渡れば死んでいたのかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

群れの魚も夫婦で育児

Img075

こんな記事が新聞に載っていた。確かに思いつくことがある。独身時代熱帯魚を飼育していた時期があった。エンジェルフィッシュやグッピーやその他多数。エンジェルフィッシュは幼魚を口に入れて育てていた。観察していると、尾びれで水をかき新鮮な水を送っていたし。

この記事を見るまで、魚は産みっぱなしだと思っていたけれど、そうでもないらしい。

記事によると、群れを作って生息している魚でも、親になれば互いに相手を識別し夫婦で協力して子どもを育てているようである。

どうして、無数に泳いでいる幼魚から自分の子だと分かるんだろう?人間より頭がいいのかも知れません。人間は自分の子どもを虐待するヤツが多いからね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月16日 (金)

太郎物語

田舎の実家に居候がいた。名前は太郎という。日中は殆ど寝ているが夕食を終えるといつの間にか居なくなる。

太郎は町内ですこぶる評判が悪い。なにせ遊んでばかし。夜になると悪行の数々。いささか両親も困り果てていた。

先日、お巡りさんのお出ましとなったが、逃げ足が速いのだ。既に逮捕状もでている。容疑は強姦である。

この間は、深夜に忍び込みみち子がヤラレタらしい。太郎はその足で光恵と貞子も襲った。町内の娘たちは恐怖のどん底に陥っていた。

町内では、未婚の出産が続いていた。この頃太郎は実家に寄りつかなくなっていた。が、

先日、久しぶりに家に戻ってきた。調子がおかしいのだ!よく見た所、袋にバンソウコが貼られていた。ヤラレタと思った。

この間、隣村の村長が来て、アイツ許さんと怒り狂っていたから、村長にヤラレタのだ。

村長は資格はないが、玉抜きの名人なのだ!カッターナイフで袋を裂き。コロンと出てきた玉をサッと抜き取る。その後はバンソウコを貼って終わり。

その後太郎は道行く犬族に同情の眼差しを向けられたいた。

みち子と光恵、貞子は元気な子犬を産んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

喧嘩早い男  (男シリーズ6)

男はいつもぐーだらな生活を送っているが、変なところに正義感が強い。朝礼も終わり。職場を巡回している時、屋根の雪解け水が機械に滴っていた。屋根のどこかに穴があいているのだ!

早速、建物管理の総務課へ事情を説明し、早急に修復をお願いした。ところが1週間経っても総務課の動きはない。再度総務課長へ穴の修復を積雪が多くならない内に実地するようお願いした。また1週間が過ぎた。総務課からはうんともすんとも言って来ない。

男の職場は北海道経済産業局認可の基で電気機器を製造している。設備は全て経済産業局に届けている重要な機械である。3年に一度立入検査があり。認可が下りないと仕事は休業状態になる。そのような大事な機械に雨漏りがあり、使用できなくなれば、大変な損失。

怒りが込み上げてきた。就業前、総務課長へ抗議。

ワシ:あんた(課長)ワシがあれほどお願いしているのに、どうなってんだよ。途中経過報告あってもいいんじゃない。

ワシがあんたと言ったから頭にきたらしい。無言である。

ワシ:ワシは重要な機械を預かってる責任者として来ているんだよ。無視するのか!ふざけるな!

課長:なんだと、ふざけるなとはなんだ!

ワシ:だったら、なんで修理計画内容を報告しないんだ。あんた若しかして業者と交渉していないんじゃない?

課長:無言・・・忘れていたらしい。

ワシ;あんたと話してもダメだな。部長に相談するか!

課長;いや~さっきは興奮して悪かった。ちょっとした手違いでまだ、業者を呼んでいない。これから直ぐ呼び、修復させるから申し訳ない。

ワシ;ワシも一言多かったけれど、宜しく頼むわ!

おわり(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

立木に激突した男  (男シリーズ5)

男が住んでいる手稲区はスキーのメッカ、手稲山がある。1972年(昭和47年)第11回冬季オリンピックが開かれた場所でもある。

手稲山では、男女大回転、男女回転コース、ボブスレー、リュージュ競技が行われた。

男はスキーはそれほど得意としていないが。当日は何を思ったのか男女回転コースにいた。スタート地点からゴール地点を覗くと目が眩むほど傾斜が激しい。

男はへっぴり腰をし、震えているようであつた。彼女が先陣を切って滑り出した。男はよろよろとスタートを切った。転倒したなら下まで転げ落ちる感じがする。彼女は既にゴール地点に達していた。男は腰をひき今にも転倒しそうであるが、滑り始めていた。彼女に良いところを見せたいところだが、そんな余裕などない。男は中ほどまで滑ったところで一休みをした。下では彼女が手を振っている。

また、男は滑り出した。もう少しでコースが終わるところで気が緩み大転倒。

怪我もなく無事に難敵を攻略。

ところが、スキーはこれで終わっていなかった。彼女はバスで帰るのでなく山スキーで家に帰るという。ようするに山林を掻き分けて帰る道があるのだ。男は初めての経験。回転コースに比べたら楽勝である。ところがそうでないのだ。

途中から激しく雪が降り出した。先を行く彼女の姿はぼんやりと見えていたが、そのうち見えなくなった。男は焦った!スピードを上げたのだ。

スキー跡は微かに残っていたので、目が集中していた。突然物凄い衝撃が走った。

一瞬気を失った。意識が戻った時は激しい痛みが全身にあった。骨折や裂傷はないか気なった。周囲を見たが血の跡は残っていない。次に手を動かしたところ、普通に動く。次に右足を動かした、更に左足。痛くない。しっかり動くのだ!

怪我をしていない。しめた!しかし、片方のスキーは遥か彼方へ行ってしまったらしい。よく見たら細い立木に激突していた。これで無傷とは信じられない出来事。

ちなみに、彼女は今、男の賄い婦である(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

糞つぼに落ちた男  (男シリーズ4)

男がガキの頃、田舎はどこも、糞つぼを持っていた。糞つぼの構造はどこの家も同じ。土に大きな穴(深さ2m位縦横4m位)を掘り。屋根は草ぶきの簡単なものであった。農家にとっては貴重な肥料なのだ。

男に不幸が訪れたのは、糞小屋の近くにスケートリンクがあったことである。水田に水をはっただけ、表面は凸凹だらけ。それでも遊び場としてはガキどもに人気があった。

スケートリンクは何時も糞の臭いが漂っていたが、その日は糞壺に薄氷がはり、さらに前夜雪が降ったため、うっすらとその表面を覆うっていたため、臭いは消えていた。

男は何を思ったのか、疲れたと言って糞つぼ小屋へ入って行った。その瞬間悲鳴が聞こえた。糞つぼに落ちたのだ。直ぐ悲鳴を聞いて大人たちが駆けつけてきた。

男は糞つぼで溺れていた。大人たちもどぶんと糞つぼに入り男を抱きかかえた。男は全身糞だらけ、勿論頭や顔も真っ黒け。溺れたのですから口の中や胃袋にまで入っている。

男は直ぐ救急車で運ばれた。

翌日、糞つぼ小屋のスケートリンクには、糞男が来ていた。懲りない男なのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

ボーリング大会で完全試合を逃した男  (男シリーズ3)

男がだいぶ若い頃の話しである。

それは、会社大会の出来事。大会の後は懇親会で一杯飲むことになっていた。男の会社は女子社員が結構多いのだ!男は、はりきっていた。好きな女がいたのだ!

1フレームからストライクが続いていた。気が付いたら5フレーム目にはいっていた90点。後ろは若い女の子がキャーキャー言っている。男はニタリと薄気味悪い笑いを浮かべ、例の女がいることを確かめた。

6,7フレームもストライク、男は恰好よく投げようと邪心が入りだしたことに気付いていなかった。それでも8フレームもストライク180点である。男は自信があった。後ろの黄色い声援は頂点に達してきた。男は例の女が居ることは忘れていなかった。

9フレームも難なくストライク210点。10フレームに入り、頭がボーとしてきた。同時に足が震えてきた。こりやどうしたことだ!男は狼狽えた。10フレームの1投目はストライク240点。大台は目前、2投目は若干ボールを落とす位置が高かった。ドスンと音がした。ラインは間違っていない。ボールはストライクゾーンに入った。ピンは激しく飛び散った!

一瞬静寂が戻った。2番ピンが残っていた。スペアをとったものの260点。男は懇親会の主役となったものの、元気はなかった。目当ての女は懇親会に出ることもなく帰ったのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

会社をサボった男  (男シリーズ2)

男は若きころ、下手なウソをつき会社をさぼり、釣りに出かけた。小樽の友人が漁船をチャーターしたのだ!悪友5人で小樽港から厚田方面へ漁船を走らせた。漁場に着いたが、前夜遅くまで飲んで騒いでいたせいか、全員元気がない。二日酔いや船酔いなのだ!

船長は呆れてタバコをふかしていた。全員たらふく反吐を吐き、1匹も釣ることなく小樽港に戻ってきた。

翌日、顔を見てびっくり真っ赤に日焼けしていた。確か風邪にやられて寝ていたはずだ。

出社し、朝礼の時間になった。男は課長や部長に顔見られてはまずいので隅っこで小さくなっていた。一瞬だが、部長と目があった。男はすぐ視線をそらした。

当日、日帰り出帳。男は逃げるように車に乗り込んだが捕まった。部長はニコニコしながらやってきた。昨日は何処で寝たんだね。

もう、隠せないのでゲロをはいた。部長は課長にも一言挨拶してきなさいと温情あるお言葉。

課長は、何だお前その顔は・・・呆れたヤツだな・・・で終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

スピード違反を繰り返す男  (男シリーズ1)

男は優良ドライバーとして北海道警察から25年間無事故無違反の証を受けていた。

Img079

男は函館へ向かう高速道路を走っていた。何を思ったのか一般道路へでた。打ち合わせ時間に間に合うのか?男は黒岩漁港(八雲町)へ向かったのだ。

一般道路は混雑もなく快調な運転が続いていた。その時である、目の前がピカッと光った!同時にあわただしくスピード感知器が何事かしゃべりだした。なぬ!今の光はオービスか?バックミラーで確認、間違いなくオービス。スピードメーターを覗いたら時速90km。やばいと思いつつ、月日は過ぎ去った。忘れた頃、函館中央警察署から呼び出しがきた。

数日後、男は函館へ向かった。中央警察署においてオービスで撮られた写真を見せられた。90kmで飛ばしていた瞬間を撮られたのにブレもなく、そこには頗るいい男が写っていた。弁解の余地はないことを知った。担当者の言いなりである。結局29kmオーバー。裁判の日取りも決まった。

数日後札幌地裁で裁判があり、罰金8万円+1日の安全講習受講となった。点数などは忘れたが、その後1年間は無違反、点数は消えた。

男は、その後函館方面の運転は気をつけるようになった。

その日は、小雨降る嫌な天気であった。男はまた、函館へ向かっていた。坂を下り、緩いカーブを曲がったところで函館市内が一望。ホッとした。いつしかスピードが出ていた。ヤバイと思いブレーキを踏んだのと同時にパトカーが追いかけてきた。

くそったれ!と思ったが、もう遅い。免許書を持ってこっちへ来いという。奴らの対応はすこぶる親切。言い訳しても意味がない。今度は19kmオーバー。裁判はなし。罰金は忘れたが郵便局で支払って終わり。

2度あることは3度あると言う。2回は函館へ行く途中で御用になっていた。

その日は、何事もなく函館に着いた。今回は休日を利用し畑仕事。一泊し翌日午後函館を出発。帰路は捕まったことがないせいか、油断をしていた。

森町に入る手前が制限速度50kmなど知る由もない。坂を下り降りたところでゆるいカーブを曲がった瞬間、男に不運が待っていた。

またしても、パトカーが追いかけてきたのだ。左側へ車を寄せて止まれという。もう、男は慣れっこになっていた。今度は17kmオーバーであった。確か2万弱の罰金。これも即郵便局に振り込んだ!

男は叫んだ!ワシは函館方面は嫌いだ!警察も嫌いだ!にっくきオービスはもっと嫌いだ!

でも、この男には、その後も不運が付きまとっていた。4回目の御用となったのは、地元札幌の手稲署。18kmオーバー。

違反を振り返って見れば、点数が消えた1年後に必ずスピード違反をしていた。気の緩みとしか言いようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

盲導犬の話し(ラブラドルレトリバー)

北海道空知郡浦臼町キナウスナイの河川敷で11月16日午前、横転した乗用車から二人と一匹が救出された、2人は足に凍傷を負った程度で済んだ。お話しを書きました。

ぽんのブログ
救出されたのは、相馬愛政(81)と孫娘木村澄海(3)ちゃん。それに「ジュニア(ラブラドルレトリバー(7))」であった。

11月24日、奈井江町・北良治村長から、ご褒美として金メダル付きの首輪や犬用ガムが贈られた。

Img072

話しは少し遡るが10月29日に事故が起こった。

「いないと寂しい」旭川市の中嶋芳美さん(56)が7年前に北海道盲導犬協会かた貸与され、共に暮らす盲導犬「いぶき」は今、右後ろ足の指の骨折を治療している。

10月29日、協会で開かれたチャリティーライブを聴きに、いぶきと列車で札幌に出かけた。ライブの間、いぶきを風呂に入れて貰った。引き取りに行くと職員が「怪我をしています」という。中嶋さんはハッと気が付いた。列車で一人がけの席に座り、いぶきが足元にうずくまると、駅員に押されてきた車いすが隣に止まり、列車が動き出すとガタンと何かにぶつかる鈍い音がした。いぶきに当たったのだ!

いぶきは我慢強いし義務感も強い。骨折の痛みに鳴き声一つ出さず、目的地まで連れて行ってくれた。

また、ある新聞にはこんな記事が書かれていたことがあった。

Aさんはある日、盲導犬を連れて、札幌市内に出かけた。その日は会議が長引き、終わったのが17時。盲導犬はずっと、廊下に佇んでいた。オシッコを我慢し、ウンコも我慢し、水も、餌も我慢しながらずっと主人の帰りを待っていた記事を読んだことがあります。この犬種も同じでした。

犬はペットも含め、人間の我儘を根気強く聞いてくれます。犬は人間以上に人の気持ちを分かる犬です。

このような犬を、1年間に殺処分する頭数は「ペットショップの犬が売れ残った!さぁーどうする」を参照ください。

この三つの事件の主役はラブラドルレトリバーである。この犬種は盲導犬としても適している。

レトリバーの犬種は元々狩猟犬で環境に適応する能力が高い。人間と仕事をするのが好きな犬なのだ。

主な特徴は・・・

①頭が良い

②厳しい訓練に耐える

③我慢強い

④使命感に燃えるような犬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

異様な物体

私の通勤途中にある。遊歩道に沿って流れる川がある。この時期になるとカモが頻繁に飛来し、羽を休めている。この日も沢山のカモが飛来していた。

カモを写した積りが、得たいの知らない物体が画像に現れた。

Dvc000087

私を睨んでいるようでもあり、微笑んでいるようでもある。この画像には多数居た筈のカモの姿は見えない。よく見たら草の塊のようでまる。塊にしては不自然な気もするが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

雨ニモマケズ

記事は長いので、興味ない方は素通り下さい。

東日本大震災を機に、宮沢賢治の雨ニモマケズが静かなブームをよんでいる。震災後、俳優渡辺謙さんが朗読する姿が動画サイトで紹介されてからである。

Img074

略歴 1896年(明治29年)8月、現在の岩手県花巻市で質店・古着商の家に生まれる。盛岡中学、盛岡高等農林学校を卒業。その後、稗貫農学校(後の花巻農学校)教師となった。農学校を4年ほどで退職し、農民のための私塾「羅須地人協会」を設立。1993年(昭和8年)9月、急性肺炎により37歳で死去。

この詩は小さな手帳に書かれ、死後発見された。賢治の最後の職業は土壌改良用の炭酸石灰のセールスマンであった。生前発表された作品は一作だけで、没後、3000枚の遺稿から「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」「セロ弾きのゴーシュ」などが見つかった。

「雨ニモマケズ」

雨ニモマケズ  風ニモマケズ 雪にも夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ  慾ハナク

決シテイカラズ  イツモシジカニワラッテイル

一日ニ玄米四ゴウト

味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ  ジブンヲカンジョウニイレズニ

ヨクミキキシワカリ  ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ陰ノ  小サナ萱ブキノ小屋ニイテ

東ニ病気ノコドモアレバ  行ッテ看病シテヤリ

ニシニツカレタ母アレバ  行ッテソノ稲ノ束ヲ背ヒ

南ニ死ニサウナ人アレバ  行ッテコワガラナクテモイ、トイヒ

北ニケンクヮヤソショウガアレバ  ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒデリノトキハナミダヲナガシ

サムサノナツハオロオロアルキ  ミンナニデクノボートヨバレ

ホメラレモセズ クニモサレズ  サウイフモノニ

ワタシハナリタイ

また、朗読で有名なのが1993年2月26日、世界貿易センター爆破事件で亡くなった父親を偲んで9月11日、11歳の少女が朗読した詩がある。作者は不明でる(エスキモーという説もある)。

「千の風になって」(新井満訳)

Img073

私のお墓の前で 泣かないでください

そこには私はいません 眠ってなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を 吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ

冬はダイヤのように きらめく雪になる

朝は鳥になって あなたを目覚めさせる

夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください

そこには私はいません 死んでなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を 吹きわたっています

千の風に 千の風になって

あの大きな空を吹きわたっています

あの大きな空を吹きわたっています。

この詩はマリリンモンロー(女優)の25周忌にジョンウェイン(男優)も朗読している。

参考資料

北海道新聞・千の風になって(作者不明、新井満訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »