« 札幌ビール園で大ジョッキー18杯を飲んだ男  (男シリーズ10) | トップページ | 月寒あんぱん »

2011年12月23日 (金)

図太い奴ら

12月20日、札幌市長と札幌市議の給料・報酬は現状維持となった。札幌市長の諮問機関である札幌市特別職報酬等審議会(会長・内田和男道武蔵女子短期大学長)は19日、市役所で会合を開き、答申で市長、市議の給料・報酬水準の据え置きを求める方針を決めた。来年1月下旬の次回会合で答申を正式決定する。市も答申を尊重する意向で、給料・報酬は据え置かれる見通しとなった。審議対象になっているのは、市長(月128万円)、副市長(月103万円)の給料と、月86万円の市議報酬など。

一方、10月26日、札幌市人事委員会は札幌市議会及び札幌市長に対し職員の給料に関する報告及び勧告を行いました。それによると、1年平均24000円の削減である。職員の給料は3年連続減少。

コメント

本来なら手本を示すべき市長・市議は据え置いて、部下の給料を削減。この人たちは一体何を考えているのかな、別に何も考えていないか(笑)。

|

« 札幌ビール園で大ジョッキー18杯を飲んだ男  (男シリーズ10) | トップページ | 月寒あんぱん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/53542446

この記事へのトラックバック一覧です: 図太い奴ら:

« 札幌ビール園で大ジョッキー18杯を飲んだ男  (男シリーズ10) | トップページ | 月寒あんぱん »