« ボーリング大会で完全試合を逃した男  (男シリーズ3) | トップページ | 立木に激突した男  (男シリーズ5) »

2011年12月12日 (月)

糞つぼに落ちた男  (男シリーズ4)

男がガキの頃、田舎はどこも、糞つぼを持っていた。糞つぼの構造はどこの家も同じ。土に大きな穴(深さ2m位縦横4m位)を掘り。屋根は草ぶきの簡単なものであった。農家にとっては貴重な肥料なのだ。

男に不幸が訪れたのは、糞小屋の近くにスケートリンクがあったことである。水田に水をはっただけ、表面は凸凹だらけ。それでも遊び場としてはガキどもに人気があった。

スケートリンクは何時も糞の臭いが漂っていたが、その日は糞壺に薄氷がはり、さらに前夜雪が降ったため、うっすらとその表面を覆うっていたため、臭いは消えていた。

男は何を思ったのか、疲れたと言って糞つぼ小屋へ入って行った。その瞬間悲鳴が聞こえた。糞つぼに落ちたのだ。直ぐ悲鳴を聞いて大人たちが駆けつけてきた。

男は糞つぼで溺れていた。大人たちもどぶんと糞つぼに入り男を抱きかかえた。男は全身糞だらけ、勿論頭や顔も真っ黒け。溺れたのですから口の中や胃袋にまで入っている。

男は直ぐ救急車で運ばれた。

翌日、糞つぼ小屋のスケートリンクには、糞男が来ていた。懲りない男なのだ!

|

« ボーリング大会で完全試合を逃した男  (男シリーズ3) | トップページ | 立木に激突した男  (男シリーズ5) »

男シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糞つぼに落ちた男  (男シリーズ4):

« ボーリング大会で完全試合を逃した男  (男シリーズ3) | トップページ | 立木に激突した男  (男シリーズ5) »