« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

小学校で火災報知機を鳴らした男・・・19

男は、又しても応援に出されていた。男が応援に出されると、ろくなことはない。トラブル続きである。今回も計器用変成器の検定満了品を新たな製品と交換する作業である。男は名誉挽回とばかし張り切っていた。

Img082

今日の現場は札幌市発寒にある小学校である。前回の銀行の件もあったことだし、ミーティングは何度も確認された。

作業時間がきた。作業現場は電気室である。電気室はどこも狭いのだ。男たちは、古い機器を取外し、新しい機器と交換する作業を実地していた。

ところが、またしてもパトカーのお出まし、今度は消防車を従えてやってきた。なんじゃと思いつつ、様子を伺っていたところ、お巡りさんと消防士、校長先生は真っ直ぐ電気室に来た。外では、消防士は放水の準備をしていた。

男たちは、消防の訓練だと思っていた。ところが違うのだ!電気室の天井に設置してある、火災報知器が動作したらしい。男たちは限られた時間の交換作業であったことから、報知器が動作したことは知らなかった。

今回も、現場監督が油を搾られ、始末書を書かされたもようである(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホステスを罠にかけそこねた男・・・16

男は毎日、札幌ススキノ飲食街をうろついていた。ススキノの一角では名物男である。

男が通うスナックはススキノに3軒あった。簡単に3軒と言うけれど、ススキノで3軒は凄いことなのだ!その内の一軒にその○フジがあった。ココのママは昼間保険の外交員をやっていた。

店もしける午前3時、ママにばったり会ったのだ。まさか、スナックのママとは知らなかった。名刺を貰い翌日友人とそのスナックへ向かった。

店内は薄暗く、目が慣れるにつれてホステスの顔が分かるようになった。よく見たら、そこら辺にいる平凡な顔があった。が、その中に、一際可愛い子がいた。

うん!この子はいけるな。と男は思った。

男は二重人格者らしい。会社ではできる男と言われ、ススキノではいい加減な壊れた男と言われていた。ママは会社内の評判を聞いていた。会社は生涯破産することがないとママは思ったに違いない。妹をあの、ふがいない男とくっ付けることができないかと。

それから、ママの攻撃が始まった。

男は、相変わらず、昼は真面目人間。夜は怪しい人間。この生活のパターンは長く続くことはなかった。

ママからは毎晩携帯に電話が入った。このころ会社はAUの代理店。携帯電話は無料(古い形)であった。

ママの実家は旭川方面でお父さんは獣医。ママと、妹からは時々プレゼントを貰った。ある時、妹からモーターボートをプレゼントするという。釣りキチは知っていたのだ!

なに????一瞬戸惑った。聞くところによると、エンジンつきらしい。ダメだ!絶対ダメだ!

値段は35マン位、男は断る決意をした。ママから頻繁に電話が入ったが出ないことにした。

でも、今更卑怯なことも出来ず。ママと妹と会うことにした。

ママ:最近お店に顔を出してくれないけれど、難しく考えないでね!タ~さんにも将来設計もあることだし、良く考えてね!

妹は、田舎娘らしく一言も話さなかった。男は悪いと思った。

男:私も最近すごく悩んでいるんです。いい加減なお付き合いはしたくないし。男として卑怯な言い方になるけれど、お許し願いたい。縁がなかったのかも・・・心から悪いと思っています。決していい加減な気持ちでお付き合いした積りはありません。ママさんには温かいおこころざしを常に頂き有りがたく思っています。妹さんにはお返しする言葉もありません。お許しください。・・・・・・今でもはっきり覚えている。この言葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

銀行のドァへ車のカギを刺しこんだ男

当日、男は計器用変成器の検満工事の応援に出されていた。仕事先は北海道拓殖銀行(現北洋銀行)。停電作業を伴うことから休日である。作業は9時~11時30分まで。現場には30分前に着いた。勿論、銀行の担当者はまだ来ていなかった。

Img082 

計器用変成器(社内報より転載・男の専門分野・当社製・重量85kg)

男は、何を思ったのか、車のキーを銀行のドァへ刺しこんだ!2,3分したところ、パトカーが2台来た。現場にいた作業員5人は即拘束された。男共は何が起きたのか理解していなかった。それから間もなく刑事と支店長が顔を真っ青にして現れた。逮捕はされなかったが、事情聴取は長く続いた。キーを刺しこんだ当事者はそれほど取り調べはなかったが、現場監督は長々と取り調べを受け、結局その日の作業は中止。

当日の作業は検定満了品を交換する作業。法律にの取った作業であった。翌日、上司に油を搾られたことは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

増税に向け国会議員の給与減額へ・・・国民の目先を変えるのだ!

野田政権は15日、国会議員の給与に当たる歳費を来年度から減額する方向で検討に入った。消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革実現に向けて政治家が「身を切る」姿勢を示す狙い。24日召集の通常国会に関連法案を議員立法で提出する。公明党の山口那津男代表は15日、歳費減額に協力する意向を表明した。減額幅に関して岡田克也副総理は「8%以上」としているが、今後調整する。

コメント

民主党は09年マニフェストで公約した比例代表80議席削減公務員給与7.8%削減を速やかに実行し、さらに今回提案したマニフェストに無い国会議員歳費の減額を実地しべきである。

これらを、完全に実地してから消費税を論議しべきである。国会議員自ら身を削ることが、国民の理解を得ることになる。

マニフェストを更に言うならば八ツ場(やんば)ダム建設再開や看板政策の子ども手当、高速道路無料化、東京外郭環状道路復活、年金改革など公約違反は目に余るものがある。国民に対しての背信行為である。逆にマニフェストにない消費税をやろうとしているのですから、呆れて言葉もでない

公明党は歳費を来年度から減額に賛成する意向であることから自民党も減額幅(8%)の調整で賛成するであろう。何故なら、これで80議席削減を闇に祀ろうとしているからだ。この人たちは国民のためでなく自身の保身に躍起になっているように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ラブホで麻雀する男・・・15

男はゴールデンウイーク期間中、突然出張が入った。男が務めている会社の製品が事故を起こしたのだ!機器は電力関係、料金に大きく影響する。製品の重量は100kg~1.5トンもあるが、今回の事故は100kgクラス。

メンバーは初期調査が目的で、営業や経理、技術担当(男+1名)が室蘭へ出発した。勿論全員野郎どもである。出発時宿泊ホテルを探したが、勿論この時期はある筈がない。最悪の場合は車泊を覚悟していた。

室蘭に夕方到着。室蘭に会社のクラブもあることから、キャンセルを期待していたが、これも無駄な抵抗であった。でも、営業の連中は慌てていなかった。しかも、麻雀牌まで用意していた。

運転手は勿論営業担当、ヤツが目指したのは、なんとラブホテル。予想もしていなかった。ヤツが言うには、このような時期はラブホが盲点になっているという。

男共4人が、ぞろぞろラブホの廊下を歩いていた。ドァのライトが点滅している部屋があった。そこが我々4人の宿泊施設である。

既に、コンビニへ寄り、アルコールやツマミ、弁当を買っていた。これから、誰もが経験したことがないラブホで麻雀である(笑)。

宿泊費は4人で6000円位、1人当たり1500円、こんな安いホテルはない。しかも、温泉付き。隣の部屋を覗いたところ、大きな椅子がありそこには天井からロープが垂れていた。椅子には手錠や体を拘束するロープ。一瞬みただけで、どのようなことをする部屋かすぐわかった。

よく見たところ、椅子は結構汚い。こんなところに座される女性は可愛そうである。などと思いつつ、部屋を観察したあと、麻雀となった。

隣室にお客の気配があることから、音を出さず、静かに時間は過ぎていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雪の札幌から

日本海側では記録的な大雪が続いている。その影響は札幌にもあり。平年の2倍の大雪である。札幌から32km離れている岩見沢市では13日現在で積雪167センチに達している。

私の住む手稲区は平年41センチですが、現在は約2倍の79センチの積雪。札幌管区気象台長期予報は「平年並みか暖冬傾向」だったが、逆に大雪厳冬期をを迎えています。予報は見事に外れました。同気象台によると、ここ数日は冬型の気圧配置が続き、低温で雪は降りやすいものの、週明けから気温は平年並みに戻ると言う。はたして、本当か!

Dvc00011

ウォークコースは最悪な状態、前方から人が来ると交差するのに苦労します。

Dvc00006

中の川も完全に凍結し、カモの飛来も無くなりました。キツネもエサの厳しい季節、夜間パトロールした足跡が残っている。

Dvc00009

突然、頭上に敵機と思ったところ、13機のヘリコプターが隊長機を先頭に、戦場?を目指して何処へ飛んで行った!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

「妙にガタガタ」する道路だ!降りて見たら線路だつた

妙な事件が北海道幕別町であった。新聞記事によると、10日午後6時50分ごろ、十勝管内幕別町千住のJR根室線幕別町東13号踏切で、帯広市内の無職の男性(80)の乗用車が踏切から線路内に進入し、立ち往生しているのを近くにいた人が発見し、110番通報した。

帯広署によると、男性は踏切から左折し、釧路方向に線路を400㍍運転して停止した。線路を道路と間違えて踏切内に進入したと言う。「曲がるところが無いので変だと思った。妙にガタガタするので降りて初めて線路だとわかった」と話しているという。

男性は温泉から帰宅する途中だった。JR北海道によると、当時、現場近くでは約5キロ離れた幕別駅付近を普通列車が走行中だった。

JR北海道が線路から車を移動させるまで約1時間、札内ー幕別間は運行を見合わせた。この影響で、普通列車1本が部分運休、普通列車2本が最大で68分遅れ、乗客25人に影響が出た。けが人はなかった。北海道新聞引用

コメント

400mも線路内をガタガタさせながら走行し、その間、さほど異常きたした走行とは思わなかった。いはやは、なんたるツワモノだ(笑)!

400mを枕木の上を走った訳だから、アクセルを相当ふかさないと枕木間を次から次と超えることは出来ないはず。老人は帯広の方、幕別町は近いことから、この温泉には何度も来ていたはず。ようするに道路状態は熟知していて当然。なのに、どうしたことだ(笑)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

貧乏アパートに住む男・・・14

男に麻雀仲間がいた。大工さんである。彼は男の会社の増築をしたことがある。増築した3階に男は住んでいた。場所は札幌市北大通り西18丁目、良い場所である。東方面にはテレビ塔が見える。

大工さんは雨の日や、冬季は休業。冬季は毎日電話が入る。男も決して嫌いでない。誘われると何処へでも行った。

ある時、お前いつまでこんなうす汚いアパートにいるんだよ。いい物件あるから世話しようか?

大工さんの話しによれば、宮の森地区、高級住宅街である。マンションを経営している人と知り合いとか。その人には1人娘いるという。もし、ものにしたならば、億マン長者だという。男はものにするとかは番外地。借りてみるかと言う気持ちに傾いた。

あの頃、お金は十二分にあったのだ!

大工さんに仲介をお願いし不動産へ連絡を取った。貧乏臭いアパートから高給マンションへ身分違いの変身。話はとんとん拍子に進み2階に空室があると言う。ここで明らかになったのは、マンションの持ち主はお婆ちゃん。お婆ちゃんと住んでいるのは、親戚のお姉ちゃんだという。

大工さんが言うにはお姉ちゃんをものにすれば、億マン長者だという。あまりにもうまい話しに乗ったけれど、不安はあった。何故オレなんだ!身元もはっきりしない男なのに。

お婆ちゃんは男と会いたいといいだした。男は不信に思った。部屋を借りるのになんで大家さんと会わなければならないんだ!不動産が絡んでいるのであれば、会う必要はないと思った。

大工さんの顔を立て会うことにした。当日、お婆ちゃんと娘さんが来た。男はびっくりした。娘さんはまん丸なのだ。体重は100キロはあるようだ、何故今まで残っていたのか誰でも分かる(笑)。

100%見合いであった。男は心の準備をしていなかった。男は何時ものように汚いジャンバーを着ていた。

数日後、大工さんが来た。お前どうするんだ、先方は乗り気だぞ!と言われても、男は深く考えるタイプでなかった。まん丸いタイプは好みでないのだ!

それから、数か月経った。男は貧乏アパートでインスタントラーメンをすすっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

お姉さまに襲われた男・・・13

男は冴えない日々を送っていた。毎日お姉さまから電話が入るのだ!男とは10歳以上も離れたお姉さまは独身でマンション住まい。

知り合ったきっかけは会社前の居酒屋、友人3人と飲んでいたところに、2,3回会ったことがあるお姉さん連中が入って来た。目があった!嫌な予感がした。身なりの良いお姉さんが話しかけてきた。宜しかったら一緒に飲みませんか?

男は嫌だったが、他の2人は乗り気である。なにせ、暫くコイツらは女にありついていないのだ。女と名が付けば誰でもいいような連中。暫く一緒に飲んでいたが、男は気分は乗らなかった。帰ることにした。友人2人は残るという。

外に出た所で身なりのいいお姉さまも出てきた。つまんないから私も帰る。宜しかったら簡単なものを食べて行きませんかと言い出した。

男も腹が減っていたので、後に付いて行った。入ったところは、お姉さまのマンションであった。一瞬ドキッとしたが、歳は食っているが好みのタイプ。部屋に入ったところ、男の部屋と雲泥の差があった。これが女の部屋か!綺麗に整理整頓され、見渡したところ男気は感じられなかった。

お姉さまは部屋着に着替え、アナタも背広脱ぎなさいという。

お姉さまは台所で何か作っている。簡単なオードブルとウイスキーが出てきた。それから会社の話しや世間話をし、分かったことは、一度結婚をし子供も出来たが、離婚したという。子どもの姿を見かけないことから元旦那さんが引き取ったのかもしれない。

そろそろ帰ろうとした時、宜しければ泊まって行ってもいいのよと言った。さて、困った!泊まると言うことは常識的に考えて一線を越えることを意味する。遊びだから、いっかと割り切るべきかと考えるまでもなく、良いんですか?と念を押す。

その夜は乱れ何度交わったか思い出せないくらいでした。

男に不運が訪れたのは翌日からである。毎日電話がかかってくるのだ。酷いときは仕事中もかかってくる。こりやまずい女に関わり合いになったと思った。避けることにした。居酒屋に顔だすことも止めた。その内会社の前をウロウロすることもある。

意を決して男の考えを話すことにした。マンションを避け、ドライブに誘い込み話しをつけた。

男:いい加減にしてくれないかな、たった一度、夜を共にしただけで、付きまとわれては迷惑なんだよな。悪いけど、電話するのやめてくれる?

お姉さま:ごめんね、怒るお気持ち分かります。もう一度だけお会いしていただけません?

男:一度でいいんですね。町で会っても声を掛けないって約束できますか?

お姉さま:はい!自信ありませんが、お約束するわ!

二度目の密会はラブホとなった。

おわり・・・続き書きましょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

信号無視するおじいちゃん

この時期の札幌は白一色である。ラン&ウォーク中、高速道路の真下に通りかかった。この場所には信号機が3か所もある。それが一斉に赤になった。

先方を80歳位のおじいちゃんが歩いていた。服装は白っぽいが靴だけは黒い。道路は3本あるが、最初の道路は幅が狭く交通量も少ない。老人は左右をキョロキョロしてから、悠然と危ない足取りで渡りだした。2番目の信号も勿論赤である。老人は、最初の時と同じく左右をキョロキョロし、交通が途切れたところで、また渡りだした。

3番目の信号も勿論赤、老人は交通量が激しいのでキョロキョロは諦め、青になるおを待って渡った。

私は、信号を渡り切った所で老人に追いついた。ここは注意すべきだ!

私:おじいちゃん信号、赤の時渡ったら危ないよ。

おじいちゃん:何を生意気言うか!

私:生意気なんか言ってないよ、法律違反したらダメだよ。

おじいちゃん:何!ワシは法律違反なんかしてない。

私:おじいちゃん赤信号を渡れば法律違反なんだよ。そのように決まっているからさ。

おじいちゃん:ふん!

私:おじいちゃんね、交通違反して事故死しては情けないじゃないか、世間の人は、法律を犯して事故死したって言うよ。そんな人生の終わり方悲しいよ。

おじいちゃん:これから赤で道路を渡らないよ。法律違反なんだろう!

私:そうだね、おじいちゃん元気でね。この間約2,3分。

と、言っておじいちゃんを追い越した。おじいちゃんは、最初の信号機を渡った足取りでヨタヨタ歩き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

大雪

札幌市手稲区富丘は連日の雪に悩まされている。歩道は雪の山となり、歩行者は狭い車道を歩いている。

Dvc00017

雪の山となっているところは本来歩道がある場所、除雪車が寄せていくので角地はご覧の通りである。

我が家は3か所の(玄関、車庫前、ベランダ)雪かき部分があるので、この時期は腕や腰がやられる。

Dvc00014

真ん中の高い木は高野槇(こうやまき)である。ご存じの通り悠仁(ひさしとし)親王のお印(日本の皇族が身の回り品等に用いる御印章)が高野槇なのです。記憶は定かでありませんが、すくすく真っ直ぐ育つことから採用されたらしい。高野槇の北限かと思いますが我が家の庭には4本植えている。この辺りでは珍しい木でもある。

札幌は200万都市に近づいていますが、地域により雪の量は大きく異なる。最も豪雪地帯は我が富丘地区。少ない地区は山を一つ越えた南の沢方面、こちらは土が見えていることもある。

降雪はこれから本番にはいる。今から泣き言を言っているようではこの厳しい冬は越せない。

今日から札幌雪祭りの準備に入った。雪祭り会場は大通公園つどーの両会場で2月6~12日に渡って開催され、222基が作られる。雪像には7トントラック6500台分の雪が運び込まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

財布を頻繁に落とす男・・・12

7月も中旬を過ぎていた。男は出社するためスプリンタークーペのエンジンをかけた。途中、会社の女の子が歩いていたので拾った。助手席に女が乗り込んできた。綺麗な足を揃え斜めに倒した。男の目は前方を見るフリをし、視線は常に足。ふん!こんなに綺麗な足をしていたのかと思いつつ、自然と胸に目がとまった。次第に妄想が膨らみ、裸にしたらどんな体をしてんだろうな・・・

突然、タ~さん、さっきからどこを見てんのさと言い出した。

車を会社の駐車場へ入れ、更衣室で着替えをした。ん?財布がない。確か7万位入っているはずだ。車に戻り探してみたが無い。落とすことは考えられないので部屋に忘れてきたと判断し、昼休みに戻り確認することにした。

男は青い顔をして交番に入った。一応紛失届を出したが、友人の話しによれば、あてにしない方がいいという。

それから1年が過ぎた。その頃好きな女がいたが、女には彼氏がいるらしい。何度か送って行ったことがある。誘惑のチャンスを待っていた。いつも女が通る道で偶然通りかかったふりをし、声を掛けたところ、簡単に疑うこともなく乗り込んできた。今日は送るだけにし、なんとか付き合いの切っ掛けを作ろうと思っていた。

ところが、信号で止まったところ、青になっても動かない。なんだコイツ!エンジンが停止し、かからないのだ!女は車から降りてサッサと帰ってしまった。手伝って良いじゃないかと思ったけれど、それどころでない。渋滞しだしたのだ。後方から数人降りてきて退けろという。押してもらい、道路脇の小道に寄せた。

男は一先ず家に帰ることにし、貴重品を紙袋につっこみタクシーを拾った。このまま真っ直ぐ帰れば問題が起きなかったが、タクシーは飲み屋街の近くを通り掛かったことから、そこで降りた。

男は居酒屋へ入ろうとしたとき、紙袋が無いことに気付いた。袋には保険証やカード類、預金通帳、さらに封筒に入れた現金(3万円)もあったのだ。

直ぐハイヤー協会へ紛失届を出したが、乗ったタクシー会社名は知らなかった。

その日の内にハイヤー協会からそれらしき紛失ものが届けられているという。ハイヤー協会に届けられていたのは紛れもなく男のものであった。お礼にお菓子を置いてきた。良心的な運転手さん有難うございました。

男には3人、飲み友達がいた。1人は隣の会社、もう一人は同僚である。この日は給料日であることから5万円ほどポケットに突っこみ飲み屋街をうろちょろしていた。2軒目に入った所で財布が無い。来た道を戻ってみたがある訳がない。まだ、4万円以上残っていた。

直ぐ、ススキノ交番へ駆け込んだ。が、数か月経っても音沙汰無し。今まで、3回紛失しているが、戻ってきたのは1回だけ、まぁこんなもんでしょうね!

因みに、男は2回財布を拾っているが全て交番に届けた。しかし、謝礼は一度もなかった。法律では5%貰えるはずだ^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

八〇長麻雀をした男・・・11

新年早々、常識の軌道から外れた男シリーズを掲載します。

独身時代、男は麻雀に狂っていた。仕事が終われば会社のグラブに通い。金曜日は徹夜が当たり前。メンバーは同僚であったり、隣の会社の社員、他に親しく付き合っていた大工さんや土建関係の人もいた。変わったヤツではお〇〇りさんもいた(笑)。

八〇長はこのメンバー以外ではやらないことに決めていた(下手をするとヤクザが絡む可能性があるからである)。八〇長の方法は親しい友人と組むことになる。リーチ掛ける時のサインは徹底していた。

リーチのサイン

ピンズでリーチ掛けるときは、ダ行の言葉でかける。例えば、ダメかも知れんがリーチだ!

マンズでリーチかけるときは、サ行の言葉でかける。例えば、サテリーチだ!

ソウズでリーチかけるときは、無言でかける。

テンパイのサイン

1・4・7の場合は、捨て牌の上へリーチ牌を揃える

2・5・8の場合は、捨て杯の中央部へリーチ牌を揃える

3・6・9の場合は、捨て杯の下へリーチ牌を揃える

これで、相棒は聴牌の上がり牌を知ることが出来る。

相手が高い手でリーチがかかれば、相棒に振り込みのサイン(頭部や顔を手で触る)をだす。

細かいサインはまだあるが、大まかなサインは以上である。

儲けは二人の飲み代。

通常は、この汚い手は使わない。二人ともお金の無いときである。ところがある時、高い麻雀に誘われた。相手はいつも遊んでいた大工さん達であった。何かおかしい、聴牌になるが上がれなくなった。我々より大工さん達の方が早く上がるのだ!サインが読まれていた。

この戦いで1か月分の給料が消えた。ヤバイと思ったが後の祭り。その後男は二度と八〇長に手を染めることはなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

地球滅亡の前触れか

【その1】、2011年の元旦早々、ブラックバードと呼ばれているムクドリモドキ科の鳥約5000羽が、約1.6キロの範囲にわたって落下し、死亡しているのが見つかった米アーカンソー州の中部のビーブ市で、今年も同様の現象が発生していることが確認された。

A1eac4c3

【その2】米ロサンゼルス(Los Angeles)南郊のレドンドビーチ(Redondo Beach)のヨットハーバーで2011年3月8日、カタクチイワシ数百万匹の死骸(しがい)が浮いているのが見つかり、地元当局が原因究明に追われている。
 当局者は米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)に対し、魚が酸素欠乏のため大量死した可能性が浮上したと語った。
 「魚たちは口を開けて腹を上にして浮かんでいました。まるで、水が替えられなかった金魚鉢で金魚が死んでいるような感じでした。油などが流出した痕跡は見つかっていません」
 地元住民らは、強風により大量の魚が入り江に閉じ込められ、酸素が欠乏したのではないかとみている。
 一方、南カリフォルニア大(University of Southern California)の専門家は、「(大量死が)藻類の繁茂のせいなのか、大量の魚が入り江に閉じ込められたことによるのか、何らかの有害物質が原因なのか、調査中」としている。

A293d06b

【その3】、ハゴロモガラスが空から突然落下してきたのは2011年12月31日。アーカンソー州漁業狩猟局はAP通信の取材に対し、その数は3000羽以上に上ると話している。同州の家畜家禽局が3日発表した報告書によれば、なんらかの外傷を受けたとみられるが、詳しい原因は調査中だという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

吹雪とウォーキング

1月3日、箱根駅伝を見てから散歩に出掛けることにしたが、外をみたところ時々吹雪模様の天気。ちょっと悩んだが意を決して決行。

国道5号線に出た時には吹雪は酷くなってきた。午後2時半頃なのに既に薄暗く車はライトを点けていた。

Dvc00034

さくらつづみ公園の遊歩道は猛烈な吹雪が時々襲ってきた。小道は新雪覆われていたのでラッセルをすることにした。

Dvc00001_2

雪は吹き飛ばされ、それほど深くない。

Dvc00007

ラッセルは1kmくらいで足が痛くなり東屋でダウン

Dvc00008

一瞬であるが、カラット晴れあがった。

Dvc00028 

また大荒れの天気に変わった。

Dvc00010

冬季間のノルマは10kmであるが夏季間の20kmに相当する疲れがある。殆どの人はウォーキングシューズであるが私は長靴、重さはウォーキングシューズの3倍はある(笑)。遊歩道は狭いので交差するときに便利なのだ。女性や老人と交差する時は、自ら雪の中に入り道を譲る。が、前方から男が来ると、下を向いて歩き、知らないふりをして道を譲ろうとしないのだ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

初日の出

札幌の日の出は7時6分、眠りについたのは今朝の2時。眠いけれどベットからガバッと飛び起きた。身を刺すような寒気に一瞬、戦意を喪失したが、防寒着に身を包み高台に向かった。高台と言っても我が家から2~300mの距離。現場に着いた所、既に緖満員どころか、誰もいない。

2012年の初日の出の瞬間

Dvc00001

場所を移動(3m位)。

Dvc00002

雪の上にお神酒をお供えし(雪の上に垂らしただけ)、家族や、プログ仲間の健康を祈願した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

我が家の正月料理

調子にのり食い過ぎた、ただ今体重増加中!

Dvc00007

チャーシュー&煮卵

Dvc00010

タコ刺し

Dvc00020

イカ刺し

Dvc00008

ローストビーフ

Dvc00019

ホッキサラダ

Dvc00009

ポテトサラダ

Dvc00011

刺身盛り合わせ

Dvc00012

タラバ蟹

Dvc00018

フルーツ盛り合わせ

Dvc00004

牛肉

Dvc00006

煮豆

Dvc00007_2

筑前煮

2日で体重2kg増加、さて、どうする^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »