« ラブホで麻雀する男・・・15 | トップページ | 銀行のドァへ車のカギを刺しこんだ男 »

2012年1月16日 (月)

増税に向け国会議員の給与減額へ・・・国民の目先を変えるのだ!

野田政権は15日、国会議員の給与に当たる歳費を来年度から減額する方向で検討に入った。消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革実現に向けて政治家が「身を切る」姿勢を示す狙い。24日召集の通常国会に関連法案を議員立法で提出する。公明党の山口那津男代表は15日、歳費減額に協力する意向を表明した。減額幅に関して岡田克也副総理は「8%以上」としているが、今後調整する。

コメント

民主党は09年マニフェストで公約した比例代表80議席削減公務員給与7.8%削減を速やかに実行し、さらに今回提案したマニフェストに無い国会議員歳費の減額を実地しべきである。

これらを、完全に実地してから消費税を論議しべきである。国会議員自ら身を削ることが、国民の理解を得ることになる。

マニフェストを更に言うならば八ツ場(やんば)ダム建設再開や看板政策の子ども手当、高速道路無料化、東京外郭環状道路復活、年金改革など公約違反は目に余るものがある。国民に対しての背信行為である。逆にマニフェストにない消費税をやろうとしているのですから、呆れて言葉もでない

公明党は歳費を来年度から減額に賛成する意向であることから自民党も減額幅(8%)の調整で賛成するであろう。何故なら、これで80議席削減を闇に祀ろうとしているからだ。この人たちは国民のためでなく自身の保身に躍起になっているように見える。

|

« ラブホで麻雀する男・・・15 | トップページ | 銀行のドァへ車のカギを刺しこんだ男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/53744061

この記事へのトラックバック一覧です: 増税に向け国会議員の給与減額へ・・・国民の目先を変えるのだ!:

« ラブホで麻雀する男・・・15 | トップページ | 銀行のドァへ車のカギを刺しこんだ男 »