« 同窓会 | トップページ | グリーンジャンボ宝くじ »

2012年4月 2日 (月)

石器出土

函館の実家は約60年前に建てたものである。その頃、地ならしをしたところ、沢山の縄文式土器や骨、石器類が出土したという。

当時は遺跡にに対しての知識はなく、出土した土器類は全て崖から捨てていた。私が小学高学年の頃、玄関前に太い木株があり、それを引き抜く作業をしていた。何せガキ、何日もかかっても数センチより掘ることはできなかった。ようやく40センチ位堀進んでところ、慌ただしい土器類が出土。原形をとどめているものも何個かあった。

学校へ持って行ったところ先生が興味を示し、直ぐ見にきた。それから函館教育委員会へ報告をした。

函館教育委員会から調査が入った。調査したところ、他にも竪穴式住居跡が発掘された。土器は縄文式土器であることから縄文式時代(石器時代)と判明した。

この石器は我が家の宝物、これは調査が入る前に我々が発掘したもので、教育委員会には内緒にしていた。

下図から打製石器と思われる

20110113_1

石器の種類

S6_1

石器時代

人間は道具を使う動物といわれ、その道具の中で最初につくられ、しかも長期間にわたり使用されたのは石器であった。石器時代とは人間がまだ治

金術を知らず、武器・道具類にもっぱら石器を使っていた時代をいう。かりに人間の歴史を50万年とすれば、じつに99%の49万5000年までが石器時代であった。

日本の新石器時代を縄文式時代とも呼んでいる。縄文式とは、当時の遺. 跡から発見 される土器に縄目のついたものが多いので、縄文土器と名づけ られたことによる。 土器 の無かった数万年の間は、もっぱら石器だけに頼って生活していた。

日本の先史時代石器時代は紀元前三世紀頃まで続くが 狩猟や漁労を主としたこの 時代には縄文式土器の使用が見られた。大陸の文化から孤立し、其の範囲は北海道 から沖縄迄及んでいた。貝塚土器や土偶でその生活の一端をしのぶことが出来る。

アンモナイトの化石

発掘場所は不明であるが、実家から貰ってきたもの、詳しくはわからない。これも我が家の宝物。

20110113_2

アンモナイトとは

アンモナイトは4億年まえのデボン紀から6500万年まえの白亜紀まで、栄えた海にすむイカやタコの仲間(軟体動物頭足類)です。アンモナイトの殻の下には独特の模様が見られ、これは殻の中の部屋と部屋とをしきる壁の模様で、縫合線といいます。この縫合線は進化とともに複雑な模様になることが知られていて、アンモナイトの形とともに分類のめやすになっています。

|

« 同窓会 | トップページ | グリーンジャンボ宝くじ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/54366059

この記事へのトラックバック一覧です: 石器出土:

« 同窓会 | トップページ | グリーンジャンボ宝くじ »