« カロリーオフ、糖質ゼロはホントなの? | トップページ | 社説:夏の節電対策 脱原発社会への一歩へ »

2012年5月19日 (土)

胆管がん多発:死亡男性「有機溶剤で悪環境」

毎日新聞 2012年05月19日 02時31分(最終更新 05月19日 02時34分)

熊谷准教授から亡き息子あてに送られた手紙をみる母=遺族宅で大島秀利撮影
熊谷准教授から亡き息子あてに送られた手紙をみる母=遺族宅で大島秀利撮影

 「元同僚が同じようながんで次々死んでいく」−−。西日本のオフセット印刷の校正印刷会社で、発症が相次いだ「胆管がん」。遺族らは厚生労働省に全容の解明と被害拡大の防止を求めている。 

 きっかけは昨年春から、胆管がんのため40歳で死亡した男性の遺族らが熊谷信二・産業医科大准教授に相談したことだった。男性は両親に「職場は有機溶剤が漂い、環境が悪い」と言い退職した。5年後に胆管がんを発症すると、両親に同僚が同様の病気で若くして亡くなっていることを明かし、苦しみながら帰らぬ人となっていた。父は「人生半ばで亡くし非常にショックだったが、労働環境を改善してもらわねば」と調査を願った。

 熊谷准教授は、男性が受け取っていた年賀状をもとに、31歳で死亡した同僚の兄あてに手紙を送って調査の協力を依頼。その母親から電話で「実は、兄も弟と同じ会社に勤めていましたが、4年前に46歳で亡くなった。2人とも胆管がんでした」と告げられた。

熊谷准教授が遺族らに手紙を書くなどして元従業員らに当たると、仕事中に吐き気がしたり、少しアルコールを飲んだだけで肌がまっ赤になる同僚もいて不思議だったなどとの証言も出てきた。遺族に病院への開示請求などをしてもらい、医学資料を集めると、5人が胆管がんにかかり、うち4人が死亡していた。

 息子2人を失った母親は「悔しくて無念です。これから働く人のために病気をなくしてほしい」と厚労省の調査の行方を見守っている。【大島秀利】

|

« カロリーオフ、糖質ゼロはホントなの? | トップページ | 社説:夏の節電対策 脱原発社会への一歩へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胆管がん多発:死亡男性「有機溶剤で悪環境」:

« カロリーオフ、糖質ゼロはホントなの? | トップページ | 社説:夏の節電対策 脱原発社会への一歩へ »