« 名古屋三越栄店:従業員も鮮やかな浴衣姿 特設売り場開設 | トップページ | 日産:本社でNYタクシーを国内初公開 EV転用も可能 »

2012年5月30日 (水)

有害物質検出:千葉県水道局 野田市に汚染情報を伝えず

毎日新聞 2012年05月30日 15時00分

千葉県内で断水した5市
千葉県内で断水した5市

 埼玉県の行田浄水場(行田市)で今月17日に基準値を超える有害物質のホルムアルデヒドが検出された際、千葉県水道局が同日中に連絡ファクスを受け取っていたのに、同じ利根川水系の上花輪浄水場を管轄する同県野田市に伝えていなかったことが関係者への取材でわかった。情報がすみやかに伝われば汚染水が同浄水場に入るのを防げた可能性があり、千葉県の担当者は「反応が鈍く反省している」と話している。

 利根川・荒川水系の1都5県の水道事業者は「連絡協議会」を組織し、今回のような緊急時は相互に連絡しあうルールがある。

 千葉県の担当者などによると、17日午前10時20分ごろ、埼玉県企業局から、庄和浄水場(同県春日部市)の浄水から基準値(1リットル当たり0.08ミリグラム)の約半分に当たる同0.045ミリグラムのホルムアルデヒドを検出したとの情報が、電話とファクスで千葉県水道局に伝えられたが、野田市側には伝えていなかった。

|

« 名古屋三越栄店:従業員も鮮やかな浴衣姿 特設売り場開設 | トップページ | 日産:本社でNYタクシーを国内初公開 EV転用も可能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有害物質検出:千葉県水道局 野田市に汚染情報を伝えず:

« 名古屋三越栄店:従業員も鮮やかな浴衣姿 特設売り場開設 | トップページ | 日産:本社でNYタクシーを国内初公開 EV転用も可能 »