« カラスの貫太郎 | トップページ | セシウム:天然ナマズから基準超検出 埼玉・吉川 »

2012年5月11日 (金)

トキ放鳥:新たにひな1羽ふ化 2ペアから計6羽に

毎日新聞 2012年05月11日 18時11分(最終更新 05月11日 18時24分)

3羽目のひなが確認された巣でひなに給餌するトキの親鳥(雌)=新潟県佐渡市で2012年5月11日、新潟大学提供
3羽目のひなが確認された巣でひなに給餌するトキの親鳥(雌)=新潟県佐渡市で2012年5月11日、新潟大学提供

 環境省は11日、新潟県佐渡市で放鳥されている国の特別天然記念物のトキで、新たに1羽のひなのふ化が確認されたと発表した。これでふ化は2ペアから計6羽となった。

 このペアは雄5歳、雌3歳で、8日までにひな2羽のふ化が確認されていた。同省モニタリングチームに参加している新潟大学が11日に望遠鏡で確認したところ、3羽が親鳥から給餌されていた。同省によると、3羽に目立った体格差はなく、体長約20センチ、体重約200グラム、生後1週間前後だという。現在5ペアが抱卵している。【宮地佳那子】

関連記事

トキ放鳥の記事

|

« カラスの貫太郎 | トップページ | セシウム:天然ナマズから基準超検出 埼玉・吉川 »

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トキ放鳥:新たにひな1羽ふ化 2ペアから計6羽に:

« カラスの貫太郎 | トップページ | セシウム:天然ナマズから基準超検出 埼玉・吉川 »