« 遊歩道探索 | トップページ | 野菜作り »

2012年5月 4日 (金)

辺野古沖:「宝の海」支える緑の草原 ジュゴンも育む

毎日新聞 2012年05月04日 10時14分(最終更新 05月04日 10時54分)

普天間飛行場が移設されると埋め立てられる海中。アマモなどジュゴンのエサとなる海草が繁茂していた=沖縄県名護市辺野古沖で、三村政司撮影
普天間飛行場が移設されると埋め立てられる海中。アマモなどジュゴンのエサとなる海草が繁茂していた=沖縄県名護市辺野古沖で、三村政司撮影

 サンゴ礁が広がるエメラルドグリーンの海。干潮時には水深2メートルに満たない浅い海に太陽の光が差し込むと、砂地は白く輝きリュウキュウアマモやウミヒルモなど、緑の草原を鮮やかに映した。

 日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先にする沖縄本島北部の名護市辺野古沖の海。移設計画が実行されれば、滑走路として埋め立てられる海域だ。浮上して水面から顔を出すと、目の前にキャンプ・シュワブが見えた。

 リュウキュウアマモやウミヒルモは地元方言で「ジュゴンの草」を意味する「ザングサ」と呼ばれる。

海草の群落内にすみ着いていたトウアカクマノミ=沖縄県名護市辺野古沖で、三村政司撮影
海草の群落内にすみ着いていたトウアカクマノミ=沖縄県名護市辺野古沖で、三村政司撮影

 ジュゴンは国の天然記念物で、環境省指定の絶滅危惧種。沖縄はそのジュゴンの生息域の北限といわれ、国の調査などで辺野古沖や北側の大浦湾で生息が確認され、食(は)み跡も見つかっている。

 アマモの仲間は近年、東京や大阪、福岡など大都市の海で、水質浄化や魚たちをはぐくむ場にするために移植されている。沖縄では砂地の海底に自然に繁茂していて、多様性に富む「宝の海」を支えている。【三村政司】

関連記事

|

« 遊歩道探索 | トップページ | 野菜作り »

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古沖:「宝の海」支える緑の草原 ジュゴンも育む:

« 遊歩道探索 | トップページ | 野菜作り »