« 「約束破られた」双葉町長、中間施設会議欠席へ | トップページ | カラスの貫太郎 »

2012年5月10日 (木)

富士山直下に活断層か=巨大山崩れの可能性も―長さ30キロ、M7級・文科省

2012年5月10日(木)12時0分配信 時事通信

富士山(3776メートル)直下に長さ約30キロの活断層が存在する可能性があることが10日、文部科学省などの調査で分かった。想定マグニチュード(M)は7クラスで、地震の揺れに伴い大量の土砂や泥流が流れる「山体崩壊」の危険性がある。約2900年前に起きた同様の災害も、この断層が引き金だった可能性もある。
 文科省や東京大地震研究所が2009~11年度に行った地下構造調査で判明した。結果は静岡県にも伝えており、千葉市で20日から始まる日本地球惑星科学連合大会で発表される。 


|

« 「約束破られた」双葉町長、中間施設会議欠席へ | トップページ | カラスの貫太郎 »

気象・地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山直下に活断層か=巨大山崩れの可能性も―長さ30キロ、M7級・文科省:

« 「約束破られた」双葉町長、中間施設会議欠席へ | トップページ | カラスの貫太郎 »