« なぜ「すそ米」ばかり売れる?銘柄米は在庫の山 | トップページ | コメに不安 »

2012年5月 6日 (日)

海で異変か…深海魚やクジラ類?続々漂着

5日午前10時頃、島根県隠岐の島町東部の黒島埼灯台付近の海岸で、全長約2・6メートルのクジラらしき生物の死骸が打ち上げられているのが見つかった。

201205065921771n

海岸に打ち上げられたクジラらしき生物の死骸(島根県隠岐の島町で)

 海洋生物の調査をしていた環境省自然公園指導員、野津大さん(67)(隠岐の島町卯敷)が発見。死後数日がたっているとみられる。野津さんが隠岐諸島でクジラらしき生物の漂着を見たのは初めて。県立しまね海洋館「アクアス」(同県浜田市)に問い合わせたところ、鯨類のハナゴンドウらしいという。

 同町では今年2月14日、東側にある卯敷の海岸で、深海魚のサケガシラ1匹が漂着、同22日頃には西側にある都万の塩の浜などで、深海魚のキュウリエソが約1キロにわたって打ち上げられているのが見つかった。

 野津さんは「深海で異変が起こり、海の生物たちが住みにくい環境になっているのでは」と話している。(彦根進一、佐藤祐理)

(2012年5月6日10時47分 読売新聞)

|

« なぜ「すそ米」ばかり売れる?銘柄米は在庫の山 | トップページ | コメに不安 »

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海で異変か…深海魚やクジラ類?続々漂着:

« なぜ「すそ米」ばかり売れる?銘柄米は在庫の山 | トップページ | コメに不安 »