« 社保修正、民・自が大筋合意…年金・医療棚上げ | トップページ | 橋下新党解体を府知事が示唆 »

2012年6月15日 (金)

巡査部長、飲酒運転の疑い…勘違いして出勤

岡山県警は15日、岡山東署地域課巡査部長の木村一男容疑者(59)(岡山市東区城東台南)が酒を飲んで乗用車を運転したとして道交法違反(酒酔い運転)容疑で逮捕した。

 発表によると、木村容疑者は14日午後3時35分頃、同市東区の同署近くの市道で、酒を飲み正常な運転ができないおそれがある状態で乗用車を運転した疑い。

 通行人の男性から、同署から北約2・5キロの同区福治の県道で「故障して止まった車がある」と同署に通報があり、駆け付けた署員が車の運転席で放心状態で座っている木村容疑者を見つけた。酒のにおいがしたため、同署でアルコール検知を行ったところ、呼気1リットル中0・8ミリ・グラムのアルコール分が検出された。

 同署によると、木村容疑者は14日は非番で、「自宅で焼酎をロックで2杯程度飲んだ。昼寝をして起きた時、翌朝と勘違いして同署に出勤した」と話しており、同署から自宅に戻る際、車がエンストしたという。

(2012年6月15日02時17分 読売新聞)

|

« 社保修正、民・自が大筋合意…年金・医療棚上げ | トップページ | 橋下新党解体を府知事が示唆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡査部長、飲酒運転の疑い…勘違いして出勤:

« 社保修正、民・自が大筋合意…年金・医療棚上げ | トップページ | 橋下新党解体を府知事が示唆 »