« ヒマワリ:黄金色に輝く“じゅうたん” 宮崎・都城で咲き始める | トップページ | オウム:菊地容疑者 偽名を使って介護施設で働く »

2012年6月 4日 (月)

内閣改造:防衛相に森本敏・拓殖大大学院教授を起用

毎日新聞 2012年06月04日 11時43分(最終更新 06月04日 13時49分)

森本敏・拓殖大大学院教授=内林克行撮影
森本敏・拓殖大大学院教授=内林克行撮影

 野田佳彦首相は4日、内閣改造を行い、参院で問責決議を受けた前田武志国土交通相と田中直紀防衛相を含む5閣僚を交代させる。防衛相の後任には、民間から初めて森本敏拓殖大大学院教授(71)を起用した。首相は同日午後、首相官邸で記者会見し、消費増税法案成立へ向けた布陣の強化として閣僚名簿を自ら発表した。皇居での新閣僚の認証式を経て、野田再改造内閣が発足する。

 防衛相に民間人が起用されるのは、防衛庁長官時代を含めて初めて。森本氏は自衛官出身で、外務省職員の経験があるものの、国会議員ではない。自民党政権時代、在日米軍再編など安全保障政策のアドバイザー役を務め、09年には防衛省で続いた一連の不祥事を受けて新設された防衛相補佐官に就任したが、政権交代により1カ月で退任した。

 昨年9月に発足した野田内閣では、防衛相に起用された一川保夫、田中直紀両氏が続けて「安全保障の素人」と批判された経緯があり、安全保障政策に詳しい森本氏の起用となった。国の安全保障を担う枢要なポストに、国民の選挙で選ばれていない民間人を起用することには早速、野党などから批判の声が上がっている。

改造ではこのほか、国会で携帯電話の競馬サイトを見ていて批判された小川敏夫法相の後任に滝実副法相(73)を昇格させる。書類送検された在日中国大使館1等書記官との関係が指摘される鹿野道彦農相も交代させ、郡司彰元副農相(62)を起用。国交相には羽田雄一郎参院国対委員長(44)が決まり、国民新党の希望で、自見庄三郎代表が務めている金融・郵政担当相には、同党の松下忠洋副復興相(73)を起用した。民主党執行部は、羽田氏を除き続投する。

 内閣改造に伴う副大臣人事も決まった。鹿野農相とともに1等書記官問題への関係が指摘されていた筒井信隆副農相も交代させ、後任に佐々木隆博元農水政務官を起用。滝副法相の後任には谷博之法務政務官、松下副復興相の後任には吉田泉復興政務官兼財務政務官をそれぞれ昇格させる。そのほかの副大臣は留任する。

 首相は4日午前、自見氏と与党党首会談を行い、内閣改造の方針を確認した。

 森本氏は4日午後、東京都内の個人事務所前で記者団に「大変な重責で、身が引き締まる思いだ」と述べた。【小山由宇、高橋恵子】

|

« ヒマワリ:黄金色に輝く“じゅうたん” 宮崎・都城で咲き始める | トップページ | オウム:菊地容疑者 偽名を使って介護施設で働く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内閣改造:防衛相に森本敏・拓殖大大学院教授を起用:

« ヒマワリ:黄金色に輝く“じゅうたん” 宮崎・都城で咲き始める | トップページ | オウム:菊地容疑者 偽名を使って介護施設で働く »