« 造反の原口氏、衆院総務委員長を辞任の意向 | トップページ | 代行待ち中に体調が悪く…コンビニへ飲酒運転 »

2012年6月28日 (木)

子宮頸がんワクチン接種後に失神、567件報告

子宮頸がんの予防ワクチン接種後、失神した例が、過去2年余りの間に国内で567件報告されていることが27日、厚生労働省のまとめで分かった。

 注射に伴う痛みや恐怖心が原因とみられる。同省は失神によってけがする場合もあるとして、接種後30分間はなるべく立ち上がらないなど注意を呼びかけている。

 子宮頸がん予防ワクチンの接種は、中1から高1の女子を対象に2009年12月から始まった。今年3月までに、推定284万人(計約686万回分)が接種し、「気が遠くなる」など症状がでたのが812件。うち約7割が失神だった。

 同省は、症状は注射の痛みや恐怖で、神経が防御反応を起こす「迷走神経反射」で、ワクチンそのものとは無関係とみている。

(2012年6月27日20時35分 読売新聞)

|

« 造反の原口氏、衆院総務委員長を辞任の意向 | トップページ | 代行待ち中に体調が悪く…コンビニへ飲酒運転 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宮頸がんワクチン接種後に失神、567件報告:

« 造反の原口氏、衆院総務委員長を辞任の意向 | トップページ | 代行待ち中に体調が悪く…コンビニへ飲酒運転 »