« ワゴン車暴走:6人重軽傷 容疑者の関係先から注射器 | トップページ | Firefox:Androidに最適化 26日公開 »

2012年6月27日 (水)

消費増税法案:愛知知事と名古屋市長、造反議員を評価

毎日新聞 2012年06月27日 01時57分

 愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村たかし市長は26日、記者団に対し、消費増税を改めて批判し、法案採決で造反した民主党議員を高く評価した。河村市長は「国民から見れば、既存政党は何をやっとるんだという話だ」と述べ、大阪市の橋下徹市長や東京都の石原慎太郎知事との連携に意欲を示した。

 大村知事は「国会の定数削減や霞が関のリストラなど本当の行革をやらずに消費税だけを上げることに違和感がある」と強調。造反議員について「信念を貫いた結果で勇気に共感する」と述べた。

 河村市長は「残酷な政治だ。震災で苦しんでいる人がいる時に増税とはどういう心理か」と政権を批判し、「増税に反対する人は応援したい」と造反議員にエールを送った。さらに「そろそろ違う基軸で、新しい勢力が出てこないといかん。橋下さんも石原さんも立ち上がってもらわなければ」と「第三極」結集を目指す考えを示した。

 一方、小沢一郎元代表の新党結成の動きに関しては、大村知事は「注視したい」、河村市長も「連携どうのこうのは(今後の動向を)見させてほしい」と述べるにとどめた。【高木香奈、駒木智一】

|

« ワゴン車暴走:6人重軽傷 容疑者の関係先から注射器 | トップページ | Firefox:Androidに最適化 26日公開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費増税法案:愛知知事と名古屋市長、造反議員を評価:

« ワゴン車暴走:6人重軽傷 容疑者の関係先から注射器 | トップページ | Firefox:Androidに最適化 26日公開 »