« ソニー、世界最大の音楽著作権保有会社に | トップページ | 裁判長が被告に罪を相談?輿石・小沢会談を批判 »

2012年6月30日 (土)

首相、週明けに造反処分案…分党も「のまない」

野田首相は30日、都内のホテルで開かれた読売国際経済懇話会(YIES)で講演し、社会保障・税一体改革関連法案の衆院本会議採決で造反した民主党議員の処分について、「党のルールにのっとって厳正に対処することが基本的な方針だ。来週早々にもその役員会を開き、私も出席して方向性を出す」と述べ、7月2日の党役員会に処分案を示す考えを表明した。

 民主、自民、公明3党による関連法案の修正合意を見直す可能性については、「公党間の合意を踏まえて対応したことを変えることができるはずもない。ありえない」と強く否定した。

 また、小沢一郎元代表が自らのグループを率いて会派離脱や集団離党の構えを見せていることに関連し、「分党なんてありえない。同じ党で別の会派もありえない。そういう提案も(小沢氏側から)来ていないし、(提案が来ても)のむはずもない」と断言した。

(2012年6月30日14時49分 読売新聞)

|

« ソニー、世界最大の音楽著作権保有会社に | トップページ | 裁判長が被告に罪を相談?輿石・小沢会談を批判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相、週明けに造反処分案…分党も「のまない」:

« ソニー、世界最大の音楽著作権保有会社に | トップページ | 裁判長が被告に罪を相談?輿石・小沢会談を批判 »