« 野村、漏えい恒常的…CEO報酬を半年間5割減 | トップページ | 日本書紀や万葉集に登場…「磐余池」は実在 »

2012年6月30日 (土)

「好ましからざる人物」と通告、大使の解任決定

政府は29日の閣議で、シリア政府が鈴木敏郎シリア大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と通告したことを受け、大使を解任し帰国させることを決定した。

 解任は29日付。鈴木氏は27日に退避先のヨルダンから帰国した。シリアで反体制派に対する弾圧が続いていることについて、日本政府は関係国とともに抗議している。ペルソナ・ノン・グラータの通告を受けた場合、派遣国は外交官を召還するか、任務を解かなければならない。

(2012年6月30日00時02分 読売新聞)

|

« 野村、漏えい恒常的…CEO報酬を半年間5割減 | トップページ | 日本書紀や万葉集に登場…「磐余池」は実在 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「好ましからざる人物」と通告、大使の解任決定:

« 野村、漏えい恒常的…CEO報酬を半年間5割減 | トップページ | 日本書紀や万葉集に登場…「磐余池」は実在 »